この記事の所要時間: 330

 

松木です。

 

自転車メディアGCN×エアロ組織AeoCoachによる”Aero Hacks”テスト。

 

ディープリムだの、エアロウェアだのといった
やりつくされた普通のエアロではなく、

「エアロフードポジション」
「レインウェアの着方」
「もっさもさの髭」
「ハンドル下のレースナンバーの取り付け方」
「背中のゼッケンの止め方」

など、一歩踏み込んだエアロを実験。その結果も面白かったのでご紹介(^^)

 

スポンサーリンク

実験方法

一歩進んだ5つのエアロハック

まず、基準となる一般的な状態(写真)で風洞実験を行い、
45km/hにおける空気抵抗を測定(※高速なほど正確な空気抵抗を測定できる)

その後、条件を変えて再度測定。

この両者を比較して「基準からどう変わったか」を調べていきます。

 

結果は「30km/h走行時の削減w」で示されているのですが、
『30km/h走行時の-10w空力減⇒+0.8km/h速度UP』
『45km/h走行時の-10w空力減⇒+0.4km/h速度UP』

実験結果と考察

①エアロフード、ドロップ、上ハンドルポジション

一歩進んだ5つのエアロハック

エアロフードポジション-33.7w

 

一歩進んだ5つのエアロハック 一歩進んだ5つのエアロハック

首を下げ、脇を閉めて肘を内側に寄せるように意識すれば、
全面投影面積を減らすことができ、エアロ効果は最大化します。

 

一歩進んだ5つのエアロハック ドロップハンドル 上ハンドル

ドロップポジション-27.8w

エアロフードポジションに比べて
「前腕が空気を受ける」「頭のポジションが高い」分だけ5.9wビハインド。

ですから腕を曲げれば、エアロフードの結果に近づくはずです。

 

一歩進んだ5つのエアロハック ドロップハンドル 上ハンドル

上ハンドル+3.1w

「意外と遅くならないんだな?」と思いましたけど、

基準のブラケットポジションが腕を”ピン”と伸ばしているため、
上ハンドルに持ち替えてもあまり上体が起きない(角度に変化がない)、

そして、上ハンドルの方が、
左右の全面投影面積は小さくなるからだと考えられます。

②レインウェアの着方

レインウェア 一歩進んだ5つのエアロ 空気抵抗 ロードバイク

フルジップ状態+12.8w

 

レインウェア 一歩進んだ5つのエアロ 空気抵抗 ロードバイク

みぞおち付近のハーフジップ状態+9.9w

パラシュートのように働いて遅そう見えますが、
なんとフルジップ状態よりも空気抵抗が小さい!

 

このパラドクスに関しては、
「エアロダイナミクスは時々こういった事が起こるから面白い!
ポジション、ウェアの種類によってはまた違った結果になるだろう」と。

「空気抵抗が大きそう」という感覚が当てはまらないケースもあるという事ですね(^^)

 

レインウェア 一歩進んだ5つのエアロ 空気抵抗 ロードバイク

ヒルクライムでは暑さ対策で前ジッパーを開けたりしますが、
空力的なデメリットは案外小さいのかもしれません。

 

レインウェア 一歩進んだ5つのエアロ 空気抵抗 ロードバイク

ジッパーを完全に開けた状態+29.9w

ハーフジップと比べて20wも悪い。。。

 

レインウェア 一歩進んだ5つのエアロ 空気抵抗 ロードバイク

背中に詰めた状態-1.1w

エアロフード、ドロップポジションだと、
「背中の空気の流れ」の重要度が増すため、
この2~3倍の結果になる可能性があるという。

③もじゃもじゃの髭

もじゃもじゃの髭 一歩進んだ5つのエアロ 空気抵抗 ロードバイク

もじゃもじゃの付け髭-1.27w(結果を45km/h⇒30km/hに変換)

どうやら顎周りの空気の流れが改善された模様。

ここまで立派で、毛並みの揃った髭はそうそうないですから、これは参考程度かなw

④ハンドル下のレースナンバープレート

レースナンバー 一歩進んだ5つのエアロ 空気抵抗 ロードバイク

通常の取り付け方+8.4w

実験ではかなり大きいボードを取り付けてますが、
これよりも小さいプレートだとしても5wぐらいは損している事になります。

 

レースナンバー 一歩進んだ5つのエアロ 空気抵抗 ロードバイク

ヘッドチューブに沿わせるように固定-0.4w

画像のように取り付ければ、
ボードが「カウル」のような機能を果たして速くなります。

 

番号を見せるためのプレートですから、
「とにかく付けていればいい」というものでもありませんし、
そもそも、ここまで折れ曲がるプレートも少ないでしょう。

ですが、最大+8.4wはちょっと無視できない数字なので、
「節度を守った範囲で丸める」ぐらいはしておくのが吉。

⑤背中のレースゼッケン

背中のゼッケン 一歩進んだ5つのエアロ 空気抵抗 ロードバイク

上2ピンだけ+1.6w

レインウェアのケースと同様、
「後方でバタバタさせる」のは空気抵抗を生みます。

これは想像通りなのですが、、、

 

背中のゼッケン 一歩進んだ5つのエアロ 空気抵抗 ロードバイク

通常の4ピン止め-0.4w

「遅くはならなんだな…」という少し意外な結果。

Specializedのゼッケンに関するエアロテストや、

 

背中のゼッケン 一歩進んだ5つのエアロ 空気抵抗 ロードバイク

プロが「ゼッケン入れ付きのエアロスーツ」と着ているのを見る限り、

ゼッケン自体が問題なのではなく、
ジャージとの隙間に空気が入って”帆”のように働くのがマズい!

 

背中のゼッケン 一歩進んだ5つのエアロ 空気抵抗 ロードバイク

Specializedみたいに”8ピン止め”でも構いませんが、
日東の両面テープを使えば、少ないピン、かつ隙間0で取り付け可能。
(20mm幅だと生地によっては剥がす時に苦労するので10mm幅がオススメ)

 

 

背中のゼッケン 一歩進んだ5つのエアロ 空気抵抗 ロードバイク

下2ピンを寄せてエアロフィンをつくる-1.3w

先ほどの「ピタッと付ける」とは逆の発想のエアロ。

こういったマニアックで、創造性ある一工夫は大好きですw

 

 

エアロで差をつけろ!一歩踏み込む5つのテク【ロードバイク風洞実験】

以上、考察を交えながら実験内容を見てきました。

今回得られたエアロに関する重要な教訓は次の3つ、

  1. 「エアロフード」は最も強力なポジションの一つなので、その「最適化」と「長時間維持するための筋肉(上腕三頭筋など)を鍛える」効果は大きい
  2. 「明らかに空気抵抗が大きくなりそう」が外れる場合も稀にある(ex.ハーフジップ)
  3. 「余計なものを無くす」のが必ずしもベストとは限らず、工夫次第でよりエアロになりえる
    (ex.背中のレインウェア、髭、ナンバープレート&ゼッケンの取り付け方)

 

スポンサーリンク