この記事の所要時間: 424

 

松木です。

 

2021超絶コスパGUSTO(グスト)に新たな虎”Ranger”が加わる

2020年7月未明「GUSTO本社に獰猛な二匹のトラが出没した」との情報が入りました。

 

【関連記事】
『GIANT、MERIDAを凌ぐ超絶コスパGUSTO』
『新たな虎の襲来!GUSTO RCR Team Limited DISC』

スポンサーリンク

技術力と実力を兼ね備えたGUSTO

コスパバグのGUSTO(グスト)に猛虎”Ranger”出現【2021年モデル】

 

”高性能フレーム+アルテグラ+カーボンホイールで20万台”

 

世界一のコスパ完成車をつくるアタッキ社のGUSTO(グスト)。

安くて高性能なものを作るために開発費を一点集中。

 

「フラグシップ以外は要らない」という理念の基、
ハイエンド~エントリーに関わらず、
同じカーボン素材(東レT1000&800)、同じ形状のフレームを使用。

異なるのはコンポ(アルテか105か)とホイールだけ。

 

ただ「安かろう悪かろうじゃないの?」と思うなかれ。

アタッキ社は、多くのバイクブランドに自転車フレームを
OEM供給(相手先ブランド名製造)してきた実績があります。

 

自社ブランドとして始めたGUSTOにも、
そのノウハウは確実に受け継がれている上に、

 

2021超絶コスパGUSTO(グスト)に新たな虎”Ranger”が加わる 左右非対称設計

必要な性能を引き出すための「左右非対称設計」

 


INNEGRA

世界一のテニスプレイヤー、ジョコビッチのラケットにもかつて使用されていた
「世界最軽量クラスの軽さ」「剛性」「振動減衰性」を併せ持つ高機能ファイバー

 

「INNEGRA(インネグラ)」

 

それを東レカーボン「T1000」「T800」と複合する技術を用いてフレームに組み込み、
「剛性」と「振動吸収性」を高次元で両立させるなど、GUSTOならではテクノロジーも搭載。

 

故に「安いのに走らせてみてもべらぼうに良し!」

 

GUSTO(グスト)『RCR TL』 インプレッショングスト RCRチームレジェンド gusto Team Legend インプレッション レビューグスト RCRチームデューロスポーツウルトラ gusto Team duro spotrs ultra インプレッション レビュー

試乗インプレ『RCR Team Limited』8.5点
試乗インプレ『RCR Team Legend』8.5点
試乗インプレ『RCR RCR Team Duro』8.75点

 

ブランド旗揚げの際にGUSTOが抱いた
「優れた商品を手頃な価格でユーザーに供給する」という使命は
確実に果たされていると感じます(
ここ数年一切値上げしてませんし)

 

2021超絶コスパGUSTO(グスト)に新たな虎”Ranger”が加わる 左右非対称設計

2019年TOJにおいてステージ優勝したベンジャミン・ヒル、

 

2021超絶コスパGUSTO(グスト)に新たな虎”Ranger”が加わる 左右非対称設計

そして、雨澤毅明(あめざわたけあき)選手も所属する
UCIコンチネンタルチーム「リュブリャナ・グスト・サンティック」にフレームを供給。

 

最前線を突き進むSpecialized、TREKほどでは仮にないにしても、
”プロも認める一線級のレーシングバイク”であるのは間違いありません。

2021年Newモデル『Ranger』(レンジャー)とは?

2021超絶コスパGUSTO(グスト)に新たな虎”Ranger”が加わる2021超絶コスパGUSTO(グスト)に新たな虎”Ranger”が加わる

2021年モデルGUSTO『RCR Ranger Limited』

【仕様】ULTEGRA R8020、アタッキ社オリジナル45mmカーボンクリンチャー
【価格】328,000円(税抜)

 

全体的な構造・形状は、
これまでの最上位『RCR Team Limited Disc』の基本デザインを引き継ぎつつも、

 

2021超絶コスパGUSTO(グスト)に新たな虎”Ranger”が加わる

ガラリと様相を変えたトップチューブ~シートステイ

トップチューブは角張り、シートステイ接続部は下へと移動。

 

コスパバグのGUSTO(グスト)に突如現れた猛虎”Ranger”とは? チェーンステイ

トップチューブ同様、チェーンステイも屈強に(右)

 

この改良によって「剛性・反応速度」は高まり、
よりレーシングバイクとしての純度を上がったという。

 

”Ranger=突撃部隊員”

 

その名から想像される通り、獰猛さを増してしまった虎。

運動性能が上がったのは喜ばしい半面、乗り手は選ぶようにもなっているでしょう。
(前の『RCR Team Limited』でも既に「剛性」は高めだと感じていた)

 

「鋭い走りで他を圧倒したい!」という競争心旺盛なレーサーなら最高の相棒になりえますが、
そうじゃない人が気軽に手を出したら痛い目を見そうな気が……

 

