この記事の所要時間: 244

 

松木です。

 

55km/h!人類最速マシンRIDLEY『Arena TT』をCheck【アワーレコード】
 松木です。 https://youtu.be/ICk3aID5xLs「1時間でどれだけ前へと進めるか?」 そのシンプルな疑問に答えを見出すべく、146年前の1873年(ジェームズ...

 

前回に引き続きアワーレコードの話。

 

55km/h!Victor Campenaertsのウェア・装備【アワーレコード】 【ヘルメット】HCJ『Adwatt』

Victor Campenaerts(ビクター・カンペナールツ)は
いかなるウェア・装備を纏いながら55kmを駆け抜けたのか?

 

その理屈とともに掘り下げていきましょう。

 

【関連記事】

高地トレMAX!100日前からの綿密かつ入念な準備【アワーレコード】
 松木です。 4月16日に55.089kmという驚異的なアワーレコードを成し遂げたVictor Campenaerts(ヴィクトール・カンペナールツ)   「機材編」...

 

奇跡の70分間の軌跡!偉業達成までのVictorの行動と思考【アワーレコード】
 松木です。 https://youtu.be/ICk3aID5xLsアワーレコードシリーズ最終回『本番編』です。 【これまでの記事】   アワーレコード直前の1...

 

スポンサーリンク

Victor Campenaertsが身に付けていた装備

アワーレコード本番中のCampenaertsの姿。

 

ルール上、ゴチャゴチャ身に付けることはできない代わりに、
そのルールの範囲内で出来る限りの策を講じています。

【ヘルメット】HJC『Adwatt』バイザー無し

55km/h!Victor Campenaertsのウェア・装備【アワーレコード】 【ヘルメット】HCJ『Adwatt』

エアロヘルメットはHJC『Adwatt』(Mサイズ/280g、バイザー有りだと+70g)

Campenaertsの頭を3Dスキャンし、
彼の頭型にフィットするように内部がカスタマイズされています。

 

HJC『フリオン』VS ボントレガー『バリスタ』ヘルメット比較インプレ。
 松木です。 HJC『FURION(フリオン)』ヘルメットを購入しました。 今年から「ロット・ソウダル」に供給開始し、”ゴリラスプリンター”であるアンドレ・...

 

HJC Adwatt モータースポーツで培ったテクノロジーを投入したTTヘルメット - 新製品情報2019
ロット・スーダルが使用するヘルメットブランド、HJCからタイムトライアルヘルメット「Adwatt」が登場。モーターサイクル向けヘルメットの開発で培ったエアロダイナミク...

 

HJCやヘルメットの特徴に関しては上の記事に任せるとして、
「バイザー無し」であるという点に注目。

 

55km/h!Victor Campenaertsのウェア・装備【アワーレコード】 【ヘルメット】HCJ『Adwatt』

こちらはWigginsのアワーレコード挑戦時の写真。

バイザーを装着しており、いかにも速そうな見た目ですが……

 

55km/h!Victor Campenaertsのウェア・装備【アワーレコード】 【ヘルメット】HCJ『Adwatt』
Photo:Yuzuru SUNADA

Campenaerts曰く、

「バイザー無しなのは、私に特別なこと。

バイザー有りの方が速い仲間Tiesj Benoot(上の写真)と違って、
私の場合はエアロダイナミクスは良くならないんだよ。

それに、バイザーが無ければ、
ヘルメット内に空気を取り込みやすくなる分だけ”冷却効果”は高く、
パフォーマンスアップにもつながる。」

 

無条件に「バイザー有り=速い」と思いがちですが、
実際のところは”人それぞれ”

Campenaertsの場合は、
風洞実験上「バイザー有りでも特に速くはならない」と判明したために、
頭部が蒸れるだけのバイザーはデメリットでしかない訳ですね(^^;

【グローブ】未着用

科学の結晶。アワーレコード成し遂げたマシンをチェック!RIDLEY DHバー

アワーレコードではグローブの着用は許されています。

しかしながら、Campenaertsは(Wigginsも)素手で挑みました。

 

