この記事の所要時間: 157

 

松木です。

 

スペシャ5.5kg『Aethos』超軽量ディスクロードが9月23日公開?

『Tarmac SL7』を発表したSpecializedが、
またも世界を驚愕させようとしているらしい……

 

超軽量ロードバイク『Aethos』(読み方はエートス、アイソス?)

 

どこからともなく流れてきた情報で
ちゃんと”裏”が取れている訳ではないのですが、

  • UCIルールに囚われず”世界最軽量”を目指したディスクロードバイク
  • 完成車重量は5.5kg??
  • 新開発の軽量ステム一体型ハンドル、シートポストが付くと思われる
  • ワイヤーは(軽さ重視で)外装
  • 9月23日に公式発表かも??

などの特徴を持っているのだという。

 

スポンサーリンク

スペシャライズド『Aethos』について

新開発のハンドル、シートポスト『Alpinist』

『Aethos』の完成車重量を削ぎ落すべく
軽量シリーズ”Alpinist”の名を冠したハンドル&シートポストを粛々と開発。

 

Alpiniste ハンドル スペシャ5.5kg『Aethos』ディスク車は9月23日公開?

『Alpinist SL Handle&Stem』
【重量】255g(42㎝-110㎜)
【リーチ】75㎜
【ドロップ】125㎜
【幅&ステム長】40㎝:80~100㎜、42㎝:90〜120㎜、44㎝:110〜130㎜
【価格】$600

 

255gは十分軽いですけど、

Bontrager XXX ハンドル スペシャ5.5kg『Aethos』ディスク車は9月23日公開?

ライバルBontrager『XXX』の234g(42㎝-110㎜)には若干劣ります。

『Alpinist』は「軽さ」を求めつつも、必要十分な「剛性」を確保した結果か?

 

Alpiniste シートポスト スペシャ5.5kg『Aethos』ディスク車は9月23日公開?Bontrager XXX シートポスト スペシャ5.5kg『Aethos』ディスク車は9月23日公開?

 

『Alpinist Seatpost』
【重量】136g(300㎜)、141g(350㎜)
【直径】27.2㎜
【セットバック】12㎜
【価格】$275

 

サイズこそ異なるものの、こちらは
Bontrager『XXX』(右)の163g(直径31.6㎜、長さ400㎜)にも引けを取ってません。

5.5kgは可能か?Canyon、フレーム重量、パーツ構成から考えてみる。

スペシャ5.5kg『Aethos』ディスク車は9月23日公開?

世界初の5kg台ディスク車Canyon『Ultimate CF Evo Disc 10.0 LTD』

フレーム重量641g、ホイールDT Swiss『PRC 1100 DICUT 25Y Edition』1283g。

ハンドル、シートポスト、サドルにも飛び道具をふんだんに盛り込んで
ようやく5.99kg……(XSサイズ、52相当)

 

コンポこそeTap AXS(2242g)と軽くないものの、
その他の部分に切り詰める余地はほぼありません。

 

【フレーム】Aethos
【コンポ】Dura-Ace Di2 1931g
【クランク】S-Works Power Cranks??(R9100より40g軽量)
【ホイール】Alpinist CLX 1248g
【タイヤ】??
【ハンドル&ステム】Alpinist
【シートポスト】Alpinist
【サドル】??

 

『Aethos』完成車のパーツ構成はこんな具合のはず。

フレーム重量がCanyonよりも更に軽い500g台だとしても、
理論上は5.6~5.7kgが限界。

 

”5.5kg”は果たして本当なのか……

「機能」(ex.フロントシングル)や「強度」(超軽量パーツ採用)を捨てているのでしょうか?

それとも何か限界を突破する”奥の手”でも隠し持っているんですかね?

皆さんはどうなると予想しますか?(^^)

 

スポンサーリンク