この記事の所要時間: 137

 

松木です。

 

バルブ長の測り方に関する考察。リムハイトとの関係も調べてみた。 SOYO ミシュラン ボントレガー TIOGA パナレーサー ビットリア

チューブを買う時、バルブ長を確認しますが、
「あれ?思ったよりも出ない(もしくは出過ぎ)‥‥」
ということが、まま起こります。

 

結局のところ「バルブ長」って、どこの長さのこと?

 

バルブ長の測り方に関する考察。リムハイトとの関係も調べてみた。

そこで、「SOYO」「ミシュラン」「ビットリア」
「ボントレガー」「パナレーサー」「タイオガ」
6種類のチューブのバルブ長を測ってみることにしました。

 

後半には、ディープリムにジャストに合わせられる
「バルブ長の導き出し方」を検証してみます。

 

スポンサーリンク

6メーカーのバルブ長

①SOYO(42mm)

バルブ長の測り方に関する考察。リムハイトとの関係も調べてみた。 SOYO ミシュラン ボントレガー TIOGA パナレーサー ビットリア

「筒部分」のみ。 「バルブコア」や「根元の盛り上がった部分」は含みません。

②ミシュラン(40mm)

バルブ長の測り方に関する考察。リムハイトとの関係も調べてみた。 SOYO ミシュラン ボントレガー TIOGA パナレーサー ビットリア

「筒部分」だけだと31mmにしかなりませんから、
ミシュランの場合は「バルブコア」も含みます。

ただし、先端の余ったネジ山の部分は含みません。

③ビットリア(51mm)

バルブ長の測り方に関する考察。リムハイトとの関係も調べてみた。 SOYO ミシュラン ボントレガー TIOGA パナレーサー ビットリア

ミシュランと同じで、
バルブ長は「筒部分」+「バルブコア」でした。

④ボントレガー(80mm)

バルブ長の測り方に関する考察。リムハイトとの関係も調べてみた。 SOYO ミシュラン ボントレガー TIOGA パナレーサー ビットリア

ボントレガーのバルブ長は、少し特殊です。

 

「筒部分」+「バルブコア」に加えて、
「根元の盛り上がった部分」を含めたものが
バルブ長となっています。

 

その結果、バルブの「筒部分」の長さは
パッケージに表記されている80mmよりも11mm短い
69mmしかありませんでした。

 

なるほど‥‥

これで今まで不思議だった、
「50mmホイールに60mmバルブのボントレガーチューブが使えない」
理由が判明しました。

 

このことは後で話します。

⑤パナレーサー(60mm)

バルブ長は「筒部分」+「バルブコア」+1mmでした。

⑥タイオガ(48mm)

バルブ長の測り方に関する考察。リムハイトとの関係も調べてみた。 SOYO ミシュラン ボントレガー TIOGA パナレーサー ビットリア

パナレーサーと同じで、「筒部分」+「バルブコア」+1mm

 

 

以上、6種類のチューブのバルブ長でしたが、
各メーカーでバラつきがあり、はっきりとした基準が無いことが分かりました。

 

スポンサーリンク

50mmディープリムには何mm以上のバルブだと使えるのか?

試しに、19mmハイトのホイールに
ミシュランのチューブを入れ、

空気を入れる際に重要な「筒部分」が、
どれだけ表に出てくるかを検証してみます。

 

バルブ長の測り方に関する考察。リムハイトとの関係も調べてみた。 SOYO ミシュラン ボントレガー TIOGA パナレーサー ビットリアバルブ長の測り方に関する考察。リムハイトとの関係も調べてみた。 SOYO ミシュラン ボントレガー TIOGA パナレーサー ビットリア

先ほども話した通り、
ミシュランのチューブの「筒部分」は31mm。

 

単純に(筒部分)-(リムハイト)と計算すると31-19=12mmですから、
リムから飛び出る「筒部分」の長さは12mmなのかと思いきや、

写真のように、実際には+6mmの18mm出てきます。

 

そして経験上、バルブの「筒部分」が7mm以上リムから出ていれば、
どのような空気入れでも困ることはありません。

 

つまり、

「(筒部分)-(リムハイト)+6mm≧7mm」

「(筒部分)≧(リムハイト)+1mm」

が成り立つように、バルブ長を決めればいいことになります。

 

例えば、50mmハイトのホイールの場合、
「(筒部分)≧51mm」であればいいことになりますね。

 

 

ここで
「50mmホイールに60mmバルブのボントレガーチューブは使えない」
謎を解明してみます。

 

ボントレガーチューブの場合、60mmバルブであったとしても、
先ほど調べたとおり、筒部分は-11mmの49mmしかありません。

つまり、「(筒部分)≧51mm」が成り立たたないわけです。

 

たかが2mm足らないだけですが、
このせいで、ほとんどの空気入れが使えませんでした。

 

バルブ長の測り方に関する考察。リムハイトとの関係も調べてみた。 SOYO ミシュラン ボントレガー TIOGA パナレーサー ビットリア ディープリム

リムから”ビョ~ン”と飛び出した、無駄に長いバルブは、
ホイールの「見た目」や「重心バランス」を損ないます。

 

「(筒部分)≧(リムハイト)+1mm」を頭に入れておくだけで、
そういったことが避けられますね。

 

スポンサーリンク