この記事の所要時間: 35

 

松木です。

 

Cycling Weeklyによるベロドローム実験
「最速のエアロロードバイクがどれ?」第三弾が実施されました。

 

第二弾↓

エアロロード対決「Venge Vias」vs「Foil」vs「Oltre XR4」の結果

 

今回用意されたのは、次の4台です。

 

  • Specialized『S-Works Tarmac(ターマック)』
  • MERIDA『Reacto(リアクト)』
  • Cannondale『Supersix Evo(スーパーシックスエボ)』
  • MERIDA『Scultura(スクルトゥーラ)』

 

はっきりエアロロードと言えるのは、
メリダ『リアクト』ぐらいのもの。

 

ですが、どのバイクにしても
第三機関によって「空力」テストを行われたのは”初”のはずです。

 

果たしてメーカー公表通りの「空力」を発揮したのでしょうか?

 

スポンサーリンク

実験された4台の特徴

スペシャライズド『S-Worksターマック』

エアロ対決「S-Works Tarmac」vs「Supersix Evo」vs「Reacto」の結果

スペシャライズドには『Venge Vias』という
「空力」が完璧(だけど「快適性」は最悪)なエアロロードがあります。

 

対する『S-Works Tarmac』は”全体バランス”に主眼を置いたモデル。

 

エアロ対決「S-Works Tarmac」vs「Supersix Evo」vs「Reacto」の結果 風洞実験 エアロロード 実験方法

今シーズンも既に
「クイックステップ・フロアーズ」のアラフィリップ、テルプストラ
「ボーラ・ハンスグローエ」のサガンなどによって勝ちまくっているバイク。

 

【2018年モデル】スペシャライズド『S-WORKS ターマック SL6』の全貌とインプレ。 エアロ効果

『S-Works Tarmac』は、あくまでオールラウンドモデルですが、

他の性能に影響を及ぼさないとして、
「フォーク」「シートステイ」「シートポスト」の3箇所にのみ
”流線形”、”カムテール形状”が採用されています。

 

これにより、TREKやCannondaleの軽量モデルに比べて
40kmを走ったときに-45秒、出力にすると-8~10w
のアドバンテージを得ることができるそうです。

 

【2018年モデル】スペシャライズド『S-WORKS ターマック SL6』の全貌とインプレ。

メリダ『リアクト』

エアロ対決「S-Works Tarmac」vs「Supersix Evo」vs「Reacto」の結果 風洞実験 エアロロード

細部にまで「空力」「軽量」にこだわったマシン。

 

新型『Reacto』は、『Scultura』に比べて
45km/h走行において18w削減できると公表しています。

 

【2018年モデル】MERIDAエアロロードバイク新型『リアクト』が明かされる。

 

今回の実験における一番の目玉と言えるでしょう。

キャノンデール『スーパーシックスエボ』

エアロ対決「S-Works Tarmac」vs「Supersix Evo」vs「Reacto」の結果 風洞実験 エアロロード

三台目は、キャノンデール『スーパーシックスエボ』。

 

キャノンデール初のエアロロード『SYSTEM SIX』の特徴 システムシックス 2018

キャノンデール初のエアロロード『システムシックス』6つの特徴。

 

先日発表された『システムシックス』ならまだしも、
「空力」に関して特徴の無い『スーパーシックスエボ』は、
今回のテストに相応しいバイクとは言えないですね(^^;

 

ただ、「一般的なロードバイク」という位置づけで、
他の三台と比較するために用意されたと考えられます。

メリダ『スクルトゥーラ』

エアロ対決「S-Works Tarmac」vs「Supersix Evo」vs「Reacto」の結果 風洞実験 エアロロード

第二弾でも登場した『スクルトゥーラ』。

第二弾と第三弾の間で比較しやすくする目的があります。

 

もちろん新型『リアクト』との差も気になるところ。

実験方法

エアロロード対決「Venge Vias」vs「Foil」vs「Oltre XR4」

実験場所は、1周250mの「ダービーベロドローム」。

 

エアロ対決「S-Works Tarmac」vs「Supersix Evo」vs「Reacto」の結果 風洞実験 エアロロード 実験方法 エアロ対決「S-Works Tarmac」vs「Supersix Evo」vs「Reacto」の結果 風洞実験 エアロロード 実験方法 エアロ対決「S-Works Tarmac」vs「Supersix Evo」vs「Reacto」の結果 風洞実験 エアロロード 実験方法

