この記事の所要時間: 132

 

松木です。

 

p_20161006_1346261
(階段ダッシュする場所)

 

以前、気になって調べたことがあります。

「コンタドールって十三峠をどれぐらいで登れるんだろう?」って。

 

僕がこのブログのタイトルで「十三分切り」なんて豪語してますけど、
これって、僕が知る限り達成した人を知らないんですよ。

 

ゴロもいいし、日本一のヒルクライマーを目指すちょうどいい目安だと思ったんで、
このタイトルにしました。

 

で、コンタドールがどれぐらいで登れるかっていうのが分かれば、
ちょっとは目標の指針になるんじゃないかと思ったんです。

 

仮に、13分に近いタイムとかだったら、
たぶんこの目標は一生僕には達成できないだろうなって(笑)

 

コンタドールの身体データ、パワー値っていうのは、探せば見つかるもんですし、
かなり近いタイムの予想はできます。

 

では、計算してみます。

 

スポンサーリンク

コンタドールの身体データ、パワー値

アルベルト・コンタドールが十三峠を登ったら、どれぐらいのタイムが出るか?

体重:62kg
FTP(一時間の最大平均パワー):420w

 

20分間のパワーはFTPのおよそ1.05倍だそうです。
(1/3の時間になっても5%しか上げれないんですね)

 

20分間のパワーはFTPのおよそ1.05倍ですから、
十三峠を登り切るタイムは12分前後だと予想して、
FTPの1.07倍のパワーを出せると仮定しましょうか。

 

420w×1.07≒449w

身体データ、パワー値からの十三峠予想タイム

で、ヒルクライム計算サイトにこの数値を入れます。

 

ちなみに十三峠は、
距離4.0km、平均勾配9.2kg、標高差375mです。

 

自転車+装備は、6.9kg+1.1kg=8kgとします。

 

パワー値が449wに近づくように、タイムを入れていくと・・・・

 

11分16秒( ゚Д゚)

 

いやー、驚異的なタイムが導き出されましたね!

 

スポンサーリンク

2016年 クリテリウム・ド・ドフィーネ山岳TTの結果からの
十三峠予想タイム

コンタドールが優勝したこのレース。

 

 

全長4km、平均勾配9.7%、標高差388mの峠を
11分36秒で駆け上がりました。

 

十三峠に特徴の似た峠です。

 

次は、この実際のレース結果から、
コンタドールの十三峠予想タイムを考えてみます。

 

ヒルクライム計算サイトに、
コース全長4km、標高差388m、目標タイム11.6(=11分36秒)、
そして、コンタドールの身体データを入れて計算すると、
平均パワー446wという結果になります。

 

11分36秒間で平均パワー446w(クリテリウム・ド・ドフィーネ山岳TTの実際のデータ)

 

全長は十三峠もドフィーネも同じですが、
十三峠のほうが標高差が13m低いですから、

 

十三峠を登るなら
ドフィーネよりも平均パワーを2ワット上げられるとして448w。

 

一番初めと同じようにして
ヒルクライム計算サイトを使って
パワー値が448wに近づくようタイムを入れていくと・・・・

 

11分18秒

 

身体データ、FTPから予想したタイムにかなり近いですね。
さらに信ぴょう性が増しました。

結論

アルベルト・コンタドールは十三峠を11分16~18秒で登れる。

 

同じ人間ですから、13分切るぐらいだったら、何とかなりそうですw

 

スポンサーリンク