この記事の所要時間: 243

 

松木です。

 

ツール優勝を後押ししたチェーン&潤滑剤Muc-Off『Nanotube Chain』

先日紹介したMuc-Off「ナノチューブチェーン」。

ツール優勝に導いたチェーン&潤滑剤Muc-Off『Nanotube Chain』

 

上の記事でも話しましたが、
Ceramic Speedの「UFOチェーン」(詳しくはこちらの記事)を引き合いに出し、
「4時間後、ナノチューブチェーンのほうが10.6wも摩擦抵抗が小さい」
というデータを公表しています。

 

あまりに意外な結果に「本当なのかな?」という疑問が浮かんでいましたが、

Ceramic Speedの社員であり、
チェーン潤滑剤の権威でもあるスミス氏がこの度、反論を発表。

 

「Muc-Offの実験手順(プロトコル)は間違っている」と主張します。

そのPDF文書がこちら

 

これを読んでみると、興味深い知見が得られたので、
簡潔にご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

2種類の実験装置

ロードバイクのチェーン摩擦抵抗を測定するためには、
「2種類の装置を用いる必要がある」とスミス氏は言います。

 

Muc-offの”UFOチェーンはダメ説”に対するCeramicSpeedの反論が興味深い。 FLTとFTTと名付けられた2種類の実験手順

一つ目が、ロードバイクのドライブトレインを模した装置(以下Aとします)。

装置が複雑ゆえに、極めて小さい抵抗である
「チェーン摩擦抵抗」を正確に拾うことが難しいそうです。

 

メリット:実走行に近い状況下
デメリット:チェーン摩擦抵抗を測定できない

 

Muc-offの”UFOチェーンはダメ説”に対するCeramicSpeedの反論が興味深い。 FLTとFTTと名付けられた2種類の実験手順

二つ目が、チェーンに一定の高テンションをかけた装置(以下Bとします)。

チェーン摩擦抵抗を検出するためのシンプルな構造です。

 

メリット:チェーン摩擦抵抗を正確に測定できる
デメリット:”ゆるみ効果”を無視しているため、長時間のチェーン摩擦抵抗の測定には向かない

 

 

そして、スミス氏は
「Muc-OffはBの装置だけを使って実験を行い、
”ゆるみ効果”を無視してしまっている」と、欠陥を指摘しています。

 

”ゆるみ効果”とは一体何のことでしょうか?

”ゆるみ効果”とは

Muc-offの”UFOチェーンはダメ説”に対するCeramicSpeedの反論が興味深い。 ゆるみ効果

ペダルを踏んでいる最中の
実際のチェーンテンションは上のようになります。

踏む力を受け止めているの部分はテンションが高いですが、
それ以外のの部分は比較的テンションは低くなります。

 

また、ペダルを漕ぐのを止めてしまえば、
チェーン全域に渡ってテンションは低くなります。

 

 

つまり、実走においては、
装置Bのようにチェーンテンションが常に高い状態ではなく、
テンションが緩む瞬間が往々にしてあるということ。

 

そして、テンションが緩んだ際に、
チェーンの隙間に潤滑剤の再分配が行われ、
潤滑性能が維持されるというのが”ゆるみ効果”です。

 

Muc-offの”UFOチェーンはダメ説”に対するCeramicSpeedの反論が興味深い。 ゆるみ効果 イメージ図

走行中、チェーンと潤滑剤の間に
ミクロレベルと起こっていると予測される変化を
イメージ図にしてみました。

 

実走では①と②の状態が繰り返されますが、

装置Bだけを使ったMuc-Offの実験手順では、
実走ではありえない③の状態での
チェーン摩擦抵抗を測定してしまっていることになります。

”ゆるみ効果”を裏付けるMuc-Offが隠したデータ

Muc-offの”UFOチェーンはダメ説”に対するCeramicSpeedの反論が興味深い。 ”ゆるみ効果”を裏付けるMuc-Offが隠したデータ

Muc-Offが公表している実験データ。

横軸が時間、縦軸がチェーン摩擦抵抗(下ほど大きい)。

4時間後、「UFOチェーン」のほうが10.6wも大きくなることを示しています。

 

