この記事の所要時間: 322

 

松木です。

 

 

先日、こちらの記事で紹介した
ピーキングのためのテーパリング −狙った試合で最高のパフォーマンスを発揮するために−
を昨日購入して、一気読みしてしました。

 

元々かなり期待していた本ですが、
その期待を上回る良書でしたね(^^)
(現在、Amazonの「スポーツ医学」カテゴリーでベストセラー)

 

”競技”としてスポーツに取り組む
すべて人にとって必読だと言い切れます。

 

 

「テーパリング」と言うと、
少し”ニッチ”に聞こえるかもしれませんが、

「テーパリング」を解説する過程で
「パフォーマンスアップ」「リカバリー」の仕組み
についても述べられていて、

この本で得られる知識は「汎用性が高い」と思います。

 

 

ネタバレし過ぎずに「書ける範囲での本の内容」
「何が良かったのか」を中心に話します。

 

スポンサーリンク

目次

はじめに P3~

 

第1章 テーパリングとは何か P9~

超良書『ピーキングのためのテーパリング』著:河森直紀を読んだ感想 第1章 テーパリングとは何か

1.テーパリングの定義
2.ピーキングの定義
3.テーパリング vs. ピーキング:意味の違い
4.適切なテーパリングがもたらすパフォーマンス向上効果の大きさ
5.そもそもテーパリングは必要か

 

第2章 テーパリングのメカニズム P19~

超良書『ピーキングのためのテーパリング』著:河森直紀を読んだ感想 第2章 テーパリングのメカニズム

1.なぜテーパリングをするとピーキングにつながるのか
2.「フィットネス−疲労理論」とはどのような理論か
3.超回復理論 vs. フィットネス−疲労理論
  3-1.超回復理論(one-factor theory)
  3-2.フィットネス-疲労理論(two-factor theory)
  3-3.「超回復理論」と「フィットネス-疲労理論」の違い
4.テーパリングがピーキングにつながるメカニズム
5.テーパリングに入る前の時期(pre−taper period)の重要性
6.テーパリングが失敗しうるシナリオ
  シナリオ1.追い込むようなトレーニングをして一度preparednessを落としてからテーパリングを開始する
  シナリオ2.pre-taper periodに練習・トレーニング量が減っている状況で、マニュアル的なテーパリング戦略をそのまま当てはめてしまう
  シナリオ3.なかなかpreparednessが上がってこないからといって一時的に練習・トレーニングの負荷を増やしてしまう
  シナリオ4.ピークのタイミングが早すぎる
7.フィットネス−疲労理論2.0
8.トレーニング歴の影響
9.個人差の影響

 

第3章 テーパリングの実際 P72~

第3章 テーパリングの実際 超良書『ピーキングのためのテーパリング』著:河森直紀を読んだ感想 

1.科学的知見に基づくテーパリングのガイドライン
  1-1.どの変数を減らすのか
  1-2.テーパリング期間の長さ
  1-3.テーパリングのタイプ
  1-4.科学的知見に基づくテーパリングのガイドラインまとめ
2.科学的知見に基づくテーパリングのガイドラインが当てはまらないシナリオ
  シナリオ1.テーパリング開始前にあまり練習・トレーニングが積めていない
  シナリオ2.テーパリング開始前に通常以上の疲労が蓄積している
  シナリオ3.ピーキングのターゲットとなる重要度の高い試合が複数あり、その間が数週間しかない
  シナリオ4.重要な試合が1日で終わらず、数日間から数週間続く
3.戦略的な「pre−taper overload training」の利用
4.テーパリングを実施する頻度
5.競技コーチとトレーニング指導者との連携の重要性
6.テーパリング以外のピーキング手法とうまく組み合わせる

 

あとがき P119~

まえがきを試し読みする

出版社サイトのこちらから「まえがき」を読めるようになっています。

 

  • どういった想いで本書を執筆したのか
  • 本書がどういった構成から成り、どのように読み進めて欲しいか

 

ということが話されています。

『ピーキングのためのテーパリング』の何が良かったのか

①抵抗を感じさせないサイズ

超良書『ピーキングのためのテーパリング』著:河森直紀を読んだ感想

本屋で手にしたとき、
思っていたよりも小さい本で「えっ?」と少し驚きました。

 

