この記事の所要時間: 354

 

松木です。

 

【人類初】十三峠十三分切りを梅ぴょんは如何に成したのか?
 松木です。 これが47キロ台の実力!十三峠コースレコードとりました pic.twitter.com/idnKkvhSUC— うめぴょん (@RyXWPmXaMHu6Tl7) 2019年8月20日 先日8...

 

乗鞍5日前に十三峠12分50秒を記録した梅ぴょん。

 

祝乗鞍3位!5.05kg梅ぴょん’sバイク『SuperSix Evo Hi-Mod』2019Ver

最終盤まで優勝争いに絡み、3位という素晴らしい成績を収めました!

 

カッコ良すぎるぞ、梅ぴょんΣ(゚ロ゚ノ)ノ!!

 

乗鞍に向けてしっかりと練習を積み重ね、
持久力・パワーともに申し分のない状態だったとは思いますが、

 

祝乗鞍3位!5.05kg梅ぴょん’sバイク『SuperSix Evo Hi-Mod』2019Ver

彼の持ち味にして最大の武器は、やはり”軽さ”に他なりません。

 

体重46.8kg+車重5.05kg+ウェア類約0.8kg。

トータルしても、たった52.7kg足らず!!

チャンピオンクラス中、最軽量だったのは間違いないでしょう。

 

 

常人離れの「体重」にまで絞り切った努力にはホント感心しますけど、
では、こだわり抜かれた「機材」「ウェア」はどういった物だったのか?

 

特に、昨年から250g削ってきた5.05kgの極致マシーンに注目です(^^)

 

スポンサーリンク

梅川 陸選手の乗鞍決戦バイク『SuperSix Evo Hi-Mod』

祝乗鞍3位!5.05kg梅ぴょん’sバイク『SuperSix Evo Hi-Mod』2019Ver
※画像クリックで拡大します

フレーム:Cannondale『SuperSix Evo Hi-Mod』
コンポーネント:SRAM『RED22』(クランク長175mm)
チェーンリング:Wolf Tooth『シングルチェーンリング』34T
チェーン:KMC『X11SL』
ブレーキ:KCNC『CB3』
ペダル:Shimano『PD-R9100』
ホイール:Lightweight『GIPFELSTURM』
タイヤ:Vittoria『Corsa Speed』23cチューブラー
クイックリリース:Silverockチタン製
ハンドル:ZIPP『SLC2』
ヘッドセット:eecycleworks『eeTop / eeNut』

バーテープ:BENOTTO(ベノット)
ステム:KCNC『SC Wing』スカンジウム素材
シートポスト:フレーム純正品

サドル:AX-lightness『Phoenix』(フェニックス)
ボトルケージ:無し
ジャージ&ビブ:SUNVOLT『S-RIDE PRO クライマースーツ』XSサイズ
サイコン:無し

ヘルメット:Lazer『Z1』
シューズ:LAKE『CX301』
ソックス:SIXS『Short S』

 

赤文字のものが昨年から変更・アップグレードされたもの。

その部分以外は昨年の記事をどうぞご参考に↓

祝乗鞍5位入賞!梅ぴょん’sバイク『SuperSix Evo Hi-Mod』5.3kg
 松木です。 ほうぼうのレースでは勝利を重ねていた梅ぴょん(一番左)ですが、全国が注目するビッグレースのチャンピオンクラスでの入賞は初。 「死ぬ...

 

 

Sram Red22 祝乗鞍3位!5.05kg梅ぴょん’sバイク『SuperSix Evo Hi-Mod』2019Ver

コンポは、SRAM RED22です。

 

eTap:1914g
RED22:1736g(-178g)

 

クライマー御用達の最軽量コンポに対して
乗鞍用にカスタマイズした更なる軽量化を図っています。

 

KMC『X11SL』 祝乗鞍3位!5.05kg梅ぴょん’sバイク『SuperSix Evo Hi-Mod』2019Ver

フロントは当たり前のようにシングル化

 

そして、チェーンは限界まで肉抜きが施されている『X11SL』

チェーン長にもよりますが、DURA-ACE比で15~20g軽く出来ます。

 

 

Sram Red22 フロントシングル 祝乗鞍3位!5.05kg梅ぴょん’sバイク『SuperSix Evo Hi-Mod』2019Ver

極めつけが左レバー。

フロントシングルに伴い、変速をつかさどる部品を排除(爆)

ブレーキ機能のみを持ち、変速機能は無力化してしまっています(詳しくはこちら

 

 

Lightweight『GIPFELSTURM』 祝乗鞍3位!5.05kg梅ぴょん’sバイク『SuperSix Evo Hi-Mod』2019Ver

Lightweight『ギップフェルシュトルム』+Vittoria『Corsa Speed』23c

 

「価格」「耐パンク性」「実用性」は悪いものの、
「軽さ」「剛性」「転がり抵抗」「乗り心地」に関しては最高レベルにある組み合わせ。

 

ことヒルクライムにおいては、現状考えうる最速の足回りかなと。

 

