この記事の所要時間: 336

 

松木です。

 

低酸素が凄い!100日前からの入念な準備、緻密な戦略【アワーレコード】

4月16日に55.089kmという驚異的なアワーレコードを成し遂げた
Victor Campenaerts(ヴィクトール・カンペナールツ)

 

55km/h!人類最速マシンRIDLEY『Arena TT』をCheck【アワーレコード】
 松木です。 https://youtu.be/ICk3aID5xLs「1時間でどれだけ前へと進めるか?」 そのシンプルな疑問に答えを見出すべく、146年前の1873年(ジェームズ...

 

人類最速の男が身に付けていたものの秘密【アワーレコード】
 松木です。  前回に引き続きアワーレコードの話。 Victor Campenaerts(ビクター・カンペナールツ)はいかなるウェア・装備を纏いながら55kmを駆...

 

機材編」「ウェア・装備編」と見てきましたが、
今回はアワーレコード当日までの「準備編」です。

 

成功のために彼が積み重ねてきた
「4ヶ月近い準備」「高地トレーニング」は、
一体どんなものだったのでしょうか?

 

【参考にした記事】

 

Victor Campenaerts is going to break the World Hour Record - Ridley
Read all our blogs that lead up to Campenaerts' attempt on April 16 or 17 and discover every piece of information that you need... Read more...

 

スポンサーリンク

アワーレコードの会場にメキシコを選んだ理由

アワーレコードに挑戦するトラックは、
ルールに適合しさえすれば何処でも構いません。

 

Campenaertsが選んだのは……

 

アワーレコードの会場にメキシコ「アグアスカリエンテス」を選んだ理由

メキシコ「アグアスカリエンテス」ベロドローム

 

アワーレコードの会場にメキシコ「アグアスカリエンテス」を選んだ理由

その海抜高度は1880m

空気が薄い、つまりは空気抵抗も小さいことから、
アワーレコードの挑戦地として人気の地です。

 

では、どれほどのアドバンテージが得られるのか?

 

標高 空気抵抗 データ
(縦軸:パワーUPまたはDOWN率、横軸:海抜高度)

イエロー(「空気が薄い=空気抵抗が小さい」によるパワーUP率)」
-「オレンジ(「空気が薄い=身体能力が落ちる」によるパワーDOWN率)」
=「ブルー(正味のパワーUP率)」

 

このグラフによれば、
高度2750mが「ブルー」のピークとなり、
その「正味のパワーUP率」はなんと約+13%

 

アグアスカリエンテスのベロドロームの高度1880mでは870mほど足らず、
「パワーアップ率」は約+11.5%と、少々下がってしまうのですが、

アワーレコードのルールに適合する中ではBESTだと考えられていて、
高度0mと比べ、距離にして1500mものアドバンテージが得られるのだそう。

 

CampenaertsがWigginsを上回った距離は563mでした。

つまり、会場選択を妥協していたならば、
記録更新は叶わなかったかもしれないという事です。

 

スポンサーリンク

アワーレコード達成までの100日間

1/2~3/3:ナミビアでのトレーニングキャンプ

低酸素が凄い!100日前からの入念な準備、緻密な戦略【アワーレコード】

年が明けてすぐ。

南アフリカのナミビアにて2か月間のキャンプを実施。

高度1730m、気温35℃

 

メキシコ「アグアスカリエンテス」の高度1880m、気温30℃に近く、
「高地順応」「高温順応」が同時に実施できるナミビアは、
アワーレコード挑戦に向けた最高のトレーニング環境だと考えられました。
(血液量、赤血球が増える結果、筋肉へのO2供給能力が向上する)

 

ロードバイク 高地 標高 空気抵抗が小さい

アグアスカリエンテスの酸素濃度は、
高度0m地点の79%しかありません。

 

先ほど「1500mのアドバンテージが得られる」とは言ったものの、
あくまで「低酸素下でも本来に近いパフォーマンスを発揮できたら」の話。

そのために十二分な「高地順応」を行うことは欠かせませんでした。

3/4~19:休暇⇒レース「ティレーノ〜アドリアティコ」

キャンプを終えて3月4日にベルギーへと帰宅。

彼女と自由な休暇を過ごします。

 

この間も体調管理に配慮していたのはもちろん、
身体の「高地順応」が解けないようにするため、

必要に応じて低酸素ルームで睡眠したのだそう。

 

