この記事の所要時間: 450

 

松木です。

 

【最新機材】2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達④

ツアー・ダウンアンダー最終第6ステージ。

決戦の地「ウィランガヒル」(距離3km/勾配7.5%)を最速で駆け上がった
リッチー・ポート(トレック・セガフレード)が6年連続で制覇しました。

 

こちらは去年、ポートが同ステージを優勝した際のパワー付き走行動画です。

ラスト3分の平均は500w前後
彼の体重が62kgであることを考慮すると8w/kgぐらいかと…………人間か!?
(今年のウィランガヒルは、7分2秒、去年比-6秒だったそう)

 

 

閑話休題、残り5チームのマシンをピックアップしていきましょう!

 

【関連記事】

【最新機材】2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達①
 松木です。 15日から男子エリートが始まった「サントス・ツアー・ダウンアンダー」 2019年のシーズンインを告げる6ステージレースであると同時に、各チ...

 

【最新機材】2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達②
 松木です。 ツアー・ダウンアンダー第二ステージは、パトリック・ベヴィン(CCCチーム)がステージ優勝。 前回同様、各チームのバイクをピックアップし...

 

【最新機材】2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達③
松木です。 ツアー・ダウンアンダー第三ステージを射止めたダリル・インピー(ミッチェルトン・スコット) 今回は、彼の愛機『Foil RC』を含めた4チームの機...

 

スポンサーリンク

ドゥクーニンク・クイックステップ×Specialized『S-Works Venge』

ドゥクーニンク・クイックステップ×Specialized『S-Works Venge』 【最新機材】2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達④

ドゥクーニンク・クイックステップ×Specialized『S-Works Venge』 【最新機材】2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達④

ドゥクーニンク・クイックステップ×Specialized『S-Works Venge』 【最新機材】2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達④

フレーム:Specialized『S-works Venge』
コンポ:Shimano『Dura-Ace R9170』
ローターF160mm/R140mm、歯数F53-39T/R11-28T、クランク長172.5mm
ハンドル&ステム:Specialized『Aerofly Ⅱ』C-C40cm &『S-Works Venge Stem』120mm
バーテープ:Supacuz
ホイール:Roval『CLX 50 Disc』(ステージにより『CLX 50』と使い分ける)
タイヤ:Specialized『S-Works Turbo Allround 2』26cチューブラー
ペダル:Shimano『PD-R9100
サドル:Specialized『Toupe』(選手の好みによりモデルは異なる)
ボトルケージ:Tacx『Ciro』
サイコン:Bryton『Aero 60』
パワーメーター:ShimanoFC-R9100-P
車体重量:7.13kg(ヴィヴィアーニ177cm)

 

ボーラ・ハンスグローエと”かぶり”のSpecialized。

パーツ構成までほぼほぼ一緒となっていますが、
サイコンパワーメーターの部分は異なってますね。

 

ドゥクーニンク・クイックステップ×Specialized『S-Works Venge』 【最新機材】2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達④

コースにより『S-Works Tarmac』(6.9kg)と乗り分けます。

 

ドゥクーニンク・クイックステップ×Specialized『S-Works Venge』 【最新機材】2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達④

『S-Works Tarmac』の方のステムはPRO『Vibe』

市販品と違って1mm刻みのワンオフ製品を供給したりしますが、
ヴィヴィアーニは、そこまでこだわりが強くないようで120mm。

 

トップチューブにペイントされている狼の顔は、
チームのスローガン「THE WOLF PACK, NEVER GIVES UP」を表現しているロゴ。

狼のような「個々の力強さ」「チームワーク」「気高さ」を象徴しています。

 

BBやヘッドチューブには、Ceramic Speedベアリングを挿入。

チームスカイ×Pinarello『Dogma F10』

チームスカイ×Specialized『S-Works Venge』 【最新機材】2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達④

チームスカイ×Specialized『S-Works Venge』 【最新機材】2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達④

