この記事の所要時間: 156

 

松木です。

 

まだ、世の知名度は低いメーカーですが、
アレックスリムのホイールが相当熱いです!!

 

【関連記事】

『4万台にして軽くDURA超えしているホイール、アレックスリム「ALX473」』

 

上の記事で、アルミホイールを紹介したんですが、
もう1種類、注目のホイールがあります。

ALEXRIMS ALX845C インプレ

『ALEXRIMS ALX845C』

 

定価15万円ほどのカーボンクリンチャーモデルです。

 

スポンサーリンク

「ALEXRIMS ALX845C」の詳細・乗車インプレ

元プロロードレーサーの乗車インプレ↓

アレックスリムのフルカーボンクリンチャー「ALX845C」を試乗レポート - cyclist
 台湾のホイールブランド「ALEXRIMS」(アレックスリム)からフルカーボンクリンチャーホイール「ALX845C」が新たに登場した。リムハイトは45mmで空力…

 

メカマニアな乗車インプレ↓

Alexrimsカーボンクリンチャーホイール「ALX845C」インプレRITEWAY OFFICIAL BLOG
完成したカーボンクリンチャーホイール ALX845Cはなかなか魅力的ですよ! 【ALX845Cインプレッション】 インプレホイール:ALX845C 45mmディープのワイドエアロリム。 エ...

 

シクロワイアードのインプレ↓

アレックスリム ALX845C 練習からレースまで幅広く使えるカーボンクリンチャーホイール
台湾のリムメーカー、アレックスリムから堅実な作りが売りのカーボンディープリムクリンチャーホイール「ALX845C」をピックアップ。45mmハイトで空力性能を確保しつつ15...

 

まとめると、おおよそ以下のような特徴を持っていることが分かります。

 

  • 平地や下りでの伸びは良く感じられる
  • 中速からの加速が気持ち良い
  • 登りでは軽量アルミには劣るものの、緩やかな坂では巡航性が発揮される
  • 乗り心地やブレーキ性能も悪くない

 

 

”ローハイトのホイールよりも伸びが感じられ、
それでいて坂道でも「並み」以上にこなせる軽快さがある”

 

こういった特徴を持つホイールに乗ると、
ただ軽いだけのホイールなんかよりもずっと気持ちが良いし、楽しいです。

 

そして、「ALX845C」は、そういったホイールだと思います。

「ALX845C」は「roval CLX 50」と構造が似ている

「roval CLX 50」を取り上げた記事↓

『roval CLX 50』インプレ。2017年最強カーボンクリンチャーホイールの予感。
 松木です。 久しぶりに「おっ!!」と思えるホイールが出てきたので、そいつのインプレです。 【関連記事】 スペシャライズド Roval CLX 50詳しい...

 

「ALX845C」のリム幅を広くし、
スポーク本数を減らして、
ハブベアリングもセラミックにする。

 

そうすれば「roval CLX 50」に近い構造のホイールになります。

 

上の記事で「roval CLX 50」をベタ褒めしていますが、
共通点の多い「ALX845C」も悪いはずがありません。

「ALX845C」は見た目も美しい

ALEXRIMS ALX845Cホイール リム

いくら性能が良く、価格もお手頃だったとしても、
安っぽい見た目だったら好きになれませんが、
このホイールには”安っぽさ”みたいなものを感じません。

 

ALEXRIMS ALX845Cホイール ハブ

ハブも中華カーボンホイールに組み込まれているような
チープな印象を受ける形状じゃないし、
その上、表面処理にも高級感があります。

 

ストレートスポークなのも良いですね(^^♪

 

全体的なつくりは、
30万クラスに匹敵する雰囲気が漂っていて、
少なくとも15万円のホイールには感じません。

 

スポンサーリンク

「ALX845C」は「QUATTRO CARBON」を超える

アレックスリム ALX845C インプレ カーボンクリンチャー

2年ほど前までは珍しかったカーボンクリンチャー。
今では「ALX845C」以外にも、15万前後のものが多く出回っています。

 

クアトロカーボン
TNI
SACRA(サクラ)
GIANT(ジャイアント)
TOKEN(トーケン)
プロファイルデザイン
CRODER(クローダー)
FFWD
SIXTH COMPONENTS
IRWIN(アーウェン)
など。

 

この中で「ALX845C」に匹敵しそうなのは、
サイスポでの評価も高かった「クアトロカーボン」ぐらいなもの。

 

ただ、「ALX845C」のほうが
”伸び”というカーボンクリンチャー特有の気持ち良さが十分感じられますから、
同じ15万円カーボンクリンチャーを買うなら「ALX845C」のほうがオススメできますね。

 

今年の「ALEXRIMS」(旧A-CLASS)は何かが違います。

 

『ALEXRIMS ALX845C』
性能評価:85点
コスパ:85点

スポンサーリンク