ちなみに「低酸素ルーム」と明記されているので、
ちょっとした施設のような、大掛かりな部屋なのだろうと思うのですが、

 

低酸素テント ロードバイク

昨今のご時世、「低酸素テント」なら誰でも購入することが可能こちら

 

30万円弱と、高級ホイールぐらいですね~(^^)

以前に紹介した神Zwifter、Vintinさんも持っているそうですよ(笑)

 

 

 

閑話休題。

1週間弱の束の間の休息を取ったCampenaertsは、
3月11日からイタリアの7ステージレース「ティレーノ〜アドリアティコ」に参加。

 

7ステージレース「ティレーノ〜アドリアティコ」

向かえた最終第7ステージの個人タイムトライアル。

 

2018年の世界選手権TTの勝者ローハン・デニス、
同2位
トム・ドュムランの2人を抑えてのステージ優勝。

 

ナミビアでのトレーニングキャンプの効果を実感すると共に、
1ヶ月後に控えたアワーレコードに良い弾みを付けました。

3/20~4/15(前日):リフレッシュ⇒アワーレコード挑戦の地メキシコへ

「ティレーノ〜アドリアティコ」の終えてベルギーへと帰還。

家族や彼女、友人たちと過ごすリフレッシュ週。

 

それでも、

  • 高度2400mに相当する低酸素ルーム内での睡眠
  • ルーベのベロドロームを使った走行テスト
  • 管理された気候におけるトレーニング
  • 乳酸値測定

など、アワーレコードに向けた準備は怠らず。

 

低酸素が凄い!100日前からの入念な準備、緻密な戦略【アワーレコード】

1週間後の3月27日、メキシコへと出発。

 

いち早く時差ボケを解消すべく
渡航中の24時間は起き続けて、
メキシコでの最初の夜をグッスリ眠れるように。

 

そして、メキシコにいる間も基本的には
高度3000mに相当する低酸素ルームで寝るようにしていたそうな。

 

低酸素が凄い!100日前からの入念な準備、緻密な戦略【アワーレコード】

低酸素が凄い!100日前からの入念な準備、緻密な戦略【アワーレコード】

アワーレコード当日までの20日間。

 

アグアスカリエンテスの時間・高度・気温に身体を適応させつつ、

会場となるベロドロームにて、
「最短のライン取り練習」「使用ギアの決定」「本番を模したコーチKevinとの連携」など。

 

細かい所まで一つ一つ最適化していくCampenaerts一同。

 

低酸素が凄い!100日前からの入念な準備、緻密な戦略【アワーレコード】 食事

「食事管理」も徹底。

練習量から必要な摂取カロリーを割り出し、
それに応じた食事をシェフが用意してくれました。

言わずもがなPFCバランスも完璧です(^^)

 

 

そんな風に着々とアワーレコードへの準備を進めていき、
残り3~5日からは「リカバリー」へと切り替え。

トレーニングは、鈍らない程度に身体に刺激を入れるのみ。

 

低酸素が凄い!100日前からの入念な準備、緻密な戦略【アワーレコード】 ブルーライト

アワーレコード3日前となる4月13日の朝5時の様子。

ブルーライトを目に当てながらローラーを回し、身体を起こしています。

 

低酸素が凄い!100日前からの入念な準備、緻密な戦略【アワーレコード】 メラトニン

睡眠リズムは体内のメラトニン量と密接に関係しているのですが、
ブルーライトは、そのメラトニン量を調整する役割を果たします。

 

アワーレコードのスタートは午前11時。

ですが、ホルモン的な観点からすると、
午後に最高のパフォーマンスを発揮できるのだそう。

 

となると、11時というのはスタートには少し早い時間帯……

 

そこで、「11時を午後」だと身体に錯覚させようと
19時にベッドに入って20時~4時半睡眠という”前倒し”の生活リズムに。

 

そのリズムを身体に確立すべく、
17時以降はブルーライトカット眼鏡(メラトニン量⤴)、
逆に、朝にはブルーライト照射眼鏡(メラトニン量⤵)。

 

 

低酸素が凄い!100日前からの入念な準備、緻密な戦略【アワーレコード】

以上の100日間に及んだ緻密で入念な準備の結果、

「自信に満ち溢れていて、メンタルは落ち着いている。
前日でもリラックスしていて、いつも通りに眠れたよ!」

 

最終回『本番編』へと続きます。

 

スポンサーリンク