「ブラケット」「ドロップ」「エアロフォーム」
それぞれのポジションで6周ずつ走り、
パワータップ『G3』ハブにより”速度”、”パワー”などを計測します。

 

得られたデータは
「Watt Shop」が開発したソフトウェアに入力され、
「Aero Watt」を算出します。

 

「Aero Watt」=「45km/h走行に必要な出力」-「転がり抵抗」-「駆動抵抗」

 

つまり「Aero Watt」は「空気抵抗」だけを抽出した値と言えます。

 

エアロ対決「S-Works Tarmac」vs「Supersix Evo」vs「Reacto」の結果 風洞実験 エアロロード 実験方法

ホイールは、Fast Forward『F9R』。

 

乗り手、ウェアはもちろん、
サイコン、ボトルといった小物まで統一し、
可能な限り同条件になるように配慮されています。

 

スポンサーリンク

結果

エアロ対決「S-Works Tarmac」vs「Supersix Evo」vs「Reacto」の結果 風洞実験 エアロロード 実験方法

まずは、前回の結果のおさらい。

「Foil」≒「Venge Vias」>「Oltre XR4」>「Scultura」

 

※Aero Watts@45kphの補足

1wの違いによって、1km走行で約0.1秒の差が生まれます。

例えば「ドロップ」ポジションで「Foil」「Scultura」で走った場合、
371.27-336.32≒35wですから、1kmで3.5秒もの差が付く計算になります。

 

エアロ対決「S-Works Tarmac」vs「Supersix Evo」vs「Reacto」の結果 風洞実験 エアロロード 実験方法

そして、今回の結果。

『Reacto』>『S-Works Tarmac』>『Scultura』>『Supersix Evo』

 

同じ『スクルトゥーラ』であっても、
「どうしても出てしまう実験誤差」「多少の装備の違い」
によって差は出てしまっていますが、まあ許容範囲でしょうか?

 

そこで、第二弾と第三弾の結果を統合してみると、

 

『Foil』≒『Venge Vias』>『Oltre XR4』≒『Reacto』
>『S-Works Tarmac』>『Scultura』>『Supersix Evo』

 

 

【2018年モデル】MERIDAエアロロードバイク新型『リアクト』が明かされる。

注目だった新型『リアクト』

 

『Oltre XR4』と同レベルの「空力」を備えていて
なかなか善戦しているとは思いますが、

さすがに『Foil』『Venge Vias』といったモンスター級の
エアロロードには届いていないようですね……

 

 

また、『リアクト』と『スクルトゥーラ』を比較した場合、
各ポジションにおける出力差の平均を取ってみると17.9w

 

メーカーが公表している削減出力は18wでした。

 

嘘偽りのない素晴らしい一致ですね(^^♪

 

 

エアロ対決「S-Works Tarmac」vs「Supersix Evo」vs「Reacto」の結果 風洞実験 エアロロード 実験方法

そして『S-Works Tarmac』

 

『スクルトゥーラ』と比べれば、

  • ブラケットポジション:-4.0w
  • ドロップポジション:-6.2w
  • エアロポジション:-4.9w

※1wの違いによって、1km走行で約0.1秒の差が生まれる

 

平均だと-5.0wという地味に大きな差。

セミエアロも馬鹿にはできません。

 

 

そして、『スーパーシックスエボ』と比べると、

  • ブラケットポジション:-15.0w
  • ドロップポジション:-18.6w
  • エアロポジション:-13.7w

 

平均で-15.7wもの節約が可能。

それにしても『スーパーシックスエボ』の「空力」が悪すぎ(笑)

 

 

エアロ対決「S-Works Tarmac」vs「Supersix Evo」vs「Reacto」の結果 風洞実験 エアロロード 実験方法

以上、Cycling Weeklyによる
「どのエアロロードバイクが最速?」第三弾でした。

 

贔屓無し、かつ実走に近い条件でテストしている
このシリーズは、信頼性が高いと思うので結構好きですね~。

 

第四弾も期待しながら待ちたいと思います。

 

スポンサーリンク