この記事の所要時間: 30

 

松木です。

 

プロが使う2019年ツアー・ダウン・アンダーの最新バイク・機材達

15日から男子エリートが始まった「サントス・ツアー・ダウンアンダー」

 

2019年のシーズンインを告げる6ステージレースであると同時に、
各チームが使用する最新機材のお披露目の場にもなっており、
ここでニューモデルを発表するメーカーも少なくありません。

 

そこで、オーストラリア選抜チームを除いた18チームの
フレーム・機材を4回に分けてチェックしていこうかと思います(ABC順)
(画像クリックで拡大します)

 

【関連記事】

【最新機材】2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達②
 松木です。 ツアー・ダウンアンダー第二ステージは、パトリック・ベヴィン(CCCチーム)がステージ優勝。 前回同様、各チームのバイクをピックアップし...

 

【最新機材】2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達③
松木です。 ツアー・ダウンアンダー第三ステージを射止めたダリル・インピー(ミッチェルトン・スコット) 今回は、彼の愛機『Foil RC』を含めた4チームの機...

 

【最新機材】2019年ツアー・ダウンアンダーを闘うマシン達④
 松木です。 ツアー・ダウンアンダー最終第6ステージ。決戦の地「ウィランガヒル」(距離3km/勾配7.5%)を最速で駆け上がったリッチー・ポート(トレック・セ...

 

スポンサーリンク

AG2R・ラ・モンディアル×Eddy Merckx『EM525』

プロが使う2019年ツアー・ダウン・アンダーの最新バイク・機材達

AG2R・ラ・モンディアル プロが使う2019年ツアー・ダウン・アンダーの最新バイク・機材達

AG2R・ラ・モンディアル プロが使う2019年ツアー・ダウン・アンダーの最新バイク・機材達

フレーム:Eddy Merckx『EM525
コンポ:Campagnolo『Super Record EPS 11s』
クランク:Rotor『2inPower』+真円『noQ』54-39T
スプロケ:Shimano『CS-R8000』(「耐久性」や「変速性能」を考慮してのチョイス)
チェーン:KMC『X11SL Ti』
ハンドル&ステム:Deda『Super Zero』
バーテープ:Lizard Skins
ホイール:Mavic『Cosmic Ultimate』+『Comete Pro Carbon SL』(ステージによりモデルを使い分ける)
タイヤ:Veredestein『Fortezza Senso T』25cチューブラー
ペダル:LOOK『Keo Blade Carbon』
サドル:fi’zi:kカーボンレール(選手によりモデルを使い分ける)
ボトルケージ:Elite『Custom Race Plus』
パワーメーター:Rotor『2inPower』
車体重量:7.24kg

 

AG2R・ラ・モンディアル プロが使う2019年ツアー・ダウン・アンダーの最新バイク・機材達

AG2R・ラ・モンディアル プロが使う2019年ツアー・ダウン・アンダーの最新バイク・機材達

「軽さ」「エアロ」「快適性」を兼備するエディ・メルクス『EM525』

 

以前から存在しましたけど、AG2Rに支給されているのは、
形状がブラッシュアップされた2019年モデルの新型ですね。
(ちなみにフォトギャラリーはこちら

アスタナ・プロチーム×Argon 18『Gallium Pro』

アスタナ・プロチーム プロが使う2019年ツアー・ダウン・アンダーの最新バイク・機材達

アスタナ・プロチーム プロが使う2019年ツアー・ダウン・アンダーの最新バイク・機材達

アスタナ・プロチーム プロが使う2019年ツアー・ダウン・アンダーの最新バイク・機材達

フレーム:Argon 18『Gallium Pro』
コンポ:Shimano『Dura-Ace R9150』
クランク:FSA『PowerB
ox』+エアロチェーンリング54T
スプロケ:Shimano『CS-R8000』
ハンドル&ステム:FSA『K-Force』&『OS-99』
バーテープ:Prologo
ホイール:Corima『47 WS+』
タイヤ:Wolfpack『Race』チューブラー
ペダル:LOOK『Keo 2 Max Carbon』
サドル:Prologo(選手によりモデルを使い分ける)
ボトルケージ:Tacx『Ciro(サイロ)』
パワーメーター:FSA『PowerBox』(Power2Max製)

 

Wolfpack Race アスタナ・プロチーム プロが使う2019年ツアー・ダウン・アンダーの最新バイク・機材達

タイヤは聞き慣れないWolfpackというブランド。

 

wolf pack アスタナ・プロチーム プロが使う2019年ツアー・ダウン・アンダーの最新バイク・機材達

Continental(2005~2011年)やSpecialized(2012~2015年)の
タイヤ開発、主に”コンパウンド”に長く携わっていたエンジニア
Wolfgang Arenzさんが、自ら立ち上げたドイツの振興メーカー。

