この記事の所要時間: 219

-2w削減!?セラミック搭載LOOK『Keo Blade Carbon Ceramic』ペダル登場!

松木です。

 

サイクリストのビンディングペダルのシェア率は、
「シマノ60%、ルック20%、スピードプレイ10%、タイム(orマビック)10%」
といった所でしょうか?

 

ただ、”軽さ”を重んじるヒルクライマーに絞れば、
軽量なルック、スピードプレイ、タイムの人気は高く、
それぞれのシェア率は+5~10%になると思われます。

 

-2w削減!?セラミック搭載LOOK『Keo Blade Carbon Ceramic』ペダル登場!

ちなみに自分は2011年頃からLOOK一筋。

  • シマノより軽い
  • 「カーボンバネ交換」「軸のグリスアップ」といったメンテナンスが簡単
    (cf.タイムは非売の専用工具を用いないと軸を取り外せない)
  • 消耗品であるクリートが安い(cf.スピードプレイのは高い)
  • 軸・ボディの「耐久性」も十分(333時間/1700w/100rpmに相当する耐久テストを実施)

 

こういったメリットを感じていますね(^^)

 

……ですが、一点だけ不満も感じてまして……

 

 

回転が滑らかじゃない!

 

 

-2w削減!?セラミック搭載LOOK『Keo Blade Carbon Ceramic』ペダル登場!

「抵抗になる」というのは勿論ありますし、

上の写真を見ての通り
赤丸の重たい側が常に下を向いてくれないために
クリートキャッチに手こずることもしばしば……

 

ですから、実際
「ベアリングをセラミックに打ち換えてやろうか」
と企てたこともありましたね~(笑)

 

 

さて、ここからが今回の本題。

 

-2w削減!?セラミック搭載LOOK『Keo Blade Carbon Ceramic』ペダル登場!

LOOK『Keo Blade Carbon Ceramic』

その名の通り、軸に最高品質セラミックベアリングを使用する最新2019年モデル。

 

 

-2w削減!?セラミック搭載LOOK『Keo Blade Carbon Ceramic』ペダル登場!

  • 「完璧に近い球体」「セラミック特有の硬さ」「最適化されたグリス」により、
    現行のスチール製ベアリングと比べて摩擦抵抗は-18%減!
  • セラミックは、現行のスチール製ボールより丸くて硬く、”ほこり”や”堆積汚れ”に強い。
    更に「耐腐食性」の高い物理的特性により寿命はスチール製ベアリングの4〜6倍!

 

唯一のウィークポイントを克服したLOOKペダルの”完全体”と言っていい代物。

早速その特徴をチェックしていきましょうか。

 

【関連記事】

LOOK KEO 2 MAXペダルが8年ぶりにモデルチェンジ。パワー伝達性と滑らかさが向上。
 松木です。 LOOKのミドルグレードペダル「KEO 2 MAX」が久しぶりにモデルチェンジされます。 ある2つの改良によって「パワー伝達性」と「滑らかな回転...

 

スポンサーリンク

LOOK『Keo Blade Carbon Ceramic』の詳細スペック

-2w削減!?セラミック搭載LOOK『Keo Blade Carbon Ceramic』ペダル登場!

-2w削減!?セラミック搭載LOOK『Keo Blade Carbon Ceramic』ペダル登場!

【素材】カーボン
【バネ強度】12、16、20Nmの3種類
【軸素材】クロモリCrとチタンTiの2種類
【ベアリング素材】セラミック
【プラットフォーム面積】700㎟
【プラットフォーム幅】67mm
【Qファクター】53mm
【スタックハイト+クリート】8.5mm+6.3mm=14.8mm
【公表重量】Cr軸220g、Ti軸190g
【価格】Cr軸189.90€(円換算23700円)、Ti軸未定
【公式HP】https://www.lookcycle.com/en/pedale/keo-blade-carbon-ceramic/

 

-2w削減!?セラミック搭載LOOK『Keo Blade Carbon Ceramic』ペダル登場!-2w削減!?セラミック搭載LOOK『Keo Blade Carbon Ceramic』ペダル登場!

根元のカートリッジベアリングにセラミックを採用。

プラットフォーム中央直下のニードルベアリングはスチール製のままです。

 

その他の基本スペックに関しては、
2017年にリニューアルした第3世代『Keo Blade』と同じ。

 

表面上のデザインにも変化している箇所は見当たらず、
「2019年モデル第4世代=第3世代のカートリッジベアリングをセラミックに交換」
なのかと最初は思いましたが、

HPをよくよく読んでいくと、以下の記述がありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【最適化されたスピンドル(軸構造)】

-2w削減!?セラミック搭載LOOK『Keo Blade Carbon Ceramic』ペダル登場!

新しい『Keo Blade Carbon Ceramic』のスピンドルは、完全に再設計されています。

 

ペダルプラットフォームの直下で、
特大の軸が”内蔵ローラー”と”セラミックベアリング”を
通り抜けるように組み立てられてます。

この新たな構造によって100rpmで約-2wを実現。

 

また「ローラー~ニードルベアリング」間の距離が25%増加。

これにより、スピンドル全長に渡って「剛性」はUPし、
ひいては「パワー伝達性」の向上にもつながっています。

 

そして、更なる「信頼性」「寿命」のために「耐水性」も120%向上させました。
(防水性能はIPX6(ジェット噴射OK)、IPX7(水没OK))

これを成し遂げるべく、新しいスピンドルは、
Oリングワッシャーを備えた改良型エンドプラグで蓋をされ、
また、内部に二重リップシールも取り付けられています(上図参照)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

……なんともイメージづらい説明ではありますけど、
これを読む限りは、セラミックベアリングだけでなく、
スピンドルも大分良くなっている可能性が高そう(^^)b

 

嘘か誠か「100rpmで約-2w」という文言にも惹かれます。。。

 

-2w削減!?セラミック搭載LOOK『Keo Blade Carbon Ceramic』ペダル登場!

19年間の長きに渡りLOOKペダルを愛用しているロマン・バルデ。

彼を擁するAG2Rは、3月のパリ~ニースでCeramicモデルを実践投入済み。

そして、Cr軸モデルならば、海外通販で既に購入可能。

 

HPの方にはCr軸の説明しかなく、
「まさか……Ti軸は出さない??」と一瞬肩を落としたものの、
デジタルカタログ内にTi軸モデルのラインアップも発見ε-(´∀`*)ホッ

 

LOOK愛用者としては決して見逃せませんから、
Ti軸発売と同時に脱兎の如く飛びつくつもりでいます(笑)

 

『Keo Blade』26%オフ!!(画像クリック)

スポンサーリンク