この記事の所要時間: 29

 

松木です。

 

新型Aeolusインプレ。20万のフルカーボンクリンチャー『Pro 3 TLR』ホイール。

ボントレガーより新しいアイオロスホイールが発表されました。

 

『Pro 3 TLR』 『Comp 5』

 

その特徴を見ていきます。

 

スポンサーリンク

Aeolus『Pro 3 TLR』

特徴

2018新型Aeolus『Pro 3 TLR』インプレ。20万のフルカーボンクリンチャーホイール。

【税込価格】フロント¥90,720、リア¥108,000(前後¥198,720)
【使用】チューブレス対応クリンチャー(TLR)

【重量】フロント656g、リア850g(前後1,506g)
【リムハイト】35mm(外幅27mm、内幅19.5mm)
【リム素材】OCLV Pro Carbon製
【ハブ】RLハブ(3爪ハブ、24ラチェット)
【発売時期】7月下旬

 

「アイオロスPro 3」は、「アイオロス3TLR D3」の廉価モデルという位置づけです。

リム

2018新型Aeolus『Pro 3 TLR』インプレ。20万のフルカーボンクリンチャーホイール。 リム新型Aeolusインプレ。20万のフルカーボンクリンチャー『Pro 3 TLR』ホイール。

カラーは、黒に近いグレーで、
艶とマットの中間ぐらい質感ですね。

 

「アイオロス3TLR D3」と同じD3デザイン。

D3は、Dual-Directional-Designの略で、
「正面だけでなく、斜めからの風にも強いリム形状」という意味です。

 

リムハイト35mm、リム外幅27mm、リム内幅19.5mmというのも同じ。

 

 

ただ、リム素材が違います。

 

「アイオロス3TLR D3」がOCLVカーボンなのに対して、
「アイオロスPro 3」はOCLV Proカーボン。

 

OCLVの下位グレードに当たるカーボンを使うことで
コストを抑えています。

 

ブレーキ面にカーボン模様が浮き出ているのも異なりますね。

 

※補足:OCLVカーボンについて

OCLVはOptimum-Compaction-Low-Voidの略で、
日本語に訳すと「超高密度圧縮低空隙」

軍事用にも使われるOCLVカーボンは、
特許を取った製法で作ることで、
航空宇宙産業のカーボンをも凌ぐ空隙率1%未満を実現。

ハブ

2018新型Aeolus『Pro 3 TLR』インプレ。20万のフルカーボンクリンチャーホイール。 フロントハブ 2018新型Aeolus『Pro 3 TLR』インプレ。20万のフルカーボンクリンチャーホイール。 リアハブ

ハブは、ボントレガーの「RLハブ」。

ボントレガーのミドルグレードホイールによく使われるハブです。

 

スターラチェット DT SWISS スターラチェット DT SWISS

「アイオロス3TLR D3」のDT Swissハブは
数多くのあるギザギザが噛み合う「スターラチェット構造」

 

対する「RLハブ」は、一般的な3爪タイプですから、
DTハブよりも”駆動剛性”の面でやや劣ります。

「Aeolus 3 TLR D3」との比較

Aeolus Pro 3 TLR Aeolus 3 TLR D3
税込価格 ¥198,720 ¥368,000
価格差 -¥169,280 0
重量 1,506g 1,348g
重量差 +158g 0
リム素材 OCLV Pro OCLV
ハブ RLハブ DT swiss 240s
リアの組み方 左右タンジェント ドライブ側:タンジェント
反ドライブ側:ラジアル

 

両者の重量差は、ハブによるところが大きいです。

 

リム形状は変わりませんし、RLハブも悪くないハブですから、
「Pro 3」は、価格差以上に「アイオロス 3 TLR D3」に近い性能があると思います。

 

スポンサーリンク

Aeolus『Comp 5』

特徴

Aeolus『Comp 5』 ホイール Aeolus『Comp 5』 ホイール

【税込価格】フロント¥ 48,600、リア¥ 70,200(前後¥118,800)
【使用】チューブレス対応クリンチャー(TLR)
【重量】フロント775g、リア1085g(前後1,860g)
【リムハイト】50mm(外幅23mm、内幅17.5mm)
【リム素材】アルカーボン(アルミリム+カーボンフード)
【ハブ】BONTRAGERのエントリーグレードハブ
【発売時期】発売中

 

「Comp 5」は「AURA 5 TLR」の後継モデルですが、
リムはそのままに、ハブとスポークのグレードを下げて価格を抑えています。

リム

Aeolus『Comp 5』 ホイール リム重量

「AURA 5」と同じリムで、アルミリム+カーボンフードという構成。

 

リム外幅は23mmとなっていて、
今のワイドリムの流れを考えると、やや狭い気がします。

 

内蔵ニップル構造を採用するリムの重さは540gと、なかなかにヘビーです。

ハブ

Aeolus『Comp 5』 ホイール フロントハブAeolus『Comp 5』 ホイール リアハブ

ハブは、ボントレガー「RACE」ホイールなんかにも
使われているエントリーグレードハブ

 

至って普通のハブといった印象。

 

AURA 5 ハブ

前作「AURA 5」には「RLハブ」が使用されていました。

「AURA 5」との比較

Comp 5 AURA 5
税込価格 ¥118,800 ¥175,000
価格差 -¥56,200 0
重量 1,860g 1,720g
重量差 +140g 0
リム 変わらず アルカーボン
ハブ エントリーハブ RLハブ
リアの組み方 左右タンジェント 左右タンジェント

 

「Pro 3」の場合と同様、価格差の割に性能差が近いです。

 

「なるべく安いアルミディープリム」という条件なら、
このアイオロス「Comp 5」という選択はアリでしょう。

 

Wiggleで『BORA ONE』が40%オフ(画像クリック)

 

スポンサーリンク