この記事の所要時間: 047

 

ZWIFT(ズイフト)完全攻略データベース

 

ZWIFT(ズイフト) をSTRAVA(ストラバ)と連携する方法

ZWIFT ズイフト ライドレポート マイページ

ZWIFTの走行データは

  1. ライド終了時の「ライドレポート」(上)
  2. ライド終了後の「ZWIFTマイページ」(下)

で確認できます。

 

「ライドレポート」は比較的詳しい反面、
終了後に確認ができません。

 

「ZWIFTマイページ」はライド後に確認できるものの、
「距離」「走行時間」「獲得標高」「平均パワー」だけで、
走行データが圧倒的に少ないです。

 

ZWIFT(ズイフト) ZWIFTとSTRAVAの連携方法

ZWIFT(ズイフト) ZWIFTとSTRAVAの連携方法

その点、「STRAVA」であれば、

たとえ無料会員であったとしても、
十分な走行データが自動で記録・蓄積されていきます。

 

ですから、ZWIFTをSTRAVAと連携させておくのは必須。

 

スポンサーリンク

ZWIFTとSTRAVAの連携方法

まずは「ZWIFTマイページ」へ。

https://my.zwift.com/

 

ZWIFTとSTRAVAの連携方法

「SETTINGS」→「CONNECTIONS」→「CONNECT」

 

ZWIFT(ズイフト) をSTRAVA(ストラバ)と連携する方法

「STRAVA」の文字がオレンジになれば連携完了。

 

【ZWIFT(ズイフト)】全アチーブメント・バッジ獲得方法一覧 統計学者ZWIFT(ズイフト) をSTRAVA(ストラバ)と連携する方法

その後、ZWIFTでライド開始した際、
アチーブメント「統計学者」
ジャージ「STRAVA KIT」が手に入るはずです。

 

ライドの終了方法 ZWIFT ズイフト

そして、ライド終了時に「保存して終了」を選んでおけば、

 

ZWIFT(ズイフト) ZWIFTとSTRAVAの連携方法

STRAVAダッシュボードページ
自動的に走行データが記録・蓄積されてます。

簡単ですね(^^)

 

「ライドレポート」「ZWIFTマイページ」「STRAVA」
それぞれの走行データの確認方法について、
下のページで詳しく話していますので、よかったら参考にしてください。

ZWIFT(ズイフト) 走行データを確認する3つの方法「STRAVA」「ライドレポート」「ZWIFTマイページ」
  ZWIFTで走行データを確認する方法は、主に3つあります。  ライド終了時の「ライドレポート」 ライド終了後の「ZWIFTマイページ」 ライド終了後の「...

 

ZWIFT(ズイフト)完全攻略データベース

 

スポンサーリンク