この記事の所要時間: 34

 

松木です。

 

「1時間でどれだけ前へと進めるか?」

 

そのシンプルな疑問に答えを見出すべく、
146年前の1873年(ジェームズ・ムーアの23.331km)より挑み続けてきた人類は、
(UCI公認は1893年アンリ・デグランジュの35.325km)
Victor Campenaerts(ヴィクトール・カンペナールツ)によって、ついに55kmを突破!

 

Wigginsの記録54.526kmを563m上回る55.089kmに到達しました。

 

科学の結晶。アワーレコード成し遂げたマシンをチェック!RIDLEY Arena TT Victor Campenaerts

 

「実施環境」「トレーニング」「機材」「ピーキング」「ペース配分」

 

そういった一つ一つの要素を、
極限まで高めなければ成し得ないアワーレコード。

 

”速さのエッセンス”が詰まった競技であり、
深く検証する価値は大いにあると考えます。

 

そこで「機材編」ウェア・装備編」「準備編」「本番編の4回に分け、
アワーレコードを達成できた理由に迫ってみることにしましょう。

 

科学の結晶。アワーレコード成し遂げたマシンをチェック!RIDLEY Arena TT Victor Campenaerts

今回は「機材編」です。

 

スポンサーリンク

55kmの壁を打ち破った人類最速マシン7.6kg

フレーム:カスタムメイドRIDLEY『Arena TT』
エアロバー:フルカスタムメイド
ホイール:Campagnolo『GHIBLI(ギブリ)』
タイヤ:Vittoria『Pista Evo CL』22c
クランク:Campagnolo『Super Record』
チェーンリング:特注アルミ製60T
スプロケット:特注製14T
チェーン:ロード用
BB:C-BEARセラミックベアリング
サドル:ISM『PS2.0』
ペダル:LOOK『Keo Blade Carbon』20Nm
パワーメーター:SRM(クランク型)
サイコン:SRM-PC8(走行中の確認は禁止のためサドル下に装着)

フレーム:RIDLEY『Arena TT』

科学の結晶。アワーレコード成し遂げたマシンをチェック!RIDLEY科学の結晶。アワーレコード成し遂げたマシンをチェック!RIDLEY科学の結晶。アワーレコード成し遂げたマシンをチェック!RIDLEY科学の結晶。アワーレコード成し遂げたマシンをチェック!RIDLEY

エアロバーとトップチューブに記された「60」の数字。

その他、シートチューブにも「時計⇒アワーレコード」を連想させるペイントの数々。

彼のあだ名である「VOCSNOR」やトレードマークの「ヒゲ」も。

 

フレームは、既製品のRIDLEYのトラック用『Arena TT』

ただし、CampenaertsのTTポジションに合わせたオリジナルジオメトリーです。

フレームがオーダーメイドとは凄い……

 

科学の結晶。アワーレコード成し遂げたマシンをチェック!RIDLEY F-Surface Plus

見えづらいですが『F-Surface Plus』と呼ばれる溝(上図は『Noah Fast』)を、
ヘッドチューブ、フォーク、ダウンチューブ、シートポストの4ヵ所に配置。

 

逆説的に聞こえるかもしれませんが、
あえて空気の乱流を発生させることで、空気抵抗を削減することが出来ます↓

「空力性能を高める」として物言いがついたボルテックスジェネレーターとは?
 松木です。 ツール・ド・フランス2017、第一ステージの個人TTは、チームスカイのゲラント・トーマスが制しました。 しかも、10位までの間にチームスカ...

 

 

科学の結晶。アワーレコード成し遂げたマシンをチェック!RIDLEY DHバー

続いてエアロバー。

エイリアンチックな有機形状は、Campenaertsの両腕から型取られています。

 

科学の結晶。アワーレコード成し遂げたマシンをチェック!RIDLEY DHバー

そのため、肘~手首までを包み込むようにフィットし、エアロ効果は抜群。

 

RIDLEY Arena TT Victor Campenaerts アワーレコード成し遂げたマシンをチェック!RIDLEY エアロバー

ブルホーン部分のハンドル幅は必要最低の33cmしかありません。

これは、スタート直後の加速時にしか握らず、
その後は空気抵抗の邪魔にしかならないパーツであるため。

 

実際握っていたのはちょうどトラック1周、スタートから25秒間だけでした。

足回り:Campagnolo『GHIBLI』+Vittoria『Pista Evo CL』

科学の結晶。アワーレコード成し遂げたマシンをチェック!RIDLEY ホイールはCampagnolo『GIBLI ULTRA』

ホイールはCampagnolo『GHIBLI』

もちろんCULTベアリング仕様です。

 

公表重量は、フロント800g/リア825g。

国内定価だとほぼ90万Σ(゚Д゚)!?