グローブのエアロ効果は極めて小さいと分かっている。

それに、素手だと身体の熱を効果的に逃がせるしね!」

 

55km/h!Victor Campenaertsのウェア・装備【アワーレコード】 グローブ

最近では縦縞の溝(Bioracerでいう”Air Stripe”)を入れた
いわゆる「エアログローブ」と呼ばれるものが増えています。

上のaerocoach『Attack Speed』もその一つ。

 

ですが、aerocoachの風洞実験によれば……

 

ロードバイク グローブ エアロ効果

最も空気抵抗が少ないのは”毛を剃った素手”。

 

つまり、エアログローブというのは、
「エアロ効果を高めることができるグローブ」ではなく、
「グローブ装着による空力悪化を最小限に抑えるためのグローブ」

 

ですから、
Campenaertsを始めとするアワーレコード挑戦者の多くが
あえて”素手”を選択するのは、非常に合理的だと言えるのです。

 

RIDLEY Arena TT Victor Campenaerts アワーレコード成し遂げたマシンをチェック!RIDLEY エアロバー

素手で”グリップ力”が足らなくなる問題に関しては、
手のひらに「滑り止め」(写真の白いのがそれ)を塗って対処。

 

【シューズ&ソックス】GAERNE(ガエルネ)新型エアロモデル

エアロヘルメットと同等の効果がある最高のエアロシューズカバーとは?5種類の使用歴を元に考えてみる。
 松木です。 フレーム、ホイール、ウェア、ヘルメット。そういった部分のエアロ効果も大きいですが、あまり気にされないのがシューズカバーだと思います。&nb...

 

アワーレコードにおいて
足回り最強の装備である「シューズカバー」は禁止。
(愛用しているシューズカバー↓)

 

55km/h!Victor Campenaertsのウェア・装備【アワーレコード】 エアロソックス

そのため、シューズとソックスを最大限エアロに。

どちらもアワーレコードのために開発されたもので、
現時点では市販はされておりません。

 

【マニアック】最速の足周りは?風洞実験データから考察する。
 松木です。  TTなんかでは、シューズカバーを付けて「空力」を高めるのが当たり前。ロードレースでも、天候次第では付けた方が得策なのは間違いありま...

 

上の記事で話した通り
ソックスの縦縞の溝に空力学的なメリットは皆無なのですが……

 

55km/h!Victor Campenaertsのウェア・装備【アワーレコード】 エアロソックス

アワーレコード本番で使用されたものは、
溝が”斜め”に入った改良型タイプでした。

 

ふむ……これは興味深い……

 

55km/h!Victor Campenaertsのウェア・装備【アワーレコード】 エアロソックス

シューズのほうに見られる工夫としては、
ゴテゴテする「ベルクロ」「クロージャ―」ではなく「靴紐」

そして、その靴紐さえもゴムのカバーで覆ってしまえる構造。

 

更に、なるべくシームレスに、凹凸を少なくした結果、
なんとシューズカバーを装着するよりも速いのだそう∑(゚Д゚ )

【スキンスーツ】Vermarc(フェルマルク)

55km/h!Victor Campenaertsのウェア・装備【アワーレコード 【スキンスーツ】Vermarc(フェルマルク)

CampenaertsのTTポジションに合わせて
オーダーメイドされたスキンスーツ。

 

「半袖と長袖のエアロ効果差は、本当に微々たるものでしかない。

それならば予想気温30℃における”クーリング性能”を優先すべきだ。」

 

55km/h!Victor Campenaertsのウェア・装備【アワーレコード 【スキンスーツ】Vermarc(フェルマルク)

肩~肘の外側に”ディンプル”のような模様が見られるものの、
その他に目ぼしい特徴は見られない、至って普通のスキンスーツ。

 

ただ、
「このスーツに作り上げるためにVermarcと共に多大な努力を費やした」そうですから、
一見しただけでは分からない”考え抜かれたこだわり”が詰まっているのでしょうねぇ。

 

 

今回はここまで。

 

55km/h!Victor Campenaertsのウェア・装備【アワーレコード】

次回「準備編」へと続きます(^^)b

 

スポンサーリンク