この記事の所要時間: 549

 

ZWIFT(ズイフト)完全攻略データベース

 

ZWIFTを始めるための4ステップ

①必要なもののオススメ、最低&推奨パソコンスペック←今回

5分で完了!ZWIFTをインストールし、アカウントの作成する

ZWIFTを起動、デバイスを接続してライドを始める

無料期間が過ぎれば、月額課金する(&解約・退会する方法)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

スポンサーリンク

ZWIFTするための最低&推奨パソコンスペック

CPU性能比較一覧

グラフィックボード性能比較一覧

最低スペック

【OS】Windows 7 (64 bit)
【CPU】Intel Core 2 Duo
【グラフィックボード】CPU内蔵Intel HD 4000/AMD R5
【メモリー】4GB

 

これは、2~3万円のパソコンスペックです。

つまり、ZWIFTが求めるスペック高くなく、
パソコンさえあれば、ほぼ100%プレイできます。

 

ですが、中・高画質設定だと、
どうしてもカクカク動いてしまいます。

推奨スペック

【OS】最新のWindows (64 bit)
【CPU】Intel Core i5以上
【グラフィックボード】GeForce GTX650
【メモリー】8GB

 

これは、およそ10万円のパソコンスペックです。

 

このスペックだと、基本的には
「ゲーミングパソコン(処理速度が速く、高画質に対応できるパソコン)」
ということになります。

 

ドスパラのBTOパソコン『ガレリア DS』 ZWIFT ズイフト

オススメのゲーミングパソコンは、
ドスパラのBTOパソコン『ガレリア DS』
(ドスパラは”信頼性”が高いし、価格もほぼ最安)

 

自分は、コスパ重視で『ガレリア DC』にしましたが、
高画質設定にしても、ほぼ問題なくヌルヌル動いてくれます。
(重めの画面になると、少しカクつくこともあります)

 

HDDからSSDに換装させる」というのも、なかなか良いそうです。

ZWIFTに必要な用品のオススメ

すべてを網羅して話すと煩雑になるので、
最もベーシックな「パソコン+Wi-Fi接続」に絞ります。

ノートパソコン、タブレット端末でも、基本的には同じです。

 

Apple TV ZWIFT ズイフト

また、パソコンではなく、
”大画面”、”高画質”、”低価格”の
「Apple TV」という選択肢もかなりアリですね。

 

「Apple TV」でZWIFTをプレイしたいなら、
下の記事でまとめてくれていますので、参考にしてください。

AppleTVのZwiftに関する13の質問
Zwiftを始めてみたいけれどパソコンもiPhoneも持ってないんだよなぁ、という方に朗報です。 2017年1…

「スマートトレーナー」オススメ度★★★★★

ZWIFTに必要な用品のオススメ

  1. Wi-Fi環境
  2. スマートトレーナーローラー台
  3. ローラー台用のスプロケット
  4. ANT+ドングル
  5. USB延長ケーブル
  6. 心拍計/ハートレートモニター
  7. ローラー台用マット
  8. 汗落ち防止ネット
  9. スマホホルダー

Wi-Fi環境

ZWIFTに必要な用品のオススメ wi-fi

スマホで遠隔操作ができる「Zwift Companion」アプリを使用するためには、
パソコンとスマホが、同じWi-Fi環境でネット接続されている必要があります。

 

Wi-Fi環境をつくるには、下のような
「Wi-Fiを飛ばすルーター(親機)」と、
「Wi-Fiをパソコン側で受信するための子機」を用意・設置し、
あとはパソコン側で簡単な設定をするだけです。

 

スマートトレーナーローラー台

ダイレクトドライブ式ローラー頂上決戦。6社14種を徹底比較してみた。 tacx neo smart t2800

スマートトレーナーは、Tacx「Neo Smart T2800」一択。

 

ダイレクトドライブ式ローラー6社14種を比較した記事↓

ダイレクトドライブ式ローラー頂上決戦。6社14種を徹底比較してみた。音・振動は?価格は?ZWIFT対応?パワー計測は?
 松木です。 Tacx「Neo Smart T2800」を買いました。 賃貸住宅で騒音問題を考えると、”ダイレクトドライブ式”の一択でした。 そして、各メーカーか...

 

正直高いですが、ローラー台でケチったら、
ZWIFTの「面白さ」「トレーニング効果」という旨味は激減します。

 

Wiggleで「Neo Smart T2800」を安く入手(画像クリック)

ローラー台用のスプロケット

11速なら上『CS-5800』
10速なら下『CS-HG500-10』がお手頃。

 

ZWIFTで28Tは必要ありません。

ANT+ドングル

わざわざGarminの高いものを買わなくても、
こちらで何ら問題ありません。

USB延長ケーブル

「ANT+ドングル」をローラー台に近づけておかないと、
ライド中に接続が途切れてしまう危険性が高まります。

 

なので「USB延長ケーブル」は用意しておきたいところ。

心拍計/ハートレートモニター

心拍計がなくても普通にプレイできますが、

日本選手権など、格式あるZWIFTレースにおいては、
心拍データを取らないと、レース結果が正式な順位と認められません。

ですから、早めに準備しておいた方がいいでしょう。

 

感度が高く、着け心地も良い「Wahoo Tickr」がオススメです。

ANT+、Bluetooth両方に対応しますし、価格も標準的です。

ローラー台用マット

ローラー台マット7種比較!アルインコ『EXP150』VS ミノウラ『トレーニングマット4』
 松木です。  ”一番良いローラー台マットは?” 今回は、そんな少しニッチな頂上決戦の話w ですが、騒音問題を考えなければならないマンション...