「本」でありながらも
「ハンドブック」という印象も受ける”大きさ””薄さ”

 

超良書『ピーキングのためのテーパリング』著:河森直紀を読んだ感想 サイズ感

『テーパリング&ピーキング』と比較します。

上記の本がB5サイズなのに対し、
『ピーキングのためのテーパリング』はA5サイズ

 

超良書『ピーキングのためのテーパリング』著:河森直紀を読んだ感想 サイズ感

続いて”厚み”。

 

『テーパリング&ピーキング』が220ページ(14mm以上)あるのに対し、
『ピーキングのためのテーパリング』は128ページ(9mm強)。
(著者いわく、「4~5回のウンコ中に読み終えられる」そうですが、無理ww)

 

結果、『テーパリング&ピーキング』が”ズッシリ”した重さ(727g)。

『ピーキングのためのテーパリング』は、
感覚としては「単行本よりも少し重たいぐらい」(220g)です。

 

 

本の”大きさ”、”厚さ”は内容とは関係ないものの、
「読みたくなるか」「持ち運びたくなるか」という観点からは大事です。

 

『テーパリング&ピーキング』は、
持った瞬間「うっ‥‥」と読む気が削がれてしまいますが、

『ピーキングのためのテーパリング』なら、そういった事はありません。

②マンガ並みに読み進めやすい文章

次に、両方の本を開いてみます。

 

超良書『ピーキングのためのテーパリング』著:河森直紀を読んだ感想 サイズ感

どちらの本も
「研究結果のグラフ/表 + ”ビッチリ”詰まった文章」なのですが、

実際に読んでみると「読みやすさ」は雲泥の差でした。

 

『テーパリング&ピーキング』は読み進めるのに苦痛を伴いますが、

『ピーキングのためのテーパリング』のほうは、
むしろ次を読みたくなってきます。

 

 

なぜ『ピーキングのためのテーパリング』が読みやすいのか?

思いつく理由を表に整理してみましょう。

 

『テーパリング&ピーキング』 『ピーキングのためのテーパリング』
著者 洋書を翻訳しているので、細かいニュアンスが伝わりづらい部分がある。 日本人によって書かれた本なので、細かいニュアンスまで読み取れる
構成 研究結果を大量に掲載した「論文」というイメージを受ける。 「①基礎②仕組み③方法」という3章構成で、「基礎知識→実践」の流れがスムーズ
理由付け 理由付けが十分ではなく、未消化のままで終わる部分がある。 読者の疑問を先読みし、十分な「理由付け」「根拠の提示」がなされていて、得心しながら読み進められる。
中身の概要 テーパリングに関して、あらゆる角度から考察した情報が網羅されている。 『フィットネス-疲労理論』というキーとなる概念をベースに、ケースバイケースで、どうテーパリングをしていくかを解説。
情報の”量”と”質” 情報量は非常に多いものの、自分には関係ないものも多い。 すべての競技者に必要な、厳選された情報に絞り込んでいる。
総じて感じること 著者の研究成果をまとめた本。 「読者にテーパリングの最新科学を伝え、実践してもらう」という目的が明確に伝わってくる本。

総評

超良書『ピーキングのためのテーパリング』著:河森直紀を読んだ感想

著者の河森さんは、
おそらく日本で最もテーパリングに関して造詣の深い方で、
指導者としての(オリンピック選手などの)選手への実践経験も豊富。

 

しかも、ブログを通して磨かれた文章力も相当高い。
(「巧みな文章」というよりは「分かりやすい文章」)

 

仮にスポーツなどやっていない人が読んだとしても、
テーパリングに関して十分理解できるでしょうね。

 

 

鍛えたパフォーマンスを100%発揮し、
それまでの努力を実らせて「自己ベスト」「勝利」をつかみ取るため、

最後の数週間のトレーニングのあり方を学ぶのに、
これ以上後押ししてくれる本は無いでしょう。

 

ぜひ読んでみてもらいたいです。

 

スポンサーリンク