この記事の所要時間: 150

 

松木です。

 

先日紹介した
『最強ホビーレーサー6人が教える ロードバイクトレーニング』ですが、
ようやく「表紙」と「正式な発売日」が決定したようです。

208ページと、なかなかのボリューム。

 

改めて紹介しておきましょう。

 

スポンサーリンク

本書の内容

最強ホビーレーサー6人が教える ロードバイクトレーニング

Amazonの内容紹介より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

働きながらレースに参戦する「ホビーレーサー」たち。

ホビーレースも盛んになっている今、
彼らはプロ顔負けの激しい戦いを繰り広げている。

 

本書では、最強レベルのホビーレーサー6名の
「トレーニングコンセプト」「モチベーションの保ち方」
「具体的なトレーニング法」を徹底解説する。

強豪ホビーレーサーのトレーニングの秘密がわかる一冊。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6人のホビーレーサーについて

3/27発売『最強ホビーレーサー6人が教える ロードバイクトレーニング』 中村 龍太郎  森本 誠  井上 亮

中村 龍太郎さん(左)

フルタイムワーカーながら
毎週のようにレースに出場されているそうです。

2015年の「全日本TT」「富士ヒルクライム」ダブル優勝に
大きな衝撃を受けた方も多いはず。

 

 

森本 誠さん(真ん中)

GOKISOホイールをつくる近藤機械製作所の社員。

乗鞍で通算7勝、4連覇中の言わずと知れた「山の神」

 

 

井上 亮さん(右)

「ツール・ド・おきなわ」で毎年上位入賞されています。

2013年 140㎞優勝
2014年 210㎞5位
2015年 210㎞3位
2016年 210㎞2位
2017年 210㎞6位

 

私の育児日記

井上亮さんのブログを見るに、
持久系のフィジカルが超人的です。

 

3/27発売『最強ホビーレーサー6人が教える ロードバイクトレーニング』 松木健治 清宮洋幸 奈良 浩

松木 健治さん(左)

主に実業団E1レースでバリバリ活躍されている方。

同じ苗字なので、陰ながら応援しています(笑)

 

 

清宮 洋幸(せいみやひろゆき)さん(真ん中)

2013年「ツール・ド・おきなわ」210㎞優勝。
2016年「全日本マウンテンサイクリングin乗鞍」2位

 

御年38歳にして、今なお跳躍し続けるホビーレーサー。

広島県で先週行われた「西日本チャレンジロードレース」。

プロ選手も走るこのレースで、見事3位入賞を果たされました。

 

 

奈良 浩さん(右)

自分とは少し世代が違うためか、あまり存じ上げません。

本の中で学ばせてもらいます。

出版社「日東書院本社」について

日東書院本社 ロードバイク 日東書院本社 ロードバイク 日東書院本社 ロードバイク

「日東書院本社」から出版されている
ロードバイク関連の本を調べてみると、
上のようなものがありました。

 

記憶している限りでは、

  • ツルツルとして厚みのある紙が使用されている
  • 写真の掲載も多い

といったような特徴があります。

本書の読み方

「家庭」「仕事」「住んでいる場所」など、
”置かれている環境”が同じ人は、一人としていません。

 

ローラー台 相性

それから、練習には”相性”というものがあります。

 

例えば、毎日100km走っても苦にならない人もいれば、
週数回の短時間インターバルなら耐えられる人もいますし、

ローラー台に平気で何時間も乗れてしまう人もいれば、
数十分ですぐに飽きてしまう実走派の人もいます。

 

強くなるためには「継続すること」が前提条件にあり、
継続するためには”相性”を無視することはできません。

 

 

最強ホビーレーサー6人が教える ロードバイクトレーニング

本書には、6人の

  • 「家庭」「仕事」「練習」のバランスのとり方
  • どうやって時間を捻出し、どういった目的で、どんな練習をしているのか

などの話が書かれていると考えられます。

 

 

上で話した「自らが置かれている環境」「練習との相性」を念頭に置きながら、

”自分にとっての効率的で、最適な練習とは?”

というテーマを探るための参考例として読み進めればいいと思います。

 

スポンサーリンク