この記事の所要時間: 26

 

松木です。

 

リデアのビッグプーリーに新たなラインナップが追加されました。

ビッグプーリーの極致RIDEA『C88 AERO』。プーリーまでカーボン製。
『C38 AERO』&『C88 AERO』

 

その特徴を見ていきましょう。

 

【関連記事】
『ビックプーリー頂上決戦。大手6社16種類を徹底比較してみた。』
『18T-18TのビッグプーリーRIDEA『C88 AERO』の駆動抵抗をテスト。』
『【実走インプレ】RIDEA『C88 AERO』はビッグプーリーの最終到達点。』

 

スポンサーリンク

『C88 AERO』

『C88 AERO』の特徴は?

『C88』は、18T-18Tの世界最大ビッグプーリーです。

9100系以外のあらゆるグレード、メーカーに広く対応します。

 

『C88 』 ビッグプーリー『C88 AERO』 ビッグプーリー

左が通常の『C88』、右が『C88 AERO』です。

『C88 AERO』は、ケージ外側(カーボン製)の肉抜きが埋められたエアロ形状。

 

穴を埋めている分だけ重そうですが、
意外にも、ケージ重量は変わりません。

ケージ内側(アルミ製)の設計が少し異なるのかもしれませんね。

 

『C88 AERO』 ビッグプーリー カーボンプーリー

そして『C88 AERO』発売と同時に、
カーボン製のプーリーも登場。

 

上下プーリー合わせて5.5g(C88の場合)の軽量化ができ、
アルミ製よりもチェーンとの接触によるチャラチャラ音が少なくなる
というメリットもあります。

 

比較的丈夫そうなカーボンに見えますが、
”耐摩耗性”はどうなんでしょう‥‥

『C88 AERO』 ビッグプーリー カーボンプーリー『C88 AERO』 ビッグプーリー カーボンプーリー 『C88 AERO』 ビッグプーリー カーボンプーリー

カーボンプーリーは、13T、16T、18Tの3種類。

下側プーリーには、3色のカラーバリエーションがあります。

 

『C88 AERO』 ビッグプーリー カーボンプーリー フルセラミック

ベアリングはフルセラミックのみ。

 

ちなみに、『C88』と『C88 AERO』の価格差、
『アルミ製プーリー』と『カーボン製プーリー』の価格差は無く、
どの組み合わせであっても税込¥39,000です。

『C88 AERO』の重量増と出力削減効果は?

『C88 AERO』に交換することによる重量増は? ビッグプーリーの極致RIDEA『C88 AERO』。プーリーまでカーボン製。 

9000系純正の実測重量は41g。

対して『C88 AERO』は公表90gですから49g重くなります。

 

ただし、期待できる出力削減を考えると、
この程度の重量増加は許していいと思います。

 

セラミックスピード ceramic speed ビッグプーリー

セラミックスピード社の17T-17T「oversizedプーリー」は、
最大2.37Wの出力削減が可能だと謳っています。

 

単純にプーリーの大きさが出力削減に比例すると考えると、
リデア『C88 AERO』にすることで、およそ-2.5W

 

-2.5Wの効果は、速度に関して+0.14km/h
40kmのタイムトライアルでは13秒短縮(145m先行)

 

これは49g重くなるデメリットよりも、明らかに大きいメリットです。

 

スポンサーリンク

『C88 AERO』は28Tのスプロケットまで対応する?

基本的に、リデアの全てモデルが、
32Tまで対応するように作られています。

実際『C88』を28Tに取り付けられているのを見たことがあります。

 

ただ、フレームとの相性によっては
28Tのスプロケットが、上プーリーと接触する恐れがあるのも事実です。

 

リデア ビッグプーリー 28T対応 ストッパー

そんな際でも、上プーリーとスプロケットの間隔を確保できるよう
「ストッパー」と呼ばれるパーツが付属しています。

『C88 AERO』は28Tのスプロケットまで対応する? 極ビッグプーリーRIDEA『C88 AERO』登場。プーリーまでカーボン製という‥‥ 『C88 AERO』は28Tのスプロケットまで対応する? 極ビッグプーリーRIDEA『C88 AERO』登場。プーリーまでカーボン製という‥‥

この「ストッパー」は、RD取り付け部分に挟み込むだけでOKです。

『C38 AERO』

『C38 AERO』 9100用 ビッグプーリー

『C38』は、RIDEAビッグプーリーのラインナップの中で、
唯一9100系に対応したモデル。

 

セラミックスピード社製の9100系対応モデルも13T-19Tですから、
9100系には、上プーリー13Tが限界なのかもしれません。

 

特徴は『C88 AERO』と同じです。

まとめ:リデア『C88』『C38』はビッグプーリーの最適解

『C88』『C38』は、
僕が考える”良いビッグプーリーの4条件”を兼ね備えています。

 

  • プーリーが大きい(重要度:高)⇒チェーンの駆動抵抗が少ない
  • ベアリングがフルセラミック(重要度:低)⇒回転抵抗が少ない
  • ケージの剛性がある(ケージ内側アルミ製)⇒変速性能が落ちない
  • その他、変速性能を高める工夫がある(X-SYNC構造)

 

それに加えて「エアロ」「軽量」が改良されているとなると、
気にならざるを得ませんね。

 

他メーカーのビッグプーリーでも交換する意味はありますが、
特に『C88』『C38』に関しては、
性能アップが最大化されているところが魅力的です。

 

スポンサーリンク