 

科学の結晶。アワーレコード成し遂げたマシンをチェック!RIDLEY Victor Campenaerts Vittoria『Pista Evo CL』

タイヤはVittoria『Pista Evo CL』22c(公表150g)

なぜか新型コンパウンド「グラフェン2.0」を使った『Pista Speed』は未選択。

 

タイヤで妥協する事など絶対あり得ません。

最新の『Pista Speed』よりも『Pista Evo CL』の方が、
実験的に速いという結果が出たのでしょうかね。。。

 

※追記:下のサイトによれば『Pista Evo CS』21cが最速となっており、
それに近い『Pista Evo CL』22cも「転がり抵抗」が低いと推測されます。

Cycling Power Lab
Performance modelling technology for power equipped coaches, cyclists and triathletes. Ride performance simulated, explained, improved and optimised.

 

Wiggleの『Pista Speed』高っwww↓

 

科学の結晶。アワーレコード成し遂げたマシンをチェック!RIDLEY Victor Campenaerts Vittoria『Pista Evo CL』

前レコードホルダーであるWigginsの挑戦時に用意された
スペシャルカラー”ゴールド”をCampenaertsも使用。

 

空気圧は、最低空気圧である10barに設定。

このタイヤは15barまで充填可能なんですが、
MAXまで入れないのは「インピーダンス」の悪影響により
逆に転がり抵抗が大きくなるからだと考えるのが妥当です↓

タイヤ熟考Ver2「最速の空気圧」は意外と低い?インピーダンスという罠。
 松木です。 前回、タイヤの「転がり抵抗」の主な要因が、「タイヤと地面との摩擦による抵抗」ではなく、タイヤが地面と接地し、変形した際に発生する熱によ...

駆動系パーツ

科学の結晶。アワーレコード成し遂げたマシンをチェック!RIDLEY チェーンリング ギア 歯数

チェーンリングとスプロケットはいずれも特注品。

 

万全を期して、6枚ずつ
チェーンリング58~63T、スプロケ13~18Tを準備しましたが、
最終的に本番で選択されたのは60-14T(ギア比4.285)

Wigginsの58-14T(ギア比4.142)よりも重いギアにて挑戦。

 

これはチェーンリング53Tであった場合、
スプロケ12T(ギア比4.416)と13T(ギア比4.076)の間の重さに相当。

 

……およそ人間が平地で使うギアではありませんよね(^^;

 

科学の結晶。アワーレコード成し遂げたマシンをチェック!RIDLEY Victor Campenaerts チェーンはロード用

チェーンはトラック用ではなく、摩擦抵抗の少ないロード用をチョイス。

これがアワーレコードにおけるセオリー。

 

また、新品状態のDura-Aceチェーンを最適化することで、
最大-5wの削減が見込めるとの実験結果もありますから、
何らかの特殊コーティングを施しているのは間違いありません。

 

RIDLEY Arena TT Victor Campenaerts アワーレコード成し遂げたマシンをチェック!RIDLEY エアロバー チェーン

Wigginsのアワーレコード時のエピソードですが、

チェーンを提供した潤滑剤メーカーMuc-Offは、
「検査機器の製作」「1時間低抵抗を維持する潤滑剤の開発」のために
およそ100万円もの研究費を投じたのだという。

 

そこまで行う価値が、チェーン潤滑剤にはあるという事でしょう。

ちなみに自分が使っているのはCeramic Speed『UFO Drip』

科学が実証する世界最速のチェーンオイルCeramicSpeed『UFO Drip Chain Coating』
 松木です。 駆動系の摩擦軽減アイテムを手がけるトップブランドCeramicSpeedがチェーンオイル『UFO Drip Chain Coating』を発表。 セラミックスピード ...

 

 

科学の結晶。アワーレコード成し遂げたマシンをチェック!RIDLEY C-BEAR Victor Campenaerts

最後にセラミックBB。

Campenaertsが所属するUCIチーム
「ロット・ソウダル」が供給を受けているベルギー産のC-BEAR

国内ではJPスポーツが取り扱っています。

 

ロットソウダル×Ridley『Helium SLX』 【最新機材】2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達③

愛らしい熊のマスコットを侮るなかれ!

自腹購入するプロチームの存在していることから、
その「信頼性」と「品質の高さ」は折り紙付き。

 

 

RIDLEY Arena TT Victor Campenaerts アワーレコード成し遂げたマシンをチェック!RIDLEY エアロバー

次回「ウェア・装備編」へと続きます。

 

スポンサーリンク