フレーム:Pinarello『Dogma F10
コンポ:Shimano『Dura-Ace R9150』
ハンドル&ステム:Most『TALON Aero Compact 1K』
バーテープ:Most
ホイール:Shimano『WH-R9100-C40-TU』
タイヤ:Continental「Competition Pro LTD」25cチューブラー
ペダル:Shimano『PD-R9100』
サドル:fi’zi:k『Arione』カーボンレール(選手により『Antares』も)
ボトルケージ:Elite『Vico Carbon』
パワーメーター:Shimano『FC-R9100-P』

 

フレーム、ホイール、パーツ。

質実剛健なアッセンブルで、限りなくパーフェクトに思えます。

 

チームスカイ×Specialized『S-Works Venge』 【最新機材】2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達④

スカイが使うパワーメーターと言えばStages

それが今年からShimanoへとスイッチしております。

 

2019年シーズン、プロチームの間で
Shimano製パワーメーターが一気に浸透。

 

チームスカイ×Specialized『S-Works Venge』 【最新機材】2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達④

マニアックさが垣間見れる、各チームのゼッケンホルダー

シートポストウェッジに一体化させているこちらは、その究極型。

 

チームスカイ×Specialized『S-Works Venge』 【最新機材】2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達④

ボトルケージはELITE『Vico Carbon』です。

 

  1. カーボン素材で、実測23gと軽量
  2. 左右の貼り出しで「ホールド力」は抜群
  3. 見た目が良く、カラーも豊富(全10色)

 

その上、カーボンなのに3000円と格安という。。。

 

チームサンウェブ×Cervelo『S5』

チームサンウェブ×Cervelo『S5』  【最新機材】2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達④

チームサンウェブ×Cervelo『S5』  【最新機材】2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達④

フレーム:Cervelo『S5』(『R5』と使い分ける)
コンポ:Shimano『Dura-Ace R9170』
ハンドル&ステム:Cervelo『S5』専用ハンドル
バーテープ:PRO『Sports Control Team PRO』
ホイール:Shimano『WH-R9170-C60-TU』(山岳ステージは『C40』)
タイヤ:Continental「Competition Pro LTD」25cチューブラー
ペダル:Shimano『PD-R9100』
サドル:PRO(選手により『Griffon』『Stealth』だったり)
ボトルケージ:Elite『Custom Race Plus』
サイコン:SIGMA『Rox 12.0』
パワーメーター:Shimano『FC-R9100-P』

 

サイズ大(ボル183cm)、ディスクブレーキ、ディープリム。

重くなる条件が揃っている結果、この車体重量はなんと8.0kg

ワールドクラスのチームの車体で8kgを越えるのは珍しい……

 

チームサンウェブ×Cervelo『S5』  【最新機材】2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達④

サンウェブ×GIANT。Cervelo×ENVEホイール。

そのイメージが強いため、この車体にはどこか違和感を覚えますね(^^;

 

チームサンウェブ×Cervelo『S5』  【最新機材】2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達④

サイコンはSIGMA製

 

先程のクイックステップのBRYTON(ブライトン)と言い、
プロチームは少々変わったサイコンを使っていたりするものの、

自分たち一般ユーザーが選ぶならば、間違いなく
完成度が頭一つ抜きん出ているGarminPioneerの二択でしょう。

トレック・セガフレード×TREK『Madone SLR』

トレック・セガフレード×TREK『Madone SLR』

フレーム:TREKMadone SLR』(ポートだけ『Emonda SLR』)
コンポ:Sram eTap 12速無線『Road AXS』
ハンドル&ステム:一体型Bontrager『XXX Integrated Road Handlebar/Stem』
バーテープ:Bontrager
ホイール:Bontrager『Aeolus XXX 6』(4や2と使い分ける)
タイヤ:Vittoria『Corsa』25cチューブラー
ペダル:Shimano『PD-R9100』
サドル:Bontrager(選手によりモデルを使い分ける)
ボトルケージ:Bontrager『Bat Cage』or『XXX』
パワーメーター:Quarq(クオーク)

 

TREKのパーツ部門Bontragerで固められています。

ただ、タイヤのみ性能重視で、Bontragerを避けてVittoria『Corsa』

 

トレック・セガフレード×TREK『Madone SLR』 【最新機材】2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達④

トレック・セガフレード×TREK『Madone SLR』 【最新機材】2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達④

