この記事の所要時間: 221

 

松木です。

 

全日本選手権ロードレース2017優勝者畑中勇介は、どんな機材で戦っていたのか?

ツール・ド・フランス2017、
第6ステージは、キッテルが2勝目を上げました。

 

第2ステージで勝利した際と同じ
スペシャライズド「Venge Vias Disc」
に乗っていましたが、
ディスクブレーキ仕様でのグランツールステージ優勝はだそうです。

 

キッテルの車体をよく見てみると、
面白いパーツ構成だったので取り上げてみます。

 

スポンサーリンク

マルセル・キッテルの機材

世界屈指のスプリンターであるマルセル・キッテルは、どんな機材で戦っているのか?

フレーム:Specialized「S-Works Venge Vias Disc」
メインコンポ:DURA-ACE R9170(175mm、53/39、11-28T)
ペダル:DURA-ACE PD-R9100
ホイール:Specialized「Roval CLX50 Disc」
タイヤ:Specialized「S-Works Turbo Hell of The North 26mm」
ハンドル&ステム:Vision「Metron 5D」
サドル:Specialized「S-Works Romin Evo」
パワーメーター:4iii「Precision」
バーテープ:Spacuz「Super Sticky Kush」

ボトルケージ:Tacx「Deva Carbon」
サイコン:Garmin「Edge520」

ヘルメット:Specialized「Evade」
シューズ:SIDI「Wire Carbon」

 

キッテル ツール・ド・フランス スペシャライズド venge

こちらはキッテルが、去年のツールで使っていた「Venge Vias」。

 

ベースは似ていますが、
「ディスクブレーキ」「R9170」「CLX50」「Metron 5D」など
この1年間で開発された新機材が多く取り入れられています。

 

 

ツール・ド・フランスを見ていると、
ディスクブレーキ仕様の車体は、
キッテルを始め、数名の選手によって使用されていますね。

 

 キャノンデール・ドラパック アルベルト・ベッティオール 140mm TRP タイムトライアル ディスクブレーキ

第1ステージのTTでは、
アルベルト・ベッティオール(キャノンデール・ドラパック)が
キャノンデール「Slice」のディスクブレーキ仕様に乗っていました。

 

ブレーキはTRP製で、140mmのローターです。

 

チームサンウェブ マイケル・マシューズ 160mm スプリンター ディスクブレーキ

第2ステージでは、
マイケル・マシューズ(チームサンウェブ)が
ジャイアント「Propel」のディスクモデルをテスト。

 

キッテルと同じシマノ製のブレーキで、140mmローターです。

 

140mmのローターを使う選手が多いですが、
UCIが標準と定めるディスクのサイズは160mm

そのことに則って
MAVICのニュートラルカーに積まれているものも160mmのみ。

 

つまり、万が一ホイールにトラブルが起きた時、
MAVICカーのホイールは借りられないということになります。

 

あえて140mmを使うのは、過度な制動力を嫌ってでしょうか?

 

カチューシャ・アルペシン レト・ホレンシュタイン 140mm TTスペシャリスト ルーラー ディスクブレーキ

ちなみに、レト・ホレンシュタイン(カチューシャ・アルペシン)も
キャニオン「Aeroad CF CLX」のディスク仕様でした。

 

唯一160mmのローターを使っています。

 

スポンサーリンク

 

続いて、個々のパーツをチェックしていきます。

 

Specialized「S-Works Turbo Hell of The North 26mm」

タイヤは、スペシャライズドの「Turbo」で、
石畳に特化させた「Hell of the North(北の地獄)」モデル

 

ただ、中身は「Turbo Cotton」と同じ。

しなやかな乗り味をもたらす
「コットンケーシング+ラテックスチューブ」という特徴を持つタイヤです。

 

 

METRON 5D ステムハンドル一体型

ハンドルは、ステム一体型のヴィジョン「メトロン 5D」

 

300g後半で特別軽いということもありませんが、
「エアロ」かつ「高剛性」ということで、
スプリンターに向いているハンドルだと思います。

METRON 5D ステムハンドル一体型 METRON 5D ステムハンドル一体型

ハンドルの裏側は、こんな風になっており、
ジャンクションA、Di2ケーブルがスッキリと収納できます。

 


(画像クリックでオンラインショップへ)

 

4iiii(フォーアイ)は、カナダのパワーメーター キッテル クイックステップ

クイックステップの選手たちが使うパワーメーターは
カナダ新興メーカーの4iiii(フォーアイ)

 

左側片側だったら、海外通販から5万以下で買えます。

 

プロ選手が使っているのは、
「PRECISION PRO」という両側測定モデルですが、
現在のところ販売されているのは、片側モデルだけのようです。

 

 

シューズ:SIDI「WIRE CARBON」 キッテルシューズ:SIDI「WIRE CARBON」 キッテル

今年のキッテルが履いているシューズは
シディ「WIRE Carbon」

定価は45,000円‥‥

 

今なら、サイズ、カラーによっては、
Amazonで20,000円台で売られていてお買い得です。

 

キッテル スペシャライズド s-works 6 ロードシューズキッテル スペシャライズド s-works 6 ロードシューズ

去年のキッテルは、
スペシャライズド「S-Works 6 ロードシューズ」を履いていました。

 

キッテル シマノ SH-R320 ブルー

そのさらに以前は、
鮮やかなブルーが特徴のシマノ「SH-R320」を使っていました。

キッテルと言えば、このシューズのイメージが強いです。

 

コロコロ変えているところを見ると、
シューズに関して、あまりこだわりは無さそうですね。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

『ツールを去ることになったカヴェンディッシュは、どんな機材で戦っていたのか?』

『全日本選手権ロードレース2017優勝者畑中勇介は、どんな機材で戦っていたのか?』

『ジロ・デ・イタリア優勝者トム・デュムランは、どんな機材で戦っていたのか?』