実はこの実験、同じチェーン、同じ条件での”二日目の結果”が存在していました。

 

Muc-offの”UFOチェーンはダメ説”に対するCeramicSpeedの反論が興味深い。 ”ゆるみ効果”を裏付けるMuc-Offが隠したデータ

点線が二日目のデータです。

注目は「UFOチェーン」のチェーン摩擦抵抗の回復具合です。

 

4時間後には14wまで大きくなった摩擦抵抗が、
装置から外し、次の日に同じように装置にかけて開始した瞬間では6w。

チェーン自体に何も手を加えていないにも関わらず、
8wも摩擦抵抗が小さくなっています。

 

スミス氏は、この現象が起きた原因を
「Muc-Offは装置Bのみで実験を行っており、
一日目の実験終了後、チェーンを装置から外したことで
”ゆるみ効果”が起きたからだ」と言っています。

 

Muc-Offが二日目のデータを消した理由は分かりませんが、
結果を見ると「不都合な点を隠蔽した」と判断されても仕方ないように思えます。

 

スポンサーリンク

Muc-Offの実験手順が間違っている事を証明するスミス氏の実験

Muc-Offの実験手順が間違っていることを証明するスミス氏の実験 Muc-offの”UFOチェーンはダメ説”に対するCeramicSpeedの反論が興味深い。

Muc-OffのUFOチェーンのディスリを受けて、
すぐにスミス氏が行った反論実験の結果。

パッと見「なんじゃこりゃ?」と言いたくなるグラフです。

横軸は10月10日の時刻、縦軸がチェーン摩擦抵抗(上ほど大きい)。

 

Muc-Offの実験手順が間違っていることを証明するスミス氏の実験 Muc-offの”UFOチェーンはダメ説”に対するCeramicSpeedの反論が興味深い。

最初の3時間は、装置AとBのそれぞれのデメリットを補う
スミス氏が提唱するプロトコルに基づいて行われています。

 

  1. 実際のロードバイクに近い装置Aで15分間250wの負荷をかける
    (先に話した通り、装置Aではチェーン摩擦抵抗を測定できない)
  2. チェーン摩擦抵抗を正確に測定できる装置Bで1分間データを取得する

 

そして、2によって得られたデータの頂点をつないでいった赤点が、
真のチェーン摩擦抵抗ということになります。

 

よく考えてますよね(^^)

 

 

その後、
「Muc-Offは装置Bのみを使う、誤った実験を行った」
という仮説を証明するため、装置Bで1時間データを取り続けました。

 

その結果、Muc-Offが示したようなチェーン摩擦抵抗の漸増が見られ、
やはりMuc-Offの実験は、装置Bだけを用いた可能性が高いことが分かります。

 

最後には、”ゆるみ効果”の存在を証明するために
10分間装置Aにかけた後、装置Bで1分間測定。

予想通り、チェーン摩擦抵抗は回復しています。

スミス氏の実験プロトコルによるチェーン摩擦抵抗比較

Muc-offの”UFOチェーンはダメ説”に対するCeramicSpeedの反論が興味深い。

Muc-Off社とCeramicSpeed社スミス氏の言い争い。

互いに実験データを持ち出してはいますが、
スミス氏のほうが、明らかに理が強いと思いました。

 

最後に、スミス氏の装置A、B両方を用いたプロトコル(詳しくはこちら)による
各種チェーン摩擦抵抗の実験データを紹介しておきます。

スミス氏の実験プロトコルによるチェーン摩擦抵抗比較 Muc-offの”UFOチェーンはダメ説”に対するCeramicSpeedの反論が興味深い。

 

  • 箱出し状態では、①カンパ②シマノ③スラム
  • 特殊加工チェーンは、①「UFOチェーン」②「ICEチェーン」③「ナノチューブチェーン」(NTOC)
  • Wippermann(ウィッパーマン)の「CONNEX 11SX」は、50km走行後から優秀

 

スポンサーリンク