この記事の所要時間: 242

 

松木です。

 

インプレッション 2021年モデル第四世代MERIDA『リアクト』

前作(こちらの記事参照)より早3年、、、
2021年モデルとしてメリダ第四世代『リアクト』が登場。

 

【プロモーションビデオ】

開発陣は、前作を「エアロロード」と位置付けていたのに対し、
軽量化(-126g)、快適性UP(そこそこ)、エアロ微UP(45km/hで前作比-1w)で、
「今回のREACTOはオールラウンドバイクだ!」と声高に主張。

 

前作と見比べて「10の改良点」「30枚フォトギャラリー」「受けた印象」をお送りします。

 

スポンサーリンク

新旧比較と10の改良点

SL7越え?2021最新型MERIDA『リアクト』オールラウンドに転換せし戦闘機 新旧比較
第三世代の旧型。

 

SL7越え?2021最新型MERIDA『リアクト』オールラウンドに転換せし戦闘機

今回の新型。

 

 

インプレッション 2021年モデル第四世代MERIDA『リアクト』

  1. ハンドルステム一体型Vision Metron 5D ACRでワイヤー完全内蔵化⇒45km/hで空力-2w
  2. トップチューブに見られた”ラクダのコブ”が引っ込んだ
  3. フォーククラウン~ダウンチューブのつながりが更に滑らかに⇒45km/hで空力-2w
  4. フォーク、シートステイのワイド化⇒30㎜タイヤOK、空気の流れも多少良くなった
  5. シートクランプ部にカバー追加⇒異物シャットアウト、見た目◎、空力微量UP
  6. シートステイ接合部が更に下へ⇒多少空力UP
  7. シートステイが少し細身に、そして「ハの字の弓なり形状」だったのが「ほぼストレート」
  8. 放熱フィン「ディスククーラー」がフレームと一体化した形状に⇒エアロフィンとしても機能
  9. RDの取り付け部分にダイレクトハンガー(専用品?)⇒見た目◎、空力微量&変速安定感UP
  10. フレーム全体のカーボンレイアップを改良⇒剛性を保ちつつ快適性UP軽量化にも寄与

 

「公表重量」は、Mサイズ(54相当)のディスクモデルで、

前作:フレーム1150g、フォーク398g、全体1548g
新作:フレーム965g(-185g)、フォーク457g(+59g)、全体1422g(-126g)

 

「空力」は45km/hで前作-1wだけ。。。

ハンドルとフォークで最低でも-4wのはずなのに……なんで???

 

「もっと空力を良くすることも出来たが、他の性能ダウンに見合わない部分は見送った」
(ex. シートポスト&チューブの前後長を長くすれば空力UPしたが、快適性が下がってしまう)

この辺りの妥協が原因なのかもしれませんね…(^^;

 

エアロ対決「S-Works Tarmac」vs「Supersix Evo」vs「Reacto」の結果
 松木です。 https://www.youtube.com/watch?v=gWDmbKzf3igCycling Weeklyによるベロドローム実験「最速のエアロロードバイクがどれ?」第三弾が実施されまし...

 

上の実走実験で、前作REACTOの空力が「Venge Vias以下」となった結果を踏まえれば、
新作REACTOの空力は、Madone SLRや現行Vengeよりは劣っているような気がします

 

スポンサーリンク

写真で見る新型REACTO(クリックで拡大)


(交換は面倒だろうなw)

 

公式サイトに全ラインナップが載っています。

全8モデルで、各モデルBLACKともう一色の2カラー展開

TEAM-E、9000-E、8000-Eの上位3モデルがCF5カーボン、
それ以外の下位5モデルがCF3カーボン。

 

 

2021年モデル merida メリダ reacto リアクト インプレッション

「行うべき改良は全て行って洗練はさせた」という印象。

技術革新が無い分インパクトはちょっと弱いでしょうか?(Tarmac SL7の直後だと特に)

「軽量化(-126g)」「エアロ(45km/hで-1w)」の数値も微妙ですし……

 

とは言え、冷静に考えれば、

Madoneのように振動をいなす「柔軟性」(S-Flexシートポストは結構しなります)
Vengeにそこまで遜色ない「重量」(Vengeは56サイズ:フレーム960g、フォーク385g)
Tarmac SL7と同等レベルと思われる「空力」(これは是非実験データがほしい!)

 

この三要素を「バランス良く」しかも「十分満足できる次元」で兼ね備えた
”乗りやすく、しかも速い”フレームこそが、
ほとんどのアマチュアライダーにとって必要で、求めるべきもののはずです。

 

先日のTarmac SL7が持つ能力は”至高”のようにも思えますが、乗り比べてみると案外
「REACTOの方が良い感触だな」となる可能性もあるんじゃないかと思いますね(^^)

 

スポンサーリンク