この記事の所要時間: 439

 

松木です。

 

エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。

Cycling Weeklyの好きなシリーズ。

ベロドロームにおける実走エアロテスト。

 

エアロロード対決「Venge Vias」vs「Foil」vs「Oltre XR4」の結果
 松木です。 https://youtu.be/rcdwTRh3sGoCycling Weeklyによるベロドローム実験「最速のエアロロードバイクがどれ?」第二弾が行われました。(第一弾はこ...

 

エアロ対決「S-Works Tarmac」vs「Supersix Evo」vs「Reacto」の結果
 松木です。 https://www.youtube.com/watch?v=gWDmbKzf3igCycling Weeklyによるベロドローム実験「最速のエアロロードバイクがどれ?」第三弾が実施されまし...

 

世界最速ウェアが判明!Endura D2Z Encapsulator VS 王者スキンスーツ
 松木です。 先日の記事でも登場したEndura D2Z『エンカプスレーター』スキンスーツ。  肩から脇にかけて無数に配置された、山型のシリコン『SST』...

 

これまで「フレーム」「スキンスーツ」の実験を取り上げてきましたが、
今回の実験対象は、7種類のヘルメットです。

 

Specialized『S-Works Evade Ⅱ』が無い(用意できなかった)など、
若干外してしまっている感のあるラインナップなものの、
結果自体は、非常に興味深いものになっています。

 

前置きが長くても仕方ないので、早速見ていきましょう(^^)

 

スポンサーリンク

実験方法

実験場所は、イングランドの「ダービーベロドローム」1周250m。

 

エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。

実験の協力者は、チャーリー・タンフィールド

 

どこにでもいる只の自転車好きではなく、
トラック競技パシュートの世界チャンピオンです。

つまり、ベロドロームにおけるペースコントロールは”超一流”。

 

そんな彼が、全く同じドロップポジションにて45km/h走行。

その際に必要なパワーなどを測定します。

 

エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。

そうやって得られたデータは
「Watt Shop」のDANさんによって専用ソフトウェアに入力され、
7種類すべてのヘルメットで「Aero Watt」を算出していきます。

 

ちなみに「Aero Watt」というのは、
様々な抵抗から「空気抵抗」だけを抽出した値です。

「Aero Watt」=「〇〇km/h走行に必要な出力」-「転がり抵抗」-「駆動抵抗」

 

 

以上が、実験方法。

 

「費用やベロドローム使用時間などの制限がある中で、
なるべくベストだと思える方法を取ったつもりだ」と話します。

実験に用いられる7種類のヘルメット

【No.1】LIMAR(リマール)『535 Superlight』

エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。 limar 535エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。 limar 535
※画像クリックで拡大

参考価格:£19.99(≒3,000円)
公表重量:Mサイズ250g、Lサイズ270g

 

何の変哲もない安物ヘルメットで、
他の本命6種類と比較するための”ベースライン”として用意。

ベロドロームからの借り物だそうです(笑)

【No.2】GIRO『Synthe(シンセ) MIPS』

エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。 SYNTHE シンセ エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。 SYNTHE シンセ

価格:36,720円
実測重量:Mサイズ268g
発売時期:2014年

 

今では当たり前に見られる
「冷却性能」と「エアロ」を両立したハイブリッドタイプ

 

『Synthe』は、ルックスが良く、カラーリングも豊富なので、
高価な割には人気があるヘルメットです。

【No.3】GIRO『Vanquish(ヴァンキッシュ) MIPS』バイザー無し

エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。 vanquish バンキッシュ

価格:38,880円
公表重量:Mサイズ305g+シールド50g(実測368g)
発売時期:2017年末

 

多くの人が、バイザーを装着せずに、
好みのサングラスを掛けると考えられるため、
”バイザー無し”の条件にて、テストを行います。

 

【GIROが公表している空力データ】

エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。 vanquish バンキッシュ
※『Evade』は旧作
※速度に換算すると、250wで40km/h前後、400wで47~48km/h

 

『Vanquish』はバイザー無しでさえ
『Evade』『Manta』『Ballista』に勝っており、
本実験一番の目玉と言えるヘルメットでしょう。

 

ところで、「何も被らない」が一番速い結果が出ていたり、
同社の『Synthe』が”ベベ”になってしまっているのは面白いですね(^^)
(※48km/h走行時、『Synthe』に比べて『Vanquish』バイザー無しは-5w)

 

【GIROが公表している冷却効率データ】

エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。 vanquish バンキッシュ

また、『Vanquish』は、ガチガチのエアロヘルメットにも見えますが、
その「冷却性能」は、『Synthe』にも引けを取っていません。

【No.4】KASK『Infinity(インフィニティ)』シールドを下げた状態

エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。 kask infinity エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。 kask infinity

価格:31,860円
実測重量:Mサイズ292g
発売時期:2013年

 

エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。 kask infinity

シールドが上下にスライドするギミックを備えたヘルメット。

 

エアロ効果を最大限発揮させるため、
このシールドは”下げた状態”にしておきます。

 

エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。 kask infinity

2014年にドイツの機関が実施した風洞実験ですが、
『Evade』やTTヘルメットを上回った結果が出ています。

 

詳しくは、下のブログ記事で紹介してくれています。

 

7種類の中では最古のモデルではあるものの、期待値は高め。

【No.5】LAZER『Bullet』シールドを下げた状態

エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。 lazer bulletエアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。 lazer bullet

参考価格:£219(≒32,500円)
実測重量:Sサイズ318g
発売時期:2017年前半

 

LAZERヘルメットは、シマノが国内代理店なのですが、
この『Bullet』は輸入しておらず、日本での知名度は皆無。

 