 

ローラー台、完璧な防音・防振対策6選!ブルカット2、ALINCO EXP150等。
 松木です。 室内ローラー台トレーニングをするなら共通の問題、 ”騒音”と”振動” 隣や階下を気にしながらトレーニングしていては十分な強度を出せ...

 

上の2つの記事で、ベストなローラー台用マットについて話しました。

 

集合住宅なら、厚めのアルインコ『EXP150』
持ち家なら、薄めのミノウラ『トレーニングマット4』がオススメ。

 

集合住宅なら、こちらも使っておいた方が賢明です。

汗落ち防止ネット

R250の「汗落ち防止ネット」を使ってます。

お手頃ですが、使い勝手は問題ありません。

ダンシングした際に膝に当たっても、生地が柔らかいので痛くないです。

スマホホルダー

柔軟性があるシリコン素材。

大きなスマホにも対応できる上、
また、取り付ける場所を選ばない万能タイプ。

「普通のローラー台+パワーメーター」オススメ度★★★

ZWIFTに必要な用品のオススメ

  1. Wi-Fi環境
  2. クラシックローラー台(⇔スマートトレーナー)
  3. ANT+規格のパワーメーター
  4. ANT+ドングル
  5. USB延長ケーブル
  6. 心拍計/ハートレートモニター
  7. ローラー台用マット
  8. 汗落ち防止ネット
  9. スマホホルダー

 

スマートトレーナーの場合との違いは、

 

  • ローラー台用のスプロケが不要
  • 「パワーメーター」が、走行データを受信機「ANT+ドングル」に送信する
  • ZWIFT内の勾配変化によって自動で負荷調整されない

 

スマートトレーナーの場合と重複する用品の説明は省きます。

クラシックローラー台

GIANT『CYCLOTRON FLUID ST』

クラシックローラー台なら、
GIANT『CYCLOTRON FLUID ST』がオススメ。

 

 

GIANT『CYCLOTRON FLUID ST』の紹介記事↓

実走感と静粛性に優れる固定ローラーがZWIFT対応に ジャイアント CYCLOTRON FLUID ST - 新製品情報2017
世界最大規模の自転車総合ブランド、ジャイアントの固定ローラー台「CYCLOTRON」。2016年11月よりZWIFT対応となり、ローラー台とスピードセンサーを用意すればバーチャ...

 

CYCLOTRON FLUIDシリーズ最新情報!! - ジャイアントストア国立
CYCLOTRON FLUIDシリーズ最新情報!! - ジャイアントストア国立の情報を発信しています

パワーメーター

スマートトレーナーと比べると、
Pioneerパワーメーターは「走行データ送信」が安定しない気がします。

 

なので、自分はPioneerパワーメーターを使わず、
Tacx『Neo Smart T2800』しか使っていません。

「普通のローラー台+スピードセンサー」オススメ度★

ZWIFTに必要な用品のオススメ

  1. Wi-Fi環境
  2. クラシックローラー台(⇔スマートトレーナー)
  3. ANT+規格のスピード&ケイデンスセンサー
  4. ANT+ドングル
  5. USB延長ケーブル
  6. 心拍計/ハートレートモニター
  7. ローラー台用マット
  8. 汗落ち防止ネット
  9. スマホホルダー

 

ZWIFTには、

「●●のクラシックローラー台の、●●の負荷段階で、
●●のスピードを出せれば、パワーは●●wである」

というデータが組み込まれています。

 

この仮想のパワーのことを「zPower」と呼んでいます。

 

スマートトレーナー、パワーメーター、どちらも持っていない人は、
この「zPower」によってZWIFT内を走ることになります。

zPower対応クラシックローラー一覧

How can we help?
Follow the latest announcements, knowledge base articles and get involved in the community discussion. We'll get you rolling in no time.

 

よほど変わったモデルでも使っていない限り、
ほとんどのクラシックローラーに対応してくれています。
(上限400wになってしまいますが、zPower非対応モデルでもプレイ可)

 

スマートトレーナー、パワーメーターに比べれば、
パワーの正確さは雲泥の差ですが、
このzPowerでも遊べないことはありません。

ANT+規格のスピード&ケイデンスセンサー

ミノウラのものが、お手頃です。

 

ZWIFT(ズイフト)完全攻略データベース

 

スポンサーリンク