この記事の所要時間: 321

 

UCIコンチネンタルサイクリングチームであるマトリックスパワータグが、
Jプロツアー第3、4戦での各選手のタイヤタイプ/空気圧を公表しました↓

 

これについて少し考察してみましょう。

あっ、ちなみにここの「松木さん」は当たり前ですが私ではないです(笑)

 

【関連記事】
タイヤ熟考Ver1「転がり抵抗」≠「タイヤと地面との摩擦による抵抗」
タイヤ熟考Ver2「最速の空気圧」は意外と低い?インピーダンスという罠。

タイヤ熟考Ver3「タイヤは空気圧が9割」手っ取り早いBEST圧発見法
 松木です。 Ver1,2で、タイヤの「転がり抵抗」に関してかなり深い所まで掘り下げて考えてきました↓  ただ、性能の優れたタイヤとチューブを揃え、...

スポンサーリンク

ロードバイクタイヤの空気圧に関する考察

Jプロツアー第3,4戦の中央森林公園コースプロフィール

広島森林公園
Photo:Satoru Kato

まずレースが行われた場所に関しては、
広島県立中央森林公園のサイクリングコース周回12.3km(標高差111m、獲得233m)

基本的に上り下りしかないジェットコースターのようなプロフィール。

高速ダウンヒル中のコーナーもあり、
いつもよりもタイヤの空気圧は下げたくなるようなコースです。

特に2日目は天候が雨だったために、さらに危険度が増していました。

 

以上を踏まえて、
マトリックスパワータグ各選手のタイヤ情報、体重を見てみましょう。

Jプロツアー第3,4戦におけるマトリックス選手9名のタイヤ

「タイヤ空気圧7bar」は古い知識。6bar基準の頭に変換せよ!
(ホイールはMavic、リム内幅は19か21㎜だと思われます)

  • 「28cのチューブレス」の選手が多い。これはおそらく中央森林公園対策のためで、難易度の低いコースであれば25cを履いていそう。
  • 28c、チューブレスを考慮すると全体的に空気圧が高い印象を受ける。個人的な感覚ではあと-0.5~0.6barであればしっくりくる。
  • 「タイヤのタイプ」「体重」と「空気圧」の間にはほとんど相関関係は見られない。つまり選手各々のフィーリングで決めているのだと思われる。
  • 2日目のウェットコンディションでは-0.5bar以上下げている選手が多い。特にフェルナンデス選手に関しては1.5barも落としている。
  • 前後で空気圧を変えているのは9名中3名。その差は0.2~0.3bar。

MyMavicが推奨する空気圧

例えば、スマホアプリMyMavicを使用した場合、
体重64kg、車重7.5kg、Disc Wheel、リム内幅19㎜、TLR、路面ドライ、パフォーマンス重視
で推奨空気圧を算出すると、

MyMavic

随分と低い……

Pirelliが推奨する空気圧

続いては、ピレリが公表しているTLRの推奨空気圧を見てみると、

ピレリ 推奨空気圧

赤枠が先のMyMavicと同じ条件の部分。

MyMavic程ではないにしてもやはり5.2barと低い点は同じです。

沢田選手の空気圧の話

最後に、2020シクロクロス全日本選手権を優勝した沢田選手(体重62kg)が、
先日noteに上げられた投稿を引用させていただきます。

ザックリまとめると↓

  • 練習では25cのクリンチャータイヤを履いている
  • 2020年まで6barで乗っていたが、年明けの合宿で仲間を参考に7barまで上げてみた
  • それ以降、スピードを出している訳でもないのに、下りで恐怖心を感じるようになった
  • 「7barが高いのでは?」と思い、6barに下げた所、安定感・グリップ感が全然違った
  • 今後は6barを基準に±0.2barでベストなフィーリングの空気圧を探っていきたい

 

 

私自身に関しては「GP5000 25c +ラテックスチューブ」が通常仕様。

”グリップ力”と”振動吸収性”はお墨付きのド定番の組み合わせですが、
それでも空気圧6bar後半まで入れてしまうと、下りコーナーで怖く感じます。

きっと沢田選手が抱いたものと同じ感覚でしょう……

my mavic アプリ 使い方 タイヤ熟考Ver3「タイヤは空気圧が9割」手っ取り早いBEST圧発見法

MyMavicでもフロント5.9bar、リア6.2barと出ますし、
今後はこれを基準に微調整していきたいと思いましたね(^^;


スポンサーリンク