この記事の所要時間: 317

 

松木です。

 

乗鞍5位入賞の梅ぴょん’sバイク5.3kg『SuperSix Evo Hi-Mod』をピックアップ。

ほうぼうのレースでは勝利を重ねていた梅ぴょん(一番左)ですが、
全国が注目するビッグレースのチャンピオンクラスでの入賞は初。

 

「死ぬまで自慢します!」と嬉しそうにしていましたが、
まだ若干19歳の伸び盛り。

 

”日本一”を射程圏内にとらえた走りを魅せた彼の
今後の更なる躍進が期待されます。

 

 

今回は、そんな梅ぴょんのマシン『SuperSix Evo Hi-Mod』をピックアップ。

 

サイコンあり、ボトル無しの状態で5.3kgという
「軽量化」に対して強烈なこだわりの詰まった一台となっています。

 

スポンサーリンク

梅川 陸選手の乗鞍決戦バイク『SuperSix Evo Hi-Mod』

乗鞍5位入賞した梅ぴょんBIKE5.3kg
※画像クリックで拡大します

フレーム:Cannondale『SuperSix Evo Hi-Mod』54サイズ
コンポーネント:SRAM『eTap』(クランク長175mm、スプロケ11-26T)
チェーンリング:Wolf Tooth『シングルチェーンリング』34T
ブレーキ:KCNC『C6』
ペダル:Shimano『PD-R9100』
ホイール:Lightweight『GIPFELSTURM』
タイヤ:Vittoria『Corsa Speed』23cチューブラー
ハンドル:ZIPP『SLC2』
バーテープ:CATEYE『シャイニー』0.4厚
ステム:KCNC『Team Issue』7075アルミ
シートポスト:フレーム純正品

サドル:fi’zi:k『Arione Versus Evo』カーボンレール
ボトルケージ:中華カーボン
ジャージ&ビブ:SUNVOLT『PROfitワンピース』
サイコン:Pioneer『SGX-CA500』

ヘルメット:Lazer『Z1』
シューズ:Giro『Empire ACC』
ソックス:Mavic『Haute Route』限定ソックス

 

 

フレームは実測800g強の「SuperSix Evo Hi-Mod」

 

ax-lightness フレーム vial evo

次期候補はAX-Lightness『Vial Evo Ultra』(バイアルエヴォウルトラ)だそう。

 

フレーム単体600g(52サイズ)、
フォーク265g(コラム未カット)という
おそらく市販されている世界一軽量なフレーム……

 

体重の軽い梅ぴょんだからこそ乗りこなせるであろう一台。

 

コンポーネント sram etap

コンポは、SRAMのeTapです。

 

eTap:1914g
RED22:1736g

 

重量面ならREDのほうが優れているのですが、
”変速性能””スッキリした見た目”を重視してeTapをチョイス。

 

ウルフトュース「シングルチェーンリング」34T

フロントは、乗鞍仕様のシングルギア。

 

チェーンリングは、シクロで根強い人気を誇る「ウルフトゥース」

歯数は34T。

 

歯の高さがあることに加え、
「厚い歯⇒薄い歯」を繰り返すナローワイド設計で、
ちょっとやそっとの事ではチェーン落ちしません。

 

 

ちなみに、乗鞍チャンピオンクラス上位23人の
フロントギアの統計を取ってみたのですが、

〇✖✖〇✖〇〇〇✖✖〇〇〇〇〇✖〇〇〇✖✖✖〇
(1位から順に。〇:ダブル、✖:シングル)

ダブル60.9%、シングル39.1%となりました。

 

ウルフトュース「シングルチェーンリング」34T トウノミネ朝練

「軽量化」のため、FDやチェーンキャッチャーは排除。

多武峰(トウノミネ)朝練のステッカーが目につきます。

 

クランク長 175mm

クランク長は175mm

 

梅ぴょんの身長175cmで、脚も極端に長い訳ではなさそうですが、

「175mmのクランクが安くて。それからずっと175mmです。」

 

また、ポジションに関して”こだわり”が一切無く、
組み上げてもらった状態から、全くいじっていないという。

 

「特に問題無いので。変更して遅くなるのも嫌ですし。」

 

「調整しない」というのが、逆に”こだわり”と言えるかも(笑)

 

ペダルは「軽さ」より「軸の耐久性」を重視してデュラエース『PD-R9100』。

 

Lightweight「GIPFELSTURM」 ギップフェルシュトルム ホイール

ホイールは、ヒルクライム界の申し子
ライトウェイト『GIPFELSTURM』
(日本語読みは「ギップフェルシュトルム」又は「ギッフェルストーム」)

 

フロント440g、リア575g、合計1015g。

 

Lightweight「GIPFELSTURM」 ギップフェルシュトルム ホイール

重量こそ意外と大人しい範囲で収まっているものの、
「リム高27mm+一体型竹スポーク+スポーク数20/24+前後とも結線」により、
1015gにしてあり得ないレベルの「高剛性」を獲得。

 

たとえ軽くても、たわんでパワーロスしてしまえば意味ありません。

 

その点、
「軽さ」と「剛性」を両立している『GIPFELSRUEM』は、
「実際に峠を最も速く登れるホイール」に仕上がっていると思います。

 

ビットリア コルサスピード タイヤ

タイヤはビットリア『Corsa Speed』チューブラー。

Bicycle Rolling Resistanceのデータ中、堂々2位の速さを誇るタイヤ。

 

国内価格は16,200円とベラボウに高いですが、
海外通販だと半額ぐらいで買えますね(画像クリックでWiggleページへ)


 

KCNC C6 軽量ブレーキ

ブレーキは、クライマー御用達のKCNC

モデルはミドルグレード『C6』で、
実測225g(フネ、パッド、ナット込み)。

 

梅ぴょん曰く「ブレーキ効かないです!」

 

故に、ヒルクライムレースでのみ装着するのだそう。

 

kcnc 軽量ステム チームイシュー

ステムはKCNC『チームイシュー』

 

「CNC切削7075アルミニウム合金」と「チタンボルト」によって
「剛性」を保ちつつ、徹底して無駄を削ぎ落として100mm/105gを実現。

 

このステムもクライマーの間では人気ですね(^^)

 

 

zipp SLC2ハンドル

ハンドルはZIPP『SLC2』

42サイズの公表が190gと、カーボンハンドルとしては最軽量クラス。

 

キャットアイ シャイニー バーテープ

そして極め付けが、超希少なバーテープ『シャイニー』

 

サイコンで有名なCATEYEが、10年近く前に販売していた幻の逸品。

なんでも「のむラボ」さんのストックを分けてもらったそうな。

 

バーテープに”速さ”を求めた結果。超薄手OGK『BT-06』インプレッション。
 松木です。 バーテープをオージーケーの『BT-06』に変えました。 OGK KABUTO(オージーケーカブト) プロフィットバーテープ BT-06 ブラックposted with...

 

自分が愛用しているOGK『BT-06』よりも更に薄い0.4mm

 

触らしてもらった印象では、まぁビニテに近いですが(笑)、
UDカーボンのような質感がたまりませんね。

 

サンボルト ワンピース

勝負服は、供給を受けるサンボルト『PROfitセパレートワンピース』

 

シューズGIRO『Empire ACC』や
ソックスMavic『Haute Route(オートルート)』は、
梅ぴょんが所属する「大泉愛輪会」水色に合わせたコーディネート。

 

レイザー Z1ヘルメット 軽量

また、ヘルメットはライトブルーのEPSが目を引くレイザー『Z1』

Sサイズ190gと、ウェア類の「軽量化」にも抜かりありません。

 

スポンサーリンク