この記事の所要時間: 244

 

松木です。

 

【速く走るための風洞実験・エアロ効果②】フレーム、ホイールなど各種装備

スペシャライズドの風洞実験を紹介。

 

第二弾は『パーツ&装備』です。

 

~関連記事~
【速く走るための風洞実験・エアロ効果①】身体各部の毛を無くすと?
【速く走るための風洞実験・エアロ効果③】ドラフティングの秘密
【速く走るための風洞実験・エアロ効果④】エアロフォームを極める

 

スポンサーリンク

エアロフレーム(動画リンク

【速く走るための風洞実験・エアロ効果②】フレーム、ホイールなど各種装備 フレーム

2014年モデル「TARMAC」と、

【速く走るための風洞実験・エアロ効果②】フレーム、ホイールなど各種装備 フレーム

エアロロード「VENGE」の比較。

フレーム以外の装備は同じにしています。

 

【速く走るための風洞実験・エアロ効果②】フレーム、ホイールなど各種装備 フレーム

40㎞走って59秒の短縮効果。

 

「TARMAC」で42km/hで走れるならば、

「VENGE」に乗り換えるだけで16.3w削減でき、
42.75km/hの速度を出せるようになる計算です。

 

【速く走るための風洞実験・エアロ効果②】フレーム、ホイールなど各種装備 フレーム

以上は、エアロロードが成熟し切っていない
2014年モデル「旧VENGE」の話。

 

2017年11月現在、
世界トップクラスの空力を持つ「VENGE Vias」ならば、
(肩を並べられるのは「MADONE 9」「PROPEL Diac」ぐらい)
エアロ効果は更に上がって120秒近くも速く走れます。

ディープリムホイール(動画リンク

【速く走るための風洞実験・エアロ効果②】フレーム、ホイールなど各種装備 ホイール

続いて、ROVALの30mm程度のアルミリムホイールと

 

【速く走るための風洞実験・エアロ効果②】フレーム、ホイールなど各種装備 ホイール

カーボンディープリムクリンチャー
「Rapide 60CL」(60mmハイト、24.4mm幅)との比較。

 

【速く走るための風洞実験・エアロ効果②】フレーム、ホイールなど各種装備 ホイール

結果は34秒の短縮。

速度で考えるならば、42km/hから0.43km/hアップ。

 

これは「剛性」「リム重量」などは省いた
「空力」にだけに着目した結果ではありますが、

+0.43km/hという効果は、
一般的にディープリムに抱かれている期待値(2~3km/h?)よりも
ずっと小さいんではないでしょうか?

 

脚の毛を剃るほうが、2倍近い効果があるわけですからね(^^;

エアロヘルメット(動画リンク

【速く走るための風洞実験・エアロ効果②】フレーム、ホイールなど各種装備 ヘルメット 【速く走るための風洞実験・エアロ効果②】フレーム、ホイールなど各種装備 ヘルメット 【速く走るための風洞実験・エアロ効果②】フレーム、ホイールなど各種装備 ヘルメット

Specializedのヘルメット、
左から「PREVAIL」「EVADE」「S-WORKS TT」の3種類を比較。

 

【速く走るための風洞実験・エアロ効果②】フレーム、ホイールなど各種装備 ヘルメット

「PREVAIL」比で「S-WORKS TT」なら60秒短縮、

 

【速く走るための風洞実験・エアロ効果②】フレーム、ホイールなど各種装備 ヘルメット

「EVADE」でも40秒短縮できます。

まともに風を受ける頭の装備だけあって、効果は”大”。

 

 

ここで一つ浮かんでくるのが、
「どのエアロロードヘルメットが良いのか?」という疑問。

 

【速く走るための風洞実験・エアロ効果②】フレーム、ホイールなど各種装備 ヘルメット

エアロロードヘルメットの空力データは
それなりに出回っているものの、

各メーカーは自社に有利な結果を出す傾向にありますし、

第三者機関が行ったものでも、結果はバラバラ。

 

なので、「空力」だけで「〇〇が一番」とは言い難いですね。

 

そこで「空力」以外の性能面、
「軽さ」「涼しさ」「価格」「被り心地」「デザイン」を考慮すると、

 