この虎『Ranger』は、良い意味でも悪い意味でも凶暴なはず。

 

 

シートステイの接続部下降

ちなみに余談ですが、
「シートステイの接続部下降」に関しては、
各メーカーによって意見が異なっています。

 

例えば、BMCは「シートポストの後方への可動域が広がって快適になる」
先日のTarmac SL7とかReactoなんかは「空力が良くなる」

として採用しているのに対し、

TREKは
「脚で乱流が発生するため、シートステーの空力はあまり重要ではない」
「フレーム重量が50g重くなってしまう」
「フレームの強度を上げなければならず、快適性が損なわれる」
と考えていて、上の写真のように2021 Emondaはシートステイが下げられていません。

 

現在の流行は「シートステイ接続部を下げる」ではありますけど、
下げるデメリットを重く見て、TREKのように採用を見送る選択肢も”アリ”な訳ですね(^^)

 

 

・・・閑話休題、Rangerにはもう一匹の虎が登場しています。

 

2021超絶コスパGUSTO(グスト)に新たな虎”Ranger”が加わる 2021超絶コスパGUSTO(グスト)に新たな虎”Ranger”が加わる

2021年モデルGUSTO『RCR Ranger Sport』

【仕様】105 R7020、フルクラム『レーシング900DB』
【価格】238,000円(税抜)

 

こちらは『RCR Team Sport Disc』の後継機。

『RCR Ranger Limited』のコンポとホイールのグレードを落として、
「手頃なディスク&カーボンフレーム」として打ち出したモデル。

 

2021超絶コスパGUSTO(グスト)に新たな虎”Ranger”が加わる

『レーシング900DB』は1880gというハイパー鉄下駄。

「ホイールはいずれグレードアップしてね」というメッセージがひしひし伝わってきますw

 

スポンサーリンク

2020~2021年フルラインナップ&オススメモデル

以上2種類の新型Discモデル『Ranger』の登場により、
現在のGUSTOのラインナップは次の11種類となっています。
(各モデルの写真はGUSTOGUSTO Japanの公式HPでどうぞ)

 

 軽量、高剛性のピュアレーシング
RCR Team & Rangerシリーズ
名称&重量 コンポ ホイール 税抜定価
RCR RCR Limited
約8kg (ゴールド)
R8020 アタッキ社オリジナル
45mmクリンチャー
328,000円
RCR Team Limited
7.3kg or 7.5kg (ゴールド)
R8000 アタッキ社オリジナル
45mmチューブラーorクリンチャー
TU:268,000円
CL:278000円
RCR Team Legend
7.3kg (グラファイト)
R8000 カンパニョーロ『シャマルウルトラ』 298,000円
RCR Team Evo
7.6kg (レッド/ホワイト)
R7000
カンパ『ゾンダ』
228,000円
RCR Ranger Sport
約8.5kg (レッド)
R7020 フルクラム『レーシング900DB』
238,000円
RCR Team Elite
8.1kg (ホワイト)
R7000 カンパ『Calima(カリマ)』 188,000円
機動力×快適性のレーシングコンフォート
RCR Team Duroシリーズ
名称&重量 コンポ ホイール 税抜定価
RCR Team Duro Limited
7.3kg or 7.5kg (ゴールド)
R8000 アタッキ社オリジナル
45mmチューブラーorクリンチャー
TU:268,000円
CL:278000円
RCR Team Duro Legend
7.3kg (グラファイト)
R8000 フルクラム『レーシングゼロ』 298,000円
RCR Team Duro Evo
7.6kg (レッド/ブルー/ホワイト)
R7000 カンパ『ゾンダ』 228,000円
RCR Team Duro Ultra Sports
7.6kg (レッド/マットチタン)
R7000 アタッキ社オリジナル
45mmチューブラー
228,000円
RCR Team Duro Sports
8.2kg (レッド/マットチタン)
R7000 カンパ『Calima(カリマ)』 188,000円

2021超絶コスパGUSTO(グスト)に新たな虎”Ranger”が加わる2021超絶コスパGUSTO(グスト)に新たな虎”Ranger”が加わる

一つトピックとして、ZONDA仕様の『RCR Team Duro Evo』に新色ブルーが追加。

青系はGUSTOだと初。

 

 

RCR Team Duro Ultra Sports

全ラインナップ中、一番熱くてオススメなのが

RCR Team Duro Ultra Sports』

フレームの「乗りやすい上にしっかり速い」味付けが、普通に最高!!

 

RCR Team Duro Ultra Sports
(写真はクリンチャー)

しかも1400g程度のカーボンチューブラー履いて228,000円はぶっ壊れ価格。。。

ただ、売り切れ次第終了とのこと。これは非常に残念……

 

『RCR Team Duro』シリーズのフレームはホント素晴らしいですから、
このディスクモデル『RCR Ranger Duro』が出たら完璧だろうなと思ってます。

2021年モデルも引き続きGUSTOから目が離せませんね(^^)

 

スポンサーリンク