 

Continentalが誇る「Black Chiliコンパウンド」や、
Specializedの低摩擦「Griptonコンパウンド」は、
彼無くして世に送り出されることはありませんでした。

 

『Race』の「見た目」と「重量(24c:285g、26c:295g)」が、
Specialized『Turbo』に瓜二つだったりするのは、そのためです。
(WolfpackのHPはこちら

 

スポンサーリンク

バーレーン・メリダ×Merida『Reacto Disc Team-E』

バーレーン・メリダ プロが使う2019年ツアー・ダウン・アンダーの最新バイク・機材達

バーレーン・メリダ プロが使う2019年ツアー・ダウン・アンダーの最新バイク・機材達

バーレーン・メリダ プロが使う2019年ツアー・ダウン・アンダーの最新バイク・機材達

バーレーン・メリダ プロが使う2019年ツアー・ダウン・アンダーの最新バイク・機材達

フレーム:Merida『Reacto Disc Team-E
コンポ:Shimano『Dura-Ace R9170』
ローターF160mm/R140mm
ハンドル&ステム:一体型FSA『Metron 5D』
ホイール:Fulcrum『Speed 55T Disc』(ステージにより『Speed 40T』と使い分ける)
タイヤ:Continental『Competition Pro LTD』25cチューブラー
ペダル:Shimano『PD-R9100
サドル:Prologo
ボトルケージ:Elite『Custom Race Plus』
パワーメーター:SRM

 

【プロバイク機材レポート】2017年ツアー・オブ・ジャパンVol.1+【動画】京都ステージの山岳賞の坂を全力で登ってみた。
 松木です。 2017年ツアー・オブ・ジャパンの京都ステージを観戦しに行きました。 各チームがどういったバイク機材で戦っているのかを記事の分量によっ...

 

以前、2017年5月の「ツアー・オブ・ジャパン」において
バーレーン・メリダのバイク機材はピックアップしましたけど、
1年半以上経った現在でも、目ぼしい改良点はありません。

 

バーレーン・メリダ プロが使う2019年ツアー・ダウン・アンダーの最新バイク・機材達

ただ一点「ディスク化」は大きな変化と言えます。

 

当時はキワモノ扱いであったディスクブレーキですが、
わずか2年足らずの間に主流になってしまいましたね(^^;

ボーラ・ハンスグローエ×Specialized『S-works Venge』

ボーラ・ハンスグローエ プロが使う2019年ツアー・ダウン・アンダーの最新バイク・機材達

フレーム:Specialized『S-works Venge』(『S-Works Tarmac』と使い分ける)
コンポ:Shimano『Dura-Ace R9170』
ローターF160mm/R140mm
ハンドル&ステム:Specialized『Aerofly Ⅱ』&『S-Works Venge Stem』
バーテープ:Supacuz
ホイール:Roval『CLX 64 Disc』(ステージにより『CLX 50』と使い分ける)
タイヤ:Specialized『S-Works Turbo Allround 2』26cチューブラー
ペダル:Shimano『PD-R9100
サドル:Specialized(選手の好みにより『Toupe』『Romin』など)
ボトルケージ:Tacx『Ciro』
サイコン:Wahoo『Element Bolt』
パワーメーター:4iiii(フォーアイ)Precision Pro Dual

 

パワーメーター:4iiii(フォーアイ)『Precision Pro Dual』

パワーメーターは変わらずカナダの4iiiiで。

 

ボーラ・ハンスグローエ プロが使う2019年ツアー・ダウン・アンダーの最新バイク・機材達

エアロハンドル『Aerofly Ⅱ』

これが非常に良さげですね~(^^)

 

Aerofly Ⅱ ボーラ・ハンスグローエ プロが使う2019年ツアー・ダウン・アンダーの最新バイク・機材達

  • C-C40cmの実測が230gと、「軽さ」と「剛性」が高い次元のバランス
  • 上ハン部に”細かい凸”(上写真)が施されてあり、腕を乗せるエアロポジションを取っても比較的滑りにくそう
  • 「バーテープ」と「上ハン部」がツライチになるように段差が設けられている
  • 「膝」や「下ハン時の腕」が当たらないように肩部が前方にオフセット(詳細こちら
  • 「ハンドルクランプ部」と「肩部」の高さが同じになるように肩部が数mm上がっている(詳細こちら
  • ケーブルの取り回しに一切の無駄が無く、エアロかつ美しい

 

ハンドル一つとっても、
考え抜かれたデザインに加え、手の込んだギミックが満載!

さすがスペシャライズドだわ。。。

 

スポンサーリンク