この記事の所要時間: 214

 

松木です。

 

空力学的凸凹の付いた革新的エアロロードバイク『Diamondback IO』

アメリカの中堅自転車メーカー
「Diamondback(ダイアモンドバック)」が、
エアロロードバイク『IO』を発表。

 

このバイク、ちょっと普通じゃありません‥‥

 

「空力性能を高める」として物言いがついたボルテックスジェネレーターとは? 「空力性能を高める」として物言いがついたボルテックスジェネレーターとは? ボルテックスジェネレイター

「空力性能を高める」として物言いがついたボルテックスジェネレーターとは?

 

以前、上の記事で話した「ボルテックスジェネレーター(渦流生成器)」

 

「突起によって小さな乱流を発生させることで、
その後部の空気の流れが整えられて、
トータルの空気抵抗は小さくなる」という技術です。

 

『IO』は、その「ボルテックスジェネレーター」が搭載されたバイクなんです!

 

スポンサーリンク

「Diamonback」というメーカー

「Diamondback」の日本での知名度は皆無ですが、
創業は1978年、今年で39年目を迎える立派な老舗メーカーです。

 

空力学的凸凹の付いた革新的エアロロードバイク『Diamondback IO』 serios

2014年、トライアスロンバイク「Serios(セリオス)」を発表。

 

空力学的凸凹の付いた革新的エアロロードバイク『Diamondback IO』 podium

2015年、カムテールデザインのエアロロード「Podium(ポディウム)」を発表。

 

「Diamondback Andean」 空力学的凸凹の付いた革新的エアロロードバイク『Diamondback IO』 トライアスロンバイク

2016年、超ド級のトライアスロンバイク「Andean(アンディアン)」を発表。
(日本で乗っている唯一かもしれない方のインプレ記事①インプレ記事②

 

空力学的凸凹の付いた革新的エアロロードバイク『Diamondback IO』

そして、今回2018年モデルとした発表されたのが、エアロロード『IO』です。

「SPEED CORE」と名付けた3つの空力学的テクノロジー

  1. ボルテックスジェネレーターとして働く”窪み”
  2. 極端に下方オフセットされたシートステイ
  3. 工具やリペアパーツを収納できるBB前のカウル

①ボルテックスジェネレーターとして働く”窪み”

空力学的凸凹の付いた革新的エアロロードバイク『Diamondback IO』 ボルテックスジェネレイター

ボルテックスジェネレーターは、
通常フィンを取り付けるものなんですが、
『IO』の場合は”窪み”(オレンジ部分)。

 

空力学的凸凹の付いた革新的エアロロードバイク『Diamondback IO』 ボルテックスジェネレイター 渦流生成器空力学的凸凹の付いた革新的エアロロードバイク『Diamondback IO』 ボルテックスジェネレイター 渦流生成器

「フィン」や「窪みの大小」など、
色んなパターンで風洞実験を行った結果、

カムテール形状のフォーク、ダウンチューブ、シートチューブの後ろ側、
左右の角に計38個の大きめの窪み”を配置することに決められました。

 

その様子の動画もあります↓

②極端に下方オフセットされたシートステイ

【2018年モデル】スペシャライズド『S-WORKS ターマック SL6』の全貌とインプレ。 エアロ効果

最新の「S-WORKS ターマック SL6」の下方オフセットされたシートステイ。

シートチューブが後方へしなりやすくなり、
「快適性」「路面追従性」が高まることを狙っています。

 

空力学的凸凹の付いた革新的エアロロードバイク『Diamondback IO』 下方シートステイ FELT IA

FELTのトライアスロンバイク「IA」。

こちらの極端に下げられたシートステイは、
「空気抵抗削減」「横剛性アップ(←リア三角が小さい)が目的です。

 

空力学的凸凹の付いた革新的エアロロードバイク『Diamondback IO』 下方シートステイ空力学的凸凹の付いた革新的エアロロードバイク『Diamondback IO』 下方シートステイ

『IO』は、「S-WORKS ターマック SL6」と「IA」の
両方のメリットを併せ持った下方シートステイになっています。

 

シートステイに垂直方向の柔軟性を出すため、
シートチューブに近い部分を扁平形状にしているのは、
「S-WORKS ターマック SL6」にも見られる工夫です。

 

スポンサーリンク

③工具やリペアパーツを収納できるBB前のカウル

空力学的凸凹の付いた革新的エアロロードバイク『Diamondback IO』 ストーレッジ

「Andean」にも見られるBB前の収納スペース。

 

  • 重心が下がって走りの安定感が増す
  • サドルバッグが必要なくなる
  • カウルになって空力学的に有利に働く

 

BB前であることのメリットは大きいです。

ただ、乗車中に手の届く位置ではありませんから、
補給食を入れておくには向いていません。

 

空力学的凸凹の付いた革新的エアロロードバイク『Diamondback IO』 ストーレッジ

そこで、『IO』では、
ストーレッジをステム後ろに取り付けられる作りになっていて、
補給食はここに入れておくことができます。

 

 

以上が「SPEED CORE」と呼ばれる技術です。

 

この3つのテクノロジーによって、
『IO』の空気抵抗は、同社の「Podium」に比べて-20%

トライアスロンバイク「Serios」と比べた場合は、
さすがに劣っているものの、+10%に抑えられています。

『IO』は革新的エアロロードバイク

空力学的凸凹の付いた革新的エアロロードバイク『Diamondback IO』

 

「”革新”が我々のプレイグラウンドである」という理念の元、
「斬新な発想」と、それを実現する「熱意」でもって生み出された『IO』。

 

「より薄く」「更に軽量に」という競争もいいんですが、
正直なところ、そういった争いは面白味が少なくなってきました(^^;

 

ですが、『IO』に見られる技術はとても革新的で、
先日紹介した33gのチューブ「Tubolito」同様
見ていて心踊らされる、ワクワクしてくるものがあります。

 

「Diamondback」のHP & 購入サイト

『IO』についての詳しいPDF資料

 

販売ラインナップは4種類。

100万越えの完成車もありますが、
「Sram Force 1×11速 ワイヤー式Disc」+「Vision Trimax 30」の$4,000(≒45万)、
「アルテグラDi2 R8050 油圧式Disc」+「Zipp 302」の$5,600(≒63万)が現実的です。

 

スポンサーリンク