この記事の所要時間: 259

 

松木です。

 

「軽いほど坂が速い」とは言いますが、
どれぐらいタイムが速くなるか知っていますか?

 

今回はヒルクライムレースとは切っても切れない「重さ」について。

 

【関連記事】

『5kg、4kg、3kg、2kg‥‥ロードバイクはどこまで軽量化できるのか?』

『体脂肪率の最強に効果的な落とし方。HIIT×カテキン×プランクチャレンジの合わせ技。』

 

スポンサーリンク

ヒルクライムと重量の関係

2014年乗鞍優勝バイク
(2014年 全日本マウンテンサイクリング in 乗鞍 優勝バイク 6.35kg。前後2kgの鉄下駄GOKISOホイールを履いている。)

早速ですが結論。

 

1kg痩せると、100mの獲得標高で3~4秒速くなります。

 

「えっ!?そんだけ!?」
と思った人が多いんじゃないでしょうか(笑)

 

これは物理法則と、経験則の両方から考えた結果で、
自信があります。

 

で、この「重さとタイムの関係性」も大事なんですが、
それよりも僕が言いたいのは、

 

「軽さに躍起になりすぎると、むしろ逆効果」

 

だということです。

パーツ軽量化の「真の」効果を考える

軽いほど上り坂で有利。

 

これは間違いありません。

 

ただ、これは
「他の条件が同じ場合」に限ります。

 

例えば、
前後800gの超軽量ホイール。

 

1300gのホイールと比べて500g軽くなりますから、
獲得標高1000mのヒルクライムで
15~20秒(0.5kg×3~4秒×10倍=15~20秒)速くなります。

 

ですが、
軽さのために「2つの性能」が犠牲になってしまいます。

 

 

まず一つ目は、「ホイール剛性」。

 

軽いホイールは
力が加わった際に”たわみ”が生まれます。

 

すると、
ぺダリングの力が吸収されて推進力が殺され、
加速感のない、モッサリした感じが出てしまいます。

 

 

それともう一点が、「巡航性」

 

軽すぎるホイールは、
「回転慣性」が働きづらく、速度が落ちやすいです。

 

結果として、
「軽すぎるデメリット」が「軽さのメリット」を上回ってしまったら、

むしろタイムが遅くなってしまいます。

 

 

性能を保ったまま、軽くできる限界は5.5kgぐらいまで
だと僕は考えています。

 

4kg台のバイクを見ると
「すげー!!」って素直に思うんですけど、

 

本当に速い人は無理やりな軽量化はせず、
どこかで線引きしています。

身体を絞ることは、人生を狂わすほど「危険」

「機材の軽量化」の次は、「減量」について。

 

身体のほうが機材よりも圧倒的に軽くすることができます。
だから、タイム短縮効果も大きい。

 

ですが、機材同様、軽すぎると遅くなります。

 

なぜなら、
パワーとスタミナが落ちるからです。

 

 

一番やっちゃいけない減量が、
「大会直前に一気に落とす」方法。

 

何度も経験していて分かるんですが、
これは間違いなくリバウンドします。

 

100%します。
絶対します。

 

鉄の意志でレースまで体重を維持できたとしても、
レースが終わったら、必要以上に食べ続けてしまいます。

 

これは腹が減ったとかそういう話ではなくて、
満腹になっても本能的に食べることを止められなくなるんですよ!

 

なぜかというと、
減量中に食べ物のことが離れなくなる思考、
つまり、「食欲の癖」をつくってしまうと、

 

その後、お腹が満たされた状態になっても、
「食欲の癖」は残っていて、食べ物から頭が離れないからです。

 

これがいわゆる過食症(^^;

 

ヒルクライムレースで上位入賞者のブログを読んでいると、
たまに食べまくっている写真なんか撮ってますけど、
あれは明らかに過食症状です。

 

この食に対する中毒症状は、
なかなか消すということはできず、

 

食べ物のことが気になって、
集中できなくなったり、体調を崩したりして、
日常生活に影響します。

 

スポンサーリンク

我慢しないヒルクライマーを目指す

かく言う僕も色んな減量をしてきました。

 

  • 激しい食事制限に加え、脂質を徹底的に排除
  • 緩めの低炭水化物ダイエット
  • 「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」を取り入れた食生活
  • 20万つぎ込んだライザップ系ダイエットプログラム「24/7 workout」

 

お金に糸目をつけず、
巷で話題の減量法は軒並み体験しましたが、

 

結果的にリバウンドして、
どれ一つとしてうまくいってません。

 

たとえ、方法は違っても、
うまくいかないパターンは決まっていました。

 

食事制限

大小あるものの「我慢」を強いられる

食べ物のことが頭から離れなくなる
つまり、「食欲の癖」がついてしまう

我慢できずに「一度だけ‥」という気持ちで
ドカ食いしてしまう

その瞬間から、四六時中食べ続けるようになり、
一気に体重が増える

 

ドカ食い後は、ダムが決壊するかのように
お菓子、脂っこいものなど、
身体に良くないものを食べ続けてしまいます。

 

これは、「投げやりになった」とか
そういう単純な話ではなく、

 

もっと複雑な脳、身体の変化によるものに感じていて、
とてもじゃありませんが避けられません。

 

 

では、どうすれば一番いいでしょう?

 

ヒルクライマーは何かしらの方法で
絶対に身体を軽くしないといけません。

 

でも、食事制限は最終的に必ずリバウンドします。

 

ちょっと矛盾してますよね(^^;

 

で、僕がこの解決策を知っているかと言えば‥‥

 

 

分かりません。

 

 

なにせ、今まで「痩せよう!」と思って取り組んで、
成功したことが無いからです。

 

たとえ、強い精神力で、
痩せた状態をレースまで保てたとしても、

 

レースが終わったら、
必ずリバウンドしています。

 

レースで良い結果を残せたとしても、
結局過食症になってしまったら、
とても「成功」とは言えないでしょう。

 

 

ですが、数多くの減量経験から一つ思うのが、

 

『体重を減らすために「我慢」したら失敗する』
ということ。

 

何にストレスを感じ、
我慢しなければならないかは人によります。

 

だから、減量法に正解はありません。

 

脂質を気にせず、お菓子も食べていたとしても
我慢せず、パフォーマンスも落とさずに
体重を落とせているなら、それは正解です。

 

 

「我慢しないヒルクライマー」

 

これが僕の目指す理想像です。

 

スポンサーリンク