【ZWIFT(ズイフト)】ヘルメット・ソックス・サングラス獲得方法一覧 LAZER BULLET HELMET

ですが、ZWIFTをプレイしている方には馴染みがあるでしょうw

 

KASK『Infinity』同様、
前方のシールドを上下にスライドさせて、
「冷却性能」「エアロ」を調整できる仕組みなのですが、

 

エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。 lazer bullet

シールドを上げることで、
赤丸の3箇所から空気が流入するシステムとなっています。

逆に、シールドを下げると、この3つの穴は塞がります。

 

サイドにもベンチレーション(空気孔)が配置されており、
『Infinity』よりも積極的に頭を冷やす設計なのが特徴的です。

 

エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。 lazer bullet

上の『Z1』と比較して、
45km/hで-7w、スプリント時には-10wの「空力性能」を持つ反面で、

その複雑な構造ゆえに、7種類の中で最重量(Sサイズ318g)

【No.6】POC『Ventral SPIN』

エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。 poc ventural spinエアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。 poc ventural spin

価格:41,040円
実測重量:Sサイズ264g
発売時期:2018年3月頃

 

POCは北欧スウェーデンのメーカー。

 

エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。 poc ventural spin

ウィンタースポーツの分野にも強く、平昌オリンピックで
POCのヘルメットやゴーグルを使用する選手も見受けられました。

 

エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。 poc ventural spin

ロードバイクでは「EFエデュケーションファースト」に供給していますね。

 

ただ、一般ライダーの間での使用率は低めでしょうか?

 

エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。 poc ventural spin ベンチュリー効果

『Ventral』ヘルメットは、
水の出るホースをつまむと勢い良く水が飛び出す
「ベンチュリー効果」をヘルメット内部で応用(しているらしいw)。

 

この「ベンチュリー効果」により、
高い「冷却性能」と「エアロ性能」の両立を狙ったモデルです。

【No.7】MET『Trenta(トレンタ) 3K Carbon』

エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。 MET『Trenta(トレンタ) 3K Carbon』エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。 MET『Trenta(トレンタ) 3K Carbon』

価格:39,312円
実測重量:Mサイズ228g
発売時期:2018年3月

 

エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。 MET『Trenta(トレンタ) 3K Carbon』

METのエアロロードヘルメットと言えば、
抜群の「軽さ」「空力」を誇る『Manta』のイメージが強いですが、

最新の『Trenta』は
POC『Ventral』を同じく「ベンチュリー効果」を利用することで、
『Manta』以上の「空力」「通気性」を実現しているモデルです。

 

詳しくは、下のシクロワイアードのインプレ記事をどうぞ。

MET TRENTA 3K CARBON プロチームも使用する新型の軽量ハイエンドヘルメット - 製品インプレッション
イタリアンヘルメットブランドMETより、ディメンションデータやUAEチームエミレーツも使用する新作のハイエンドヘルメット「TRENTA 3K CARBON」をインプレッション。通...

 

スポンサーリンク

実験結果と考察

エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。
※クリックで拡大

以下、Cycling Weeklyの見解を要約。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。 limar 535

驚いたことに、Limar『535 Superlight』が3位でした。

 

安いヘルメットは、シンプルでツルッとしている上に、
ベンチレーションが少ない物が多いです。

 

この事実が、思いがけず「エアロ」に繋がっているのでしょう。

 

また、

  • アゴ紐の素材、着け心地
  • ヘルメットのフィット感
  • 後頭部のアジャスターの調整しやすさ
  • 安全性

などのトータルによって価格が決まっているのであり、
「高いほどエアロ」だとは限りません。

 

エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。 kask infinity

KASK『Infinity』が、最下位だったことも少しばかり驚きました。

シールドは”下げた状態”であったにも関わらずです。

 

おそらく『Infinity』は、かなり古い(2013年発売)ヘルメットであり、
空力学的に考えて、もはや遅れたデザインなのだと考えられます。

 

エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。 poc ventural spin

とは言え、先日発売したばかりの
POCのエアロロードヘルメット『Ventral』が6位

 

つまりは「最新」=「エアロ」とも一概には言い切れません。

 

難しい……

 

エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。 MET『Trenta(トレンタ) 3K Carbon』エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。 vanquish バンキッシュ

MET『Trenta』が堂々の1位

そして、僅差(+0.4~0.7w)でGIRO『Vanquish』が2位

 

ですが、『Trenta』のほうがベンチレーションが多くて涼しそうですし、
重量を比較しても『Trenta』のほうが遥かに軽い(Mサイズ228g)利点があります。

 

エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。

『Venquish』は横幅が広い分だけ、
空力的に不利になってしまっている気がします。

 

ただ、専用バイザーを取り付ければ、
『Trenta』との結果は逆転するはずです。

 

また、「48km/h走行で『Synthe』より-5w」という
メーカーの公表データよりは良い結果が出ていますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上が、Cycling Weeklyの考察でした。

 

先に紹介した風洞実験では『Infinity』はトップでしたから、
この実験で最下位となったのは、かなり意外……(^^;

 

ヘルメットの風洞実験データは所々で目にしますが、

同じヘルメット同士の比較であったとしても、
それぞれの実験によって順位が入れ替わっていたりします。

 

ですから、ヘルメットは「実験条件」、具体的には
「実験速度」「ヘルメットの取り付け角度」「ライダーの頭の形・髪型」
などによって
空力データが大きく左右されるのではないかと思っています。

 

 

今回の実験結果を受けて、他に感じたことと言えば、
「ツルッとした外観」「メーカーの謳い文句」はアテにならない
という事でしょうか(笑)

 

エアロ対決。ヘルメット7種類Giro「Vanquish」等をテストした結果。

別の最新モデルも交えた”次回”に期待しましょう。

 

スポンサーリンク