この記事の所要時間: 26

 

松木です。

 

サイクルモードライド大阪

『CYCLE MODE RIDE OSAKA 2017』に行ってきました。

 

行こうか迷いましたが、家から自転車で15分ですし(^^;

 

色々とネタを仕入れてきて、
マジですごい車体なんかにも乗れてしまいましたが、
今回は導入編です。

 

関連記事↓

『WH-R9100-C40-TU』インプレ。万能神たるシマノホイール【サイクルモードライド大阪2017】

25万で695gの超軽量フレーム。2017年モデル『FUJI SL ELITE』の乗車インプレ。

 

スポンサーリンク

サイクルモード大阪の歴史

サイクルモードが、大阪で初めて開催されたのが2012年。
「サイクルモードフェスタ大阪」という名前で、南港のATCホールで行われました。

 

続く2013年も開催されましたが、
2014年は中止、2015年も開かれませんでした。

 

そして、去年の2016年、サイクルモード大阪が帰ってきます。

 

場所は万博記念公園に変わり、広い敷地を活かして
以前より「試乗」に力を入れたものになっています。

 

サイクルモードライド大阪 万博記念公園
(※地図をクリックすると拡大します)

名前も「サイクルモードライド大阪」に変わりました。

サイクルモードライド大阪の概要

サイクルモードライド大阪 入口

入口は、なかなか分かりづらかったです。

 

外周道路からすんなり入れるわけではなく、
ちょっと上に上がった陸橋から万博に入ります。

2017 サイクルモードライド大阪 特設駐輪場

園内に入る前に、
「特設駐輪場」で自転車を預けますが、
なかなか厳重なチェックが敷かれています。

 

プラス鍵をかけておけば、
まず盗まれる心配はないでしょうね。

 

2017 サイクルモードライド大阪 エキスポ

万博東口からの写真。

 

左手前は、同時開催の「アウトドアフェス」と「サイクル∞キッチン」で、
サイクルモード大阪は、正面の白いテント奥の辺り一帯のエリアです。

 

2017 サイクルモードライド大阪 出展ブース
(※クリックすると拡大します)

出展ブースもなかなか多くて良いですね。

 

各ブースでは、最新機材を含めた色んなアイテムを見れますし、
中には、その場で買えたりするブースもありました。

 

それから「試乗」。

 

100万はくだらないような車体が乗り放題です(^^)

 

スポンサーリンク

試乗について

2017 サイクルモードライド大阪 試乗コース①

万博の外側に位置する
長い舗装路2.3kmが試乗コースです。

 

2017 サイクルモードライド大阪 試乗コース②

この右半分(1km弱)の幅は2~2.5mでかなり狭く、
試乗コースとしては完全に死んでいます。

 

他の人とぶつからないように、ゆっくり進むだけ。

 

2017 サイクルモードライド大阪 試乗コース③

この左半分(1km強)は、道幅が3.5mほどに広がって
しっかり試乗を楽しむことができます。

 

2017 サイクルモードライド大阪 試乗コース④

しかも、4%ぐらいのアップダウンになっているのが良い!!

 

下りでは45km/hぐらい出せますから、
「高速時の挙動」を確かめられます。

 

そして、アップへの変化するところでは、
惰性、つまり「巡航性」もだいたい分かりますし、

 

そこからの登り区間では、
「登坂力」「ダンシング性能」「”かかり”の良さ」なんかといった
車体の底力に関わる性能も、十分体感できるコースプロフィールです。

 

さすがに「サイクルモードライド」と言うだけあって
ちゃんとライドを楽しめますね(^^♪

 

 

とは言え、混み混みの時間に試乗してしまうと、
めちゃくちゃ待たされた挙句、まともに走ることもできません。

 

ですから、試乗の狙い目は会場直後か、
試乗の受付終了(16時半まで)の直前3時間以内がベストです。

サイクルモードライド大阪を満喫する方法

2017 サイクルモードライド大阪 まとめ

規模はサイクルモード東京ほどではないにしても、
主要メーカーは、おおよそ出展していますし、
アンカー、ジャイアント、トレック、キャノンデールなどは
むしろ大阪のほうしか参加していません。

 

敷地も広すぎなくて、見やすいですし、
逆に、試乗コースはしっかり確保できますから、
比較的ちゃんとした「試乗」が楽しめます。

 

東京、大阪、両方のサイクルモードを参加した感想として、
密度が濃い分、サイクルモード大阪のほうが満足度は高かったです。

 

 

「サイクルモードライド大阪」を一日で楽しみ尽くすなら、
まず、朝一の混む前に、超人気車種を3台ぐらい試乗してから、
各ブースへGO。

 

ステージで行われているイベントなどを楽しみながら、
気になるアイテムをチェックしたり、体感したり、質問したり。

 

昼頃になったら、隣で行われている「サイクル∞キッチン」で
美味しいグルメに舌鼓を打ちながら、一旦休憩。

 

その後、残りのブースで色んなものに触れながら、
来場者が帰り出し、少し落ち着いてきたタイミングを見計らって、
再び試乗を開始して、気になる車体を乗り尽くし、さらに乗り倒す。

 

というのがベストでしょうね。

 

 

これだけ体験できるイベントが900円とか‥‥‥破格すぎる!

 

スポンサーリンク