この記事の所要時間: 224

 

松木です。

 

2021年モデルFactorが放つ軽量エアロOSTRO VS Tarmac SL7
イスラエル・スタートアップネイションが『OSTRO』でツールを走っている)

先日発表されたファクター『OSTRO』(オストロ)

山(軽量)、平地(エアロ)、石畳(振動吸収)に全対応できる

 

”Everything”

 

やはり2021年のトレンドワードが開発コンセプト。

 

『Emonda』『Tarmac SL7』 『REACTO』 『FOIL』なんかと同類であり、
「軽さ」という面では『Emonda』『Tarmac SL7』と数値は近く、
「振動吸収」に力を入れている点は『REACTO』『FOIL』と似ています。

 

スポンサーリンク

ファクター『OSTRO』の特徴

2021年モデルFactorが放つ軽量エアロOSTRO VS Tarmac SL7

”山”

写真の仕様、コンポSRAM RED eTap(2242g)、ホイールBlack Inc Thirtyで
完成車実測6.88kg(ペダル無し)

 

コンポDura-Ace Di2(1931g)で組めば、ペダル有りで丁度6.8kgぐらいになる計算。

 

2021年モデルFactorが放つ軽量エアロOSTRO VS Tarmac SL7

”平地”

NACAプロファイル(空力学的に最適な流線形)をベースに
その尻尾を切り落とした形状(いわゆる「カムテール」)を、
フォーク、ヘッドチューブ、ダウンチューブ、シートチューブに採用。

 

2021年モデルFactorが放つ軽量エアロOSTRO VS Tarmac SL7

ワイドスタンスデザインのフォークにより、ホイールとの隙間は十分。

 

32㎜タイヤを取り付けられるクリアランスを確保すると同時に、

  • ホイールの回転で生み出される前向きの空気の流れ(図①)
  • 進行方向からやってくる向かい風(図②)

両者の衝突によって生まれてしまう空気抵抗を軽減します。
(まぁこれは何年も前から各メーカーで見られる技術ではありますがw)

 

”石畳”

そして、パッと見で目に付く抜群に細いシートステイ。

加えて、最悪の凸凹である”パヴェ”をもクリアできるように
「32㎜極太タイヤを装着可」「カーボンレイアップの工夫」といった
アプローチも駆使して「衝撃吸収性能」は徹底的に高められています。

 

この3方向から「快適性」に注力している点が、
『OSTRO』の最も大きな特徴だと思いますね(^^)

 

以下、各所の特徴・重量・カラーラインナップなど。
(写真クリックで拡大、参照Cyclingtips

 

 

スポンサーリンク

『Tarmac SL7』『Emonda』『Reacto』『Foil』と比較

Ostro
2021年モデルFactorが放つ軽量エアロOSTRO VS Tarmac SL7
Tarmac SL7
スペシャライズドTarmac SL7よ…お前は強すぎた【実測重量、SL6/Vengeと比較、剛性、乗り心地】 ターマックSL7の実測重量は?
Emonda SLR

Reacto
SL7越え?2021最新型MERIDA『リアクト』オールラウンドに転換せし戦闘機
Foil
何が変わった?2021年SCOTT『FOIL』がマイナーチェンジ!
フレーム重量 公表780g
(54サイズ、Flickerカラー)
公表800g
(56サイズ)
実測794g参照
(54サイズ)
公表965g
(Mサイズ、54相当)
公表970g
(サイズ不明)
フォーク重量 公表420g 不明 実測373g 公表457g 公表350g
エアロ性能 ★★★★ ★★★★
~★★★★★
★★★ ★★★
~★★★★
★★★★
~★★★★★
エアロデータ データは無いが、『Reacto』や『Emonda』より扁平な形状のため、空力はかなり良さそう スペシャライズドTarmac SL7よ…お前は強すぎた【実測重量、SL6/Vengeと比較、剛性、乗り心地】 Lightweight×Aerodynamicsチャートを分析する 旧型Emonda比で、ラルプデュエズ₋15秒、Mt.富士ヒルクライム₋21秒
2021 Emonda 空力
前作比₋1w(45km/h) こちらのベロドローム実験よりVenge Vias並みと判明している
対応タイヤサイズ 32c 32c 28c 30c 30c
BB規格 ねじ切りT47 ねじ切りJIS ねじ切りT47 圧入BB386EVO 圧入PF86
主な付属品 ・Black inc製ステム一体型ハンドル
・Ceramic Speed製BB
専用ステム 無し 無し 無し
フレームセット
税抜価格
590,000円 550,000円 396,000円 369,000円 460,000円
ラインナップ
トライスポーツHP
全Tarmac
全Emonda
完成車
フレームセット
全Foil
強み
・快適性の高さ
・エアロ性能高い
・科学技術の粋
・万人受けの乗り味
・手頃な価格
・シートステイ細め
・手頃な価格
・エアロ性能高い
・極細シートステイ

 

  • 「重量」は『Tarmac SL7』『Emonda SLR』に匹敵する軽さ
  • 「空力」は、NACA由来のエアロ形状から期待できる(Tarmac SL7レベル?
  • 「快適性」に関わるシートステイは極細で(≒『FOIL』)、32㎜タイヤで半グラベル化
  •  BB規格がねじ切り式であるのは、音鳴り予防の観点から〇
  •  ステム一体型ハンドル、Ceramic Speedが付属するとは言え、一番高い!!

 

客観的に見れば、
『OSTRO』の運動性能・バランスはかなり優秀そうではあるんですけど、、、
『Tarmac SL7』という化け物の存在と、59万という高価格がネック……

 

よほどFactorに入れ込んでもいない限りは、

  1. 同じ価格帯⇒現世界一の”Everything”バイク『Tarmac SL7』
  2. 「快適性」を重視⇒13万安い『FOIL』でOK
  3. 予算が限られている⇒『Emonda SLR』か『Reacto』

というのが一般的な思考回路な気がします。

 

う~む……群雄割拠すぎる……

良いフレーム選びたい放題なのはありがたい一方で、
メーカーにとっては世知辛い世の中になったもんだ(^^;

 

スポンサーリンク