トレック・セガフレード×TREK『Madone SLR』 【最新機材】2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達④

ウィランガヒル終盤にアタックしたポートの車体は『EMONDA SLR』

ホイールは、クライマー御用達『XXX 2』(28mmハイト、公表1150g)で。

 

この組み合わせだと、いとも簡単に6.8kgを下回ってしまいますが、

eTAP、パワメ、エアロハンドル、金属レールサドルなど、
重めのパーツを装着し、上手く重量調整しているのだと考えられます。

UAEチーム・エミレーツ×Colnago『V2R』

UAEチーム・エミレーツ×Colnago『V2R』 【最新機材】2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達④

UAEチーム・エミレーツ×Colnago『V2R』 【最新機材】2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達④

UAEチーム・エミレーツ×Colnago『V2R』 【最新機材】2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達④

フレーム:Colnago『V2R
コンポ:Campagnolo『Super Record EPS 12s』
ハンドル&ステム:Deda『Alanera(アラネラ)』
ホイール:Campagnolo『Bora Ultra 50』(35と使い分ける)
タイヤ:Vittoria『Corsa』25cチューブラー
ペダル:LOOK『Keo Blade Carbon』
サドル:Prologo
ボトルケージ:Elite『Vico Carbon』
サイコン:選手の好みによりStagesとGarmin
パワーメーター:Stages

 

UAEチーム・エミレーツ×Colnago『V2R』 【最新機材】2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達④

『C64』や『Concept』より『V2R』を選ぶ選手が多いのだそう。

セミエアロで軽量なColnago『V2R』は、
どんなシチュエーションにも対応しやすくて好まれているんでしょう。

 

 

以上、18チームのバイク取り上げてきましたが、最後に簡単な統計を。

 

スポンサーリンク

18チームが使用する各パーツの統計

ブレーキタイプ部門

2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達 リム ディスク ブレーキ

ディスクブレーキ8チーム、リムブレーキ10チーム

まだリムブレーキが多数派の状況ではありますが、
ディスク一色となる日もそう遠くはなさそうです。。。

コンポーネント部門

2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達 コンポーネント

1位.  Shimano『Dura-Ace Di2 11s』12チーム
2位. Campagnolo『Super Record EPS』4チーム(3チーム12速、1チーム11速)
3位. Sram eTap『Road AXS 12s』2チーム

 

CampaとSramがほぼ同時に12速化

 

Dura-Aceは、2012年夏に9000系、2016年夏にR9100系を発表。

入れ替わりは「4年周期」だと仮定できるので、
Dura-Aceの12速化は、東京オリンピック開幕頃だと予想しています。

ホイール部門

2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達 ホイール

1位.  Shimano 5チーム
2位. Campagnolo 3チーム
3位. Roval 2チーム
4位. Fulcrum/Mavic/Zipp/Enve/Bontrager/Vision/Corima/GIANT 各1チームずつ

 

ホイールがCampagnoloであるならば、
コンポも必ずCampagnoloで組まれています。

タイヤ部門

2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達 タイヤ
photo:Makoto.AYANO

1位.  Vittoria 7チーム
2位. Continental 6チーム

2位. Specialized 2チーム
3位. Pirelli/Veredestein/Wolfpack 各1チームずつ

 

タイヤ部門はVittoriaとContinental。不動の二強。

 

『Competition Pro LTD』(ラテックスチューブ)は手に入らないため、
チューブラーなら、必然的にVittoria『Corsa』がベストだと思いますね(^^)

「転がり抵抗」だけでは語れない、トータル性能の高さが光ります。

パワーメーター部門

2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達 パワーメーター

1位.  Shimano 7チーム
2位. Power2Max 3チーム
3位. Quarq/SRM/2inPower 各2チームずつ
4位. Stages/4iiii 各1チームずつ

 

盛者必衰の理かな………一昔前まで席巻していたSRMは僅か2チームに。

そして、Pioneerは0。

 

対してShimanoのパワーメーターが台頭。

供給量の問題か、2018年シーズンはそこまで数多くない印象でしたが、
2019年シーズンよりShimanoに乗り換えたチームも見受けられました。

 

スポンサーリンク