この記事の所要時間: 12

 

ZWIFT(ズイフト)完全攻略データベース

 

ZWIFTの概要と魅力

バーチャルライド「ZWIFT」を知ろう

ZWIFTは、2014年9月β版リリース、 2015年10月有料サービス開始した
オンラインのヴァーチャルロードバイクゲーム。

2018年12月時点での会員登録者は、世界で100万人以上。

そして、日本だけでも推定3~4万人

 

 

シクロワイアードのZWIFT紹介記事ですが、

「ZWIFTとはどういったものなのか?」

「ZWIFTの魅力とは何なのか?」

そういったことが、ある程度伝わるかと思います。

 

 

こちらはウィキペディアにあるZWIFTの解説ですが、
ZWIFTの生い立ち、マニアックな情報が記載されていて面白いです(^^)

 

スポンサーリンク

ズイフター数上位16カ国

ズイフト初のナショナルチャンピオンシップ 日本含む世界15カ国で2月24日に開催

2018年2月24日にZWIFT初となる
「ナショナルチャンピオンシップ」が、
ズイフター数上位14か国で開催されました。

 

【レースレポート】ZWIFT全日本選手権2018 ~日の丸ジャージへの挑戦~
  本日24日、Zwiftで「National Championships」、つまりは全日本選手権が行われました。 「National Championships」は、ZWIFT利用者の多い主な14カ国...

 

その14か国というのが、

  • 【北米】アメリカ、カナダ
  • 【ヨーロッパ】イギリス、ドイツ、オランダ、ノルウェー、ベルギー、スウェーデン、デンマーク、スイス、フランス、ポーランド
  • 【東アジア】日本、韓国

 

正確な数は不明ですが、
アメリカイギリスドイツがおそらくTOP3。

日本も比較的上位のはずです。

 

また、8月26日にオーストラリア、ニュージーランド、南アフリカの
「ナショナルチャンピオンシップ」が追加で開催されたことから、
15位、16位はオーストラリア、ニュージーランドと予想されます。

日本時間とプレイ人数のグラフ

zwift ズイフト 人数 時刻zwift ズイフト 人数 時刻

2018/1/16火曜と2018/1/21日曜の
「日本時間」と「ZWIFTプレイ人数」のグラフです。

 

深夜帯は、ヨーロッパのズイフター、
朝の時間帯は、北米のズイフターの帰宅後の時間帯に当たるため、
プレイ人数は特に増えます。

 

日曜の赤枠で囲んでいる時間帯は、
ビッグイベントが開催されたためにプレイ人数が伸びていますが、
週末であろうと平日であろうと、プレイ人数はあまり変わりません

 

ZWIFT(ズイフト)完全攻略データベース

 

スポンサーリンク