Silverockチタン製 クイックリリース スキュワー 祝乗鞍3位!5.05kg梅ぴょん’sバイク『SuperSix Evo Hi-Mod』2019Ver

スキュワーはsilverockというメーカー品。

 

lightweight ライトウェイト クイックリリース 重量 重さ

Lightweightの純正クイックリリースは実測43.1gです。

対するsilverockスキュワーが公表35g(ー8.1g)

 

締め付け方式に”レバー式”ではなく”ナット式”を採用し、
素材量を減らしている分だけより軽く仕上がっています。

 

とにかく軽いスキュワーを求めるならば、こりゃ良いかも・・・

レバー式より「固定力(=剛性)」高そうな上、価格もお手頃ですし(^^)

 

 

KCNC『CB3』 祝乗鞍3位!5.05kg梅ぴょん’sバイク『SuperSix Evo Hi-Mod』2019Ver

ブレーキはKCNC『CB3』

 

本体素材は「7075 T7アルミニウム合金」、センターボルトがチタン製。

加えて大胆な肉抜きボディにより、パッド込みで170gを実現。

 

フルカーボン製の実用性0のブレーキを除けば、
市場に出回っているブレーキの中で最軽量品のはず。

 

じ~っと眺めていると、なんとなく「巨神兵」に見えてきたw

 

 

AX-lightness『Phoenix』(フェニックス) 祝乗鞍3位!5.05kg梅ぴょん’sバイク『SuperSix Evo Hi-Mod』2019Ver

サドルはAX-Lightness『Phoenix』(フェニックス)

 

62gの圧倒的軽さがヒルクライムにおいて攻撃力を発揮する反面、
尿道にダイレクトにダメージを加えてきそうな「硬さ」と「形状」

 

………うん、これはドラクエで言うところの武器『もろはのつるぎ』だ!(wiki

 

 

 

BENOTTO(ベノット)バーテープ 祝乗鞍3位!5.05kg梅ぴょん’sバイク『SuperSix Evo Hi-Mod』2019Ver

廃版となっているバーテープBENOTTO

 

自分はOGKの極薄『BT-06』を巻いていて、その厚さは0.7mm。

対して、BENOTTOのものはその半分程の0.4mmしか無いのだそう。

ほとんどビニテ。。。

 

見た感じ「グリップ力」「ふわふわ感」は乏しいでしょうが、
一部にコアなファンが存在しそうなマニア受けパーツですかね~(^^;

 

祝乗鞍3位!5.05kg梅ぴょん’sバイク『SuperSix Evo Hi-Mod』2019Ver

ヘッドセットは、
eeBrakeでお馴染みのメーカーeecycleworksの『eeTop / eeNut』

 

eecycleworksの『eeTop / eeNut』

公表9.5gで、スッカスカ。

細かい箇所にも死角無し!

 

祝乗鞍3位!5.05kg梅ぴょん’sバイク『SuperSix Evo Hi-Mod』2019Ver

続いてステム。

一見すると「去年と同じなのかな~」と思ったのですが、
よくよく見るとKCNCの別モデルに交換されていました。

 

去年は7075アルミ製の『Team Issue』(100mm公表105g)だったのが、
今年はスカンジウム製の『SC Wing』(100mm公表100g)に!

 

1gの妥協も許さないクライマー精神は見習うべきですけど、
このグレードアップの費用対効果はすこぶる悪い(笑)

 

 

 

祝乗鞍3位!5.05kg梅ぴょん’sバイク『SuperSix Evo Hi-Mod』2019Ver

最後は、着用しているワンピースウェア。

 

1秒でも稼ぎ出したいクライマーのために開発された
SUNVOLT『クライマースーツ』です。

 

SUNVOLT『S-RIDE PRO クライマースーツ』 乗鞍3位の快挙!5.05kg梅ぴょん’sバイク『SuperSix Evo Hi-Mod』2019Ver

XSサイズの実測157g

普通ビブショーツだけでも200gはあるというのに、、、

 

 

祝乗鞍3位!5.05kg梅ぴょん’sバイク『SuperSix Evo Hi-Mod』2019Ver
photo:マルコマルオさんのTwitterより

 

「たった数~数十gでタイムはほとんど変わらないだろう」

 

そのように指摘されると、確かにその通りかもしれませんね。。。

ですが、「重さ」より肝心なものがある事を忘れてはいけません。

 

 

”やれることを全てやる精神”

 

 

機材の軽量化を徹底するという行為は、
この精神の一種の現れと言えるのではないでしょうか?

 

そして、この心持ちは、

  • 日々の厳しいトレーニングによる研鑽
  • レースに向けたコンディショニング
  • レース中、苦しい場面で心を強く持ち続ける事

とも密接につながっていて、
これらは望む成績を得るために欠かすことは出来ません。

 

そういった精神面がパフォーマンスに与える良い影響を考えると、
「機材の軽量化」には、重さ以上に大きな意味があると思えてきます。

 

スポンサーリンク