この記事の所要時間: 13

 

松木です。

 

βチタニウムネジを買いました。

 

ロードバイクのステムネジに取り付けします。

 

スポンサーリンク

「βチタニウムネジ」の性質

ベータチタニウム ネジ

素材はチタンに、アルミニウムとバナジウムをブレンドした「Ti-6Al-4V」。

 

これは、たいがいのチタンパーツがそうらしいんですが、
その中でも、基準をクリアした、不純物の少ないTAB6400というもの。

 

おそらく、鮭でいう鮭児みたいなもんです。

 

TAB6400チタンは、
重量は通常のステンの半分という特長のままに、

 

”焼き付き”、”破断性”といったチタンのデメリットが一切なく、
さらに剛性もアップするという理想の素材です。

 

ベータチタニウム/マテリアルインフォメーション
チタン合金ボルト・ナットの製造メーカーです。ハステロイ・インコネル・モネル・カーペンターなどニッケル合金の加工も承ります。

「βチタニウムネジ」の重量

ベータチタニウム 重量

ステム用、15mmのネジで、1本あたりおよそ1.7g
通常のネジは3.5gでしたから、ちょうど半分ぐらいです。

 

予想以上の軽量化ができました(^^♪

 

スポンサーリンク

「βチタニウムネジ」のワッシャーについて

ベータチタニウム ワッシャー

ステム用のワッシャー。

 

ワッシャーってその役割から、ねじの頭より広いのが一般的。
なので、ねじの頭と同じ外径のワッシャーってかなり特殊なようです。

 

ちなみに、βチタニウムに特注できますが、1個1,200円ぐらいします(^^;

 

運よくヤフオクで見つけて、そちらから購入しました。
1個300円でした。

 

まあ、ワッシャーがなくても
ねじの精度が良いから、特に問題はないそうなんですが、

 

ネジを受ける側の材料保護という意味でも、
やっぱりワッシャーを入れておきたいですよね。

「βチタニウムネジ」のインプレッション

ベータチタニウム

さて、βチタニウムの効果ですが、
「なんとなぁ~~~~~くカッチリしてるかな???」
ってぐらいです。

 

むしろ、分かったほうが凄いでしょwww
それでも、
軽量化と性能アップの二律背反を成し遂げられる
βチタニウムネジ化は、
メリットしかありませんね。

 

金銭的にはかなり痛いパーツですけど、
満足できるカスタムで、結構オススメします。

 

マニアックな方はぜひどうぞ(^^)

 

スポンサーリンク