  • OGK「AERO-R1」
  • スペシャライズド「EVADE」
  • ボントレガー「BALLISTA」
  • メット「MANTA HES」
  • カスク「PROTONE」

 

といった、無難な所に落ち着いてくるかと思います。

 

シューズカバー(動画リンク

【速く走るための風洞実験・エアロ効果②】フレーム、ホイールなど各種装備 シューズカバー

BOAダイアル2つ、ベルクロ1つが備わった一般的なシューズから

 

【速く走るための風洞実験・エアロ効果②】フレーム、ホイールなど各種装備 シューズカバー

靴ヒモにカバーを被せた「S-WORKS SUB6」に履き替えた場合。

 

【速く走るための風洞実験・エアロ効果②】フレーム、ホイールなど各種装備 シューズカバー

35秒速くなります。

つまり「Rapide 60CL」以上のエアロ効果があるということ。

 

「S-WORKS SUB6」は少し変わった構造ですが、

この結果を、もっと一般的に
「エアロシューズカバーを装着する効果」
と考えてもらって差し支えありません。

 

以前、エアロシューズカバーのオススメについて話しましたので、
よかったら参考にしてください↓

エアロヘルメットと同等の効果がある最高のエアロシューズカバーとは?5種類の使用歴を元に考えてみる。

ゼッケンの取り付け方(動画リンク

【速く走るための風洞実験・エアロ効果②】フレーム、ホイールなど各種装備 シューズカバー ゼッケン

今では比較的知られている「ゼッケンの取り付け方」による差。

 

左のように角4箇所だけを止めると、
サイドの隙間から空気が入り、
船の”マスト”のごとく抵抗となってしまいます。

 

そこで、右側のように
安全ピンを2倍の8つに増やし
隙間を埋める工夫を施します。

 

実験は、両脇に1枚ずつ、計2枚取り付けて行いました。

 

【速く走るための風洞実験・エアロ効果②】フレーム、ホイールなど各種装備 シューズカバー ゼッケン

8つの安全ピンを付けるだけで9秒も短縮。

 

ディープリムやら、エアロヘルメットやらは
皆していることなので、導入してようやく横並び。

 

むしろ、ゼッケンの隙間のような
「知っている人だけが行っている」工夫でこそ差が生まれますから、
わずか9秒だったとしても、その価値は大きいです。

 

【速く走るための風洞実験・エアロ効果②】フレーム、ホイールなど各種装備 シューズカバー ゼッケン

マトリックスの吉田隼人選手は、
「両面テープ+安全ピン」にしているそうです。

 

実業団レースの場合、両面テープだけは
「剥がれる恐れがある」として禁止されていますから要注意。

 

スポンサーリンク

リムブレーキ VS ディスクブレーキ(動画リンク

【速く走るための風洞実験・エアロ効果②】フレーム、ホイールなど各種装備 シューズカバー リムブレーキ ディスク

最後は、キャリパーとディスク、
ブレーキ仕様の違いでの比較です。

 

「制動力」に目が向けられがちですが、
果たして「空力」面での違いはあるのでしょうか?

 

ジャイアント プロペル ディスク 【2018年モデル】GIANT新型『PROPEL DISC』の空力、重量、剛性、ディスクブレーキ ジャイアント プロペル ディスク 【2018年モデル】GIANT新型『PROPEL DISC』の空力、重量、剛性、ディスクブレーキ 台座

GIANT新型「PROPEL」のトップモデルは、
ディスクブレーキ仕様しかありません。

その理由の一つとして、
「空力が良いから」とはっきり言っているのですが‥‥

 

【速く走るための風洞実験・エアロ効果②】フレーム、ホイールなど各種装備 シューズカバー リムブレーキ ディスク

正面からの風に対しては両者の間に差は無く
10度斜めからの風に対してはディスクブレーキが8秒遅い

という結果に。

 

GIANTの言っていることと矛盾していますね(^^;

 

これは、ディスクブレーキにすれば
無条件に空気抵抗が小さくなるわけではなく、

 

  1. ディスクブレーキ周辺のデザインをエアロにする
  2. 正面からの風に対して

 

といった”条件付き”なんだと考えられます。

 

 

次回から本題の「ドラフティング」「乗車姿勢」「ウェア」に移っていきます。

